人気記事

営業マンが説得力をアップさせるコツ

「同じこと言っても説得力が全然違うんだよなぁ~」って人って必ずいますよね。

生まれ持っての才能の人もいますが、そうでない人も説得力をつけることは可能なんですよ!

この記事では、そんな営業マンに必須の説得力をアップさせるコツについてお送りします

スポンサーリンク

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしています!

 

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード

内容の前に話し方が重要

話の内容が良ければ説得力が増すのであれば、学者の話は全て説得力があるということになります。

でも、実際は違いますよね。

「この人の話って眠くなる…」って思ったこと、1度や2度ではないはずです(笑

どのような話し方が一番良いかについては「容姿」「声の高」「年齢」など、自分のキャラクターも考慮して考えてください。

不自然過ぎると相手はそればかり気になってしまうので、こちらの話が入っていかなくなってしまうからです。

イメージが膨らむような臨場感のある話し方をする

マニュアル通りの決まりきった話を淡々とするのは、テープレコーダーを流すのと変わらない行為です。

説得力というのは、違う言い方をすれば「話に引き込む」ということ。

時間を忘れて聞き入ってしまうような話し方が出来れば説得するのはむずかしいことではありません。

気を付けなければならない点は「永遠と脱線し続ける」こと。

商談はあくまでビジネスの場ですから、度が過ぎると「もうその話はいいから本題に戻してよ」と逆効果になってしまうので「話を膨らませ過ぎる」のには気を付けましょう!

体験談を話す

「イメージを膨らませる話って…?」と思った方も多いのではないでしょうか。

ただ、そんなに難しいことではなく「体験談」を話せばいいだけです。

役者のように作り話を上手に話せる人もいますが、多くの人はそうではありません。

ですから、誰でも出来る臨場感のある話し方をする方法は「自分が体験したこと」になるわけです。

「こういうときは、この体験談を!」と、パターンをいくつか用意しておきましょう!

表情豊かに話す

誤解しないで欲しいのは、常にニコニコして話せということではありません。

「なんかヘラヘラした営業マンだな…」って思われてしまう可能性もありますからね。

重要なのは表情のメリハリです。

世間話や脱線したときはにこやかに、核心部分は超真面目な表情で…

このようにメリハリをつけるだけで、説得力を簡単にアップさせることができますよ!

結論から話す

これは良く言われているので説明の必要はありませんよね。

商談(ビジネスの現場)は友人同士の雑談ではありませんから、ダラダラ話していたら「この営業マンは一体何が言いたいんだ?」と相手をイライラさせてしまうことになります。

ですから、「結論から申し上げますと…」とか「ポイントは3点ございます!」など、「結論→説明」という話し方をするようにしてください。

これだけで説得力が増しますし、あなたの話は格段に分かりやすくなりますよ!

断定する

一番簡単な方法です。

「~だと思います」というような言い方をやめて、「~です」と言い切る(断定する)ようにしてください。

説得力というのは圧倒的な自信から生まれるので、断定して話す必要があるんです!

ただ、簡単そうですが完璧に出来ている営業マンは少ないんですよ。

特に若い方は「思います」を多用する傾向があるので、意識して直しましょう!

強気・自信を感じさせる

「自分の会社に対する愛社精神が強い」
「扱っている商品やサービスが最高だと思っている」

これが相手に伝わるだけで説得力は格段にアップします。

もともと強気なタイプや演技で自信満々に話が出来る役者のようなタイプもいますが、そうでない人は「それが出来たら苦労してないよ」って思いませんか?

そういう場合は、上記の通り自分の会社や商品サービスの良いところ好きなところを徹底して探すことから始めてください。

「お客さまからすごく感謝されている」なんていうのも強気や自信に繋がる要素のひとつですよ!

数字で話す

法人営業は費用対効果が一番の重要ポイントですので、大切なところは数字で話すようにしましょう!

「大幅な業績アップに繋がりました」ではなく「前年対比170%の業績アップに繋がりました」のように言うのがコツです。

え~っと、あの~、と出来るだけ言わない

これは私も完璧には出来ていませんが、会話の中で「えっと~」「あの~」は出来る限り言わないように気を付けましょう。

おすすめなのは、自分のロープレや商談を録音して聞き返すこと!

無意識に連発している口癖が見つかりますよ!!

大きな声で話す

あなたの声が大きいか小さいかは「あなたの声は大きいですね」「随分元気だね」のようなことを言われたことがあるかないかで判断できます。

過去に一度も言われたことが無いのであれば、あなたの声は決して大きいとは言えないということを自覚し、大きな声で話すようにしましょう!

刺さる話し方をする

「ここは相手に刺さるところだ!」という部分を敢えて強烈な言い方にすると説得力が増します。

「御社の今の状態は、大切な事業資金をドブに捨てているようなものです!」

なかなか強烈でしょ(笑

注意点としては、この方法は1度か2度しか使えないということ。

あまりに強烈な言い回しを連発すると「嫌味な営業マンだ」と嫌われて、説得どころではなくなってしまいますので気を付けましょう!

営業マン自身が興奮する(熱くなる)

「熱く語る」
これだけで説得力は倍増します。

昨今の営業マンで「ほとばしるような情熱を感じる人」って本当に少ないんですよね。

「仕事は仕事。お金の為だから」

こんな考え方の人を否定するつもりはありませんが、このようなスタンスが相手にバレるような話し方をしていたら説得力どころではありません…

極端な話「演技でも構わない」ので、熱く語るステージを作ってください。

 

ちなみに、 嘘と演技は違います。

例えば「プライベートのままの自分で仕事をしている営業マンはいませんよね。

普段は短パンにサンダルでも、仕事のときはビシッとスーツと革靴を履きますし、友人と話すときと商談相手と話すときは多少なりとも話し方を変えるはずです。

こういうのは「嘘ではなく相手への気遣い」ですので、自然に熱くなれないのであれば演技でもいいから熱く語るようにしましょう!

まとめ

説得力をアップさせるコツをいろいろ挙げましたが、全てやらなければならないわけではないです。

あなたに必要なものだけ取り入れてもOKですし、もっと他に良い方法があればそれでもOK!

大切なのは「説得力のある話し方をしよう!」と意識して常に取り組み続けること。

説得力は持って生まれた才能ではなく、練習や訓練をすることで身に付きますので頑張ってください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!