人気記事

受話器

テレアポのコツはいろいろありますが、誰にでも即実践できるコツとして「自分から切らない」というのがあります。

粘るのとは違います。
切らないがポイント!

何故、これがテレアポのコツなのかについて解説しますね!

スポンサーリンク

自分から電話を切る営業マン

RRRRR RRRRR
先日、早めに帰宅したら家の電話が鳴っていました!

ほとんどの電話はスマホにかかってくるので「いったいなんの連絡なんだろう!?」と慌てて受話器を取ると、投資用マンションの営業の電話だったんです。

「何だよ!急いで出たら営業の電話かよ」

一瞬こんなふうに思いましたし、投資用マンションに興味はありません。

しかし、私は自分が長年営業の仕事をしているので、テレアポの大変さも十分すぎるほど知っています。

ですから、「けっこうです」と切ったりしません。

その日もスーパーの買い物袋を玄関においたまま営業マンの話を聞いていました。

ところが、この営業マンは自分から切る方向へ切る方向へと持っていくんですよね。

「投資用マンションにご興味ございませんよね?」
「お忙しい時間ですから、無理に聞いてくださいとは申し上げませんが…」

いやいやいやいや、何の為に電話かけてきたんだ・・・

そう思いながら黙って聞いていたら「それでは失礼しました」って勝手に切られてしまいました。

何だこれ?!
最近の営業会社で流行っているテレアポの手法なのか(笑

テレアポで自分から切るのはやめよう

上記のような「切ってください」と言わんばかりのテレアポを続けても効果は出ません。

だったら最初から電話しない方が相手のためでも営業マンのためでもあります。

ですから、今からこう決めてください!
「相手に切られるまでは絶対に自分から受話器を置かない」と。

「でも、なんだか押し売りみたいでそんなこと出来ません」って思う方もいるかもしれません。

でも、安心してください。

実際に面と向かった商談と違って電話は嫌なら最終的には切ることができますので粘りようがありません。

また、必死に粘る必要もありません。
粘るのと切らないのは、全くの別ものだって分かりますか?

「切らない」という姿勢は、「どうせアポにならないんだろうな・・・」という勘違いや逃げの姿勢を無くす効果があるので、本当におすすめです。

本日のまとめ

テレアポを待っている人はいません。
100%が突然のアプローチなのですからね。

しかし、あなたがすすめる商品やサービスを必要としているかいないかは、ちゃんと聞いてみないとわからないじゃないですか。

新人営業マンや売れない営業マンは電話の向こうの相手の気持ちがわからないからニーズの有り無しを見極めることができません。

だから、切らなければいいんです。

相手が切らずに聞いているということは、興味がある可能性があるのですから!

そんなことを繰り返しているうちに、見極めが出来るようになるものです。

他のテレアポのコツに関する記事もどうぞ
当ブログには、この記事以外にもテレアポのコツについて書かれた記事が沢山あります。実際にテレアポした経験に基づいて書かれた記事ですので、どのテレアポのコツも今すぐ使えるものばかり!
この際ですので、テレアポのコツをガンガン学んでみてください。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ




良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!