受話器

テレアポのコツはいろいろありますが、誰にでも即実践できるコツとして「自分から切らない」というのがあります。

粘るのとは違います。
切らないがポイント!

何故、これがテレアポのコツなのかについて解説しますね!


スポンサーリンク

自分から電話を切る営業マン

RRRRR RRRRR
先日、早めに帰宅したら家の電話が鳴っていました!

ほとんどの電話はスマホにかかってくるので「いったいなんの連絡なんだろう!?」と慌てて受話器を取ると、投資用マンションの営業の電話だったんです。

「何だよ!急いで出たら営業の電話かよ」

一瞬こんなふうに思いましたし、投資用マンションに興味はありません。

しかし、私は自分が長年営業の仕事をしているので、テレアポの大変さも十分すぎるほど知っています。

ですから、「けっこうです」と切ったりしません。

その日もスーパーの買い物袋を玄関においたまま営業マンの話を聞いていました。

ところが、この営業マンは自分から切る方向へ切る方向へと持っていくんですよね。

「投資用マンションにご興味ございませんよね?」
「お忙しい時間ですから、無理に聞いてくださいとは申し上げませんが…」

いやいやいやいや、何の為に電話かけてきたんだ・・・

そう思いながら黙って聞いていたら「それでは失礼しました」って勝手に切られてしまいました。

何だこれ?!
最近の営業会社で流行っているテレアポの手法なのか(笑

テレアポで自分から切るのはやめよう

上記のような「切ってください」と言わんばかりのテレアポを続けても効果は出ません。

だったら最初から電話しない方が相手のためでも営業マンのためでもあります。

ですから、今からこう決めてください!
「相手に切られるまでは絶対に自分から受話器を置かない」と。

「でも、なんだか押し売りみたいでそんなこと出来ません」って思う方もいるかもしれません。

でも、安心してください。

実際に面と向かった商談と違って電話は嫌なら最終的には切ることができますので粘りようがありません。

また、必死に粘る必要もありません。
粘るのと切らないのは、全くの別ものだって分かりますか?

「切らない」という姿勢は、「どうせアポにならないんだろうな・・・」という勘違いや逃げの姿勢を無くす効果があるので、本当におすすめです。

本日のまとめ

テレアポを待っている人はいません。
100%が突然のアプローチなのですからね。

しかし、あなたがすすめる商品やサービスを必要としているかいないかは、ちゃんと聞いてみないとわからないじゃないですか。

新人営業マンや売れない営業マンは電話の向こうの相手の気持ちがわからないからニーズの有り無しを見極めることができません。

だから、切らなければいいんです。

相手が切らずに聞いているということは、興味がある可能性があるのですから!

そんなことを繰り返しているうちに、見極めが出来るようになるものです。

他のテレアポのコツに関する記事もどうぞ
当ブログには、この記事以外にもテレアポのコツについて書かれた記事が沢山あります。実際にテレアポした経験に基づいて書かれた記事ですので、どのテレアポのコツも今すぐ使えるものばかり!
この際ですので、テレアポのコツをガンガン学んでみてください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事