この記事を書いている人

 

営業コンサルタント白井が執筆しています。

 

「どんな人が書いた記事なの?」と思った方は、私の実績を掲載したページに年収の証拠画像がありますので参考にどうぞ

 

ブログ運営者「営業コンサルタント白井」の実績

USBメモリのセキュリティー対策は大丈夫ですか?
差しっぱなしで忘れそうになったことが、1度はあるのではないでしょうか。

セキュリティー付きUSB

ただ、コンプライアンスの厳しい時代ですからね。

USBメモリから機密情報が洩れるようなことがあれば、始末書や減給では済まない事態になる可能性がありますので、ビジネスマンは最新の注意が必要です。

そこで、セキュリティー付きのUSBメモリでいいのがあったので、ご紹介します。

スポンサーリンク

Aegis Secure Key 3.0【暗証番号機能付きUSBメモリ】

まずは、7桁から16桁の暗証番号が設定できるUSBメモリAegis Secure Key 3.0はこちら。


テレビのリモコンを小さくしたような感じのUSBメモリですが、セキュリティ機能は以下のように抜群です。

USBメモリ Aegis Secure Key 3.0の主な機能

  • 7~16桁の暗証番号設定
  • パスワードが設定は管理者とユーザーの両方が可能
  • ソフトウェアやドライバのインストールが不要な簡単使用
  • 自動ロック、ドライブリセット機能
  • USB 3.0対応
  • アルミハウジング(耐久性と耐水性あり)
  • 容量は30GB,60GB,120GB,240GBの4モデル
  • Windows、Mac OS、Linuxに対応
  • ハードウェア暗号化対応(AES 256bit XTS)
見ての通り、これだけの機能があればセキュリティは万全です。
特にPCから取り外した時点で自動でロックがかかるのはありがたいですね。

指紋認証付きUSBメモリ

次は指紋認証セキュリティ付きのUSBメモリです。


指紋認証というセキュリティーだけでなく、読み取り部分が大きくて使いやすかったり、デザインもかっこいいのが特徴です。

本日のまとめ

社内ならまだしも、社外で機密情情報が入っているUSBを無くしたりしたら大変なことになりますので、外回りのビジネスマンは特にデータの持ち歩きには注意してください。

もしものときのリスクを考えれば、セキュリティ付きUSBなんて安いものです!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事