この記事を書いている人

 

この記事は、営業コンサルタント白井が執筆しています。

「どんな人が書いてるの?」とか「この記事の信憑性は?」と思った方は、私の営業マン時代の年収などを公開していますので、そちらをご確認ください!

年収の証拠画像はこちら → ブログ運営者「営業コンサルタント白井」の実績

臭い

スメハラ(スメルハラスメント)が社会問題になっていますよね。

あなたがお客さまから嫌われている理由は「不快な臭い」かもしれません。

特に、男性営業マンは自分の匂いに関して無頓着なので、思い当たる場合は即改善しましょう!

スポンサーリンク

スメルハラスメントが社会問題に

スメハラという言葉を聞いたことはありますか?

スメルハラスメントの略で、直訳すれば「匂いによる嫌がらせ」ということになります。

似たような言葉に「セクハラ」や「パワハラ」などがあり、酷い場合は訴訟問題になったり大きな社会問題になっているのはご存知ですよね。

「そんな、さすがに匂いで訴えられたりはしないでしょ!?」

もし、こんなふうに思っているなら大きな認識不足。
下手をすればスメハラで訴えられる時代になっています。

それに、営業マンは多くの人にお会いしますし、外回りでは汗をかきますので、最新の注意を払いたいところ。

当ブログでも過去に何度か臭いについては取り上げましたが、今日はスメハラの原因を徹底的に取り上げてみます。

スメハラの種類

臭いというと「体臭」が思いつきますが、実はそれ以外にも不快に思われる匂いは沢山あります。

思いつく限りのスメハラの原因になる臭いをあげていきますので、自分は該当していないかどうか再確認してください!

口臭

営業マンは、話す機会が多い仕事ですので、口臭に関しては細心の注意を払わなければいけません。

「商談前にニンニク料理は食べるな」「商談前にはフリスクを!」こんなふうに気を使っている人もいると思いますが、問題なのは「慢性的な口臭」です。

虫歯や歯周病などが原因の場合も多いですし、人によっては内臓疾患という可能性もあります。

また、自分ではすっかり慣れてしまっていて、口臭に気が付いていないという人も多いんですよね。

商談相手が営業マンの口臭がきつくて商談中に不快な思いをしている…

考えただけでもぞっとしますね…

体臭

外回りで汗をかく営業マンが最も気を使わなければいけないのが体臭です。

体質ですのでしょうがありませんが、「ワキガ」やおじさんのスメハラの代名詞「加齢臭」などがあります。

また、過激なダイエットによって体臭が強くなってしまったり、糖尿病の人などの病気が原因で臭いが強くなることもありますので注意が必要です。

タバコ

タバコは非喫煙者の前で数だけでなく、吸っていないときの臭いがスメハラになります。

喫煙者の方は気が付かないかもしれませんが、スーツなどからタバコの臭いがする人や長い髪に匂いが染みついてしまっている女性もいます。

柔軟剤

いい匂いのはずの柔軟剤がスメハラの原因になることがあります。

匂い付き柔軟剤を使う人は、どちらかといえば臭いに関して意識の高い人が多いのですが、他人もその匂いが好きとは限りません。

不快を感じるを通り越して「めまいがする」「気持ち悪くなった」などと体調不良を起こすケースもあるので、決してバカに出来ないスメハラのひとつです。

特に、柔軟剤を使うのは女性が多いと思いますので気をつけてください。

香水

これも匂いが強すぎるとスメハラになるようです。

私は香水を使いますが、香水のにおいを露骨に嫌う方がいらっしゃいました。

自分では「汗臭いよりはましだろ」って思って気を使っていたのですが、匂いが強すぎるのが苦手な人がいるのは事実です。

また、つける香水の種類や量によっても香りが大きく変わりますので、香水を使うときは自分の好みだけでなく、相手のことを考えて使った方が無難です。

本日のまとめ

本日は営業マン必見!スメハラの種類はこんなにあるというテーマでお送りしました。

当ブログで、臭いについて取り上げるは今回で3回目ですが、何故繰り返し取り上げるのかといえば、ビジネスの現場で本当に気になることがよくあるからです。

朝起きたら顔を洗う、髭をそる、髪の毛を整える、女性であれば化粧をする

匂い対策というのは、それと同レベルのエチケットだと思って気をつけるようにしてください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事