資料

テレアポのコツとしてガチャ切りの確率を劇的に減らせるアプローチトークをお教えします。

BtoBの法人営業でもBtoCの個人営業でも使える万能なアプローチトークですので、使うだけでガチャ切りが激減し、ストレスに満ち満ちたテレアポとサヨナラできますのでアポインターや営業マンは必見ですよ。

スポンサーリンク

スクリプトに盛り込むべきアプローチトーク

今回お教えするアプローチトークは、難易度が低いので誰でも今すぐ使える上に効果がありますので、どんどん使ってガチャ切りを激減させてください。

確認トーク

まず最初にお教えしたい効果的なアプローチトークは確認トークです。このトークは私がBtoCの個人営業(飛込み)をしていたときに教えってもらったことをテレアポに応用した効果抜群のトークです。

確認トーク例
○○生命の鈴木です、お世話になっております!今日は○○(相手の名前)さまが加入されている保険の確認でご連絡しました。1、2点ほどお伺いさせて頂いてよろしいでしょうか?

はい、これだけです(笑
簡単ですよね!

しかし、このトークはめちゃくちゃ効果があります。

保険会社も確認トークを使っている

以下の引用を見てください。

ただいま日本生命では、お客様お一人おひとりにより良いサービスをご提供するためにご契約内容確認活動を進めています。

出典:ご契約内容確認活動 | 日本生命保険相互会社

テレビのCMでもやっていましたよね!

いかにも人のよさそうな美人の保険外交員がニコニコしながらお客さま宅を回っているあれです。(本当はゴリゴリの営業マンが来るかもしれませんが…)

私はこのCMを見たときに「確認トークじゃん!」って叫んでしまいました。

さて、ここからが大切なのですが、保険会社が確認トークを使いはじめた理由は何故だと思いますか?

理由は簡単で、保険会社は新規のアポどころか既存のお客さまと会うことも難しいからです。

※ また、最近は保険の見直しが流行っているので、黙っていたらいい提案をしている他社にお客さまを取られてしまうという事情もあるでしょう

そこで「ご契約確認活動」という作戦に出たというわけですね。

確認トークの使い方

確認トークは万能なトークですので、どんな商品やサービスでも使えば効果があります。

あえてコツを上げるとすれば既存顧客に連絡するようなテンションでテレアポをすることですね。

お客さまというのは非常に敏感ですので、様子を伺うような話し方をすれば「結局、営業電話でしょ!?」と察知されてしまいます。

資料をお送りしましたトーク

次にお教えしたいのが資料をお送りしましたトークです。

これは、さっきの確認トークの応用バージョンなのですが、同じようにガチャ切りを激減させる効果があります。

資料をお送りしましたトーク例
お世話になります、株式会社○○の○○です。先日、社長宛に○○に関する資料をお送りしたのですが、お手元には届いていらっしゃるでしょうか?

普通にテレアポして内容の説明に入る前に、「資料が届いていますか?」というトークを挟むだけで切られる確率を激減させることが出来ます。

テレアポを受けた相手は「資料なんて届いてたっけな?(届く予定があったっけな?)」と一瞬考えてしまうことで、電話を切ろうという反射的な行動を忘れてしまうのです。

資料をお送りしましたトークの使い方

この資料をお送りしましたトークには続きがあり、ここが更に重要です。

このトークを使うと必ずと言っていいほど「資料って何?」とか「どんな資料ですか?」と聞かれます。

そして、その対応次第では「けっこうです!」と結局切られてしまうのですね。

ですから、以下のトークも必ず覚えておいてください。

資料をお送りしましたトーク続き
相手:「どんな資料でしたっけ?」
(ここで○○(商品やサービス名)に関する資料ですとは言わないこと)
営業マン:「A4の薄い緑色の封書でお送りしたんですが…」

もう、お解りですよね。

「どんな資料?」と聞かれた瞬間に「実は、○○に関する資料でして…」と商品やサービスの説明をはじめたら、「やっぱりセールスだ!!」と寝た子を起こすことになります。

ですから、もうワンクッション入れることで「そんな資料来てたっけ?で、結局何の資料なんだろう?」とお客さまが確認したくなる気持ちを高められるのです。

本日のまとめ

テレアポのコツとして確認トークと資料をお送りしましたトークをお教えしました。

この2つは私がテレアポの現場で実際に使って効果抜群だったので、是非使ってみてください。

最後に1点だけ注意点があります。

実は資料をお送りしましたトークは、実際には資料を送っていない相手でも有効です。

何故なら、今のご時世、会社にも個人宅意にもDMやチラシが数えきれないくらい届きますので、いちいち覚えている人はほとんどいないからです。

しかし、嘘をつくのはお勧めできません。

モラル違反ですし、アポインターや営業マンのテンションが下がってしまいますからね。

ですから、めちゃくちゃ安いチラシのポスティングでも構いません。ちゃんと資料を送った相手に対して使うようにしましょう。

他のテレアポのコツに関する記事もどうぞ
当ブログには、この記事以外にもテレアポのコツについて書かれた記事が沢山あります。実際にテレアポした経験に基づいて書かれた記事ですので、どのテレアポのコツも今すぐ使えるものばかり!
この際ですので、テレアポのコツをガンガン学んでみてください。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ




良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事