質問

「いくらなの?」

価格の質問をしてくる相手の心理と、その質問に対する切り返しトークをお教えします!

これに関してはセオリーが存在しますので、ここに書いてあることをそのまま使うといいですよ。

スポンサーリンク

価格を聞いてくる相手の心理

さて、実際のトークとコツについてお話しする前に、価格を聞いてくる相手の心理状況を考えてみましょう!

アポインターや営業マンの中には「金額について聞かれるとドキッとする!」という方が多いんです。

ただ、考えてみて欲しいのは「全く興味のないものに対して値段を知りたがる人がいるのか?」ということ。

そう考えれば、ニーズの強弱はあるにせよ興味を持っているから金額の質問をしてくると考えられますよね。

ですから、「価格について質問された」というのはチャンスなのです。

対応の仕方次第では、極上アポになるというわけです。

価格の質問に対するトーク例

では、実際に金額を聞かれたときのトーク例を1つご紹介します!

トーク例
「価格に関しては、安いものから高いものまでいろいろですが、一番安いものですと月々○○円からございます。お客さまの状況に合わせて無理なくお選びいただけますのでご安心ください。是非、そこら辺もお伺いする営業マンに遠慮なくご質問してくださって構いません」

「BtoBなのかBtoC」、進める商品やサービスなどを考えてアレンジして使ってください。

一番オーソドックスで使いやすいトークですし、価格に関する切り返しでは最も効果が高いですよ!

トーク例の分析

上記トーク例をそのまま使っても効果はありますが、このトークにはコツが沢山含まれていますので解説します。

価格に関しては、安いものから高いものまでいろいろですが

「価格に関しては、安いものから高いものまでいろいろですが…」の部分について。

例えば、あなたの扱っている商品が5万円から100万円までいろいろあったとします。

だからと言って、苦し紛れに「5万円です」と言ってはいけません。

何故なら、そういうアポが契約になったとしても、5万円の単価になる可能性が高くなるからです。

お客さまは「5万円」に対して納得してアポになっていますからね。

しかし、「100万円です!」とも言えません。

ニーズの入っていない状態であまりに高額な金額を言えば、アポにならないからです。

ですから、このような言い方で金額に幅を持たせ、商談次第でどうにでもなるようにしているのです。

一番安いものですと月々○○円からございます。

②の「一番安いものですと月々○○円からございます」の部分について。

これは詳しい説明は必要ありませんよね。
総額で言うより、月々で言った方が金額が下がるからです。

「毎日コーヒー一杯分で…」なんて有名な言い回しですが効果があります。

お客さまの状況に合わせて無理なくお選びいただけますのでご安心ください。

「お客さまの状況に合わせて無理なくお選びいただけますのでご安心ください。」の部分について。

「お選びいただけます」ということで、いろいろな価格があるということをさりげなく認識させておくのがポイントになっています。

それと、「ご安心ください!」と言い切ってください。

「効果あるの?」と思う方もいるかも知れませんが、自信満々に言いきられると信じてしまうのが人間の心理です。

是非、そこら辺もお伺いする営業マンに遠慮なくご質問してくださって構いません

「是非、そこら辺もお伺いする営業マンに遠慮なくご質問してくださって構いません」の部分はは、アポをかける人と現場の商談に行く人が違う場合に効果的なトークです。

アポインターが「お客さまの状況に合わせて無理なくお選びいただけますのでご安心ください。」と言ったとしても、実際に訪問してきた営業マンに「そんなこと知りません」って言われるかもしれない…

テレアポを受けているお客さまというのは、そこまで心配するものです。

本日のまとめ

価格を言った瞬間「やっぱいいや」と言われてしまう経験は誰でもすることです。

ですが怖がっていたら、いつまで経ってもアポは取れません。

トーク例を叩き台にして、いろいろと考えてみてください。

テレアポ時の価格の壁を乗り切ると「訪問する前から契約確実」というような極上アポが取れるようになるので、ヤる価値は大きいですよ!

他のテレアポのコツに関する記事もどうぞ
当ブログには、この記事以外にもテレアポのコツについて書かれた記事が沢山あります。実際にテレアポした経験に基づいて書かれた記事ですので、どのテレアポのコツも今すぐ使えるものばかり!
この際ですので、テレアポのコツをガンガン学んでみてください。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事