ピックアップ記事

営業に役立つイチロー語録

イチローの言葉は営業の世界でも役立つものが沢山あります!

多くのイチロー語録から営業マンに知ってもらいたいものをピックアップしてみましたので、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

営業に役立つイチローの言葉

早速ですがイチロー選手の数々の名言をご紹介していきますね。

「僕は王さんがサインしたボールにとてもサインなど出来ません」

出典:名言格言集 イチロー語録

世界一のホームラン数を誇る王貞治と世界一の安打数を誇るイチロー。

人によって好き嫌いはあるかもしれませんが、どちらが上かなんて比較することは野暮ですよね。

それにしてもイチロー選手というのは謙虚ですよね。

日本プロ野球界の先人に敬意を払っているからこその言葉だと思います。

営業マンが気を付けなければならないのは、ちょっと数字が出ると鼻が高くなって調子にのってしまうということ。

忘れてはならないのは、あなたが営業マンとして活躍できるのは、会社がいい環境を与えてくれているからであり、とてつもない苦労をした社長をはじめとした創業メンバーなどの諸先輩方が形を作ってくれたからです。

あなたは、敷かれたレールの上を走らせてもらっているということを忘れてはいけません。

「夢や目標を達成するには1つしか方法がない。小さなことを積み重ねること」

出典:名言格言集 イチロー語録

当たり前のようで深い言葉です。

今でこそ4000本を超えるヒットを量産したスーパーアスリートのイチロー選手も、もともとはドラフト4位でオリックスに入団し、最初の3年間は2軍の選手でした。

4年目から1本ずつコツコツとヒットを積み重ねて偉業を達成したイチロー選手が言ったからこそ重みのある言葉なのだと思います。

営業の仕事は山っ気のある人間が好むギャンブルとは違います。

大口契約が決まった途端に「今月の仕事は終わった」と思ってはいませんか?

大小にかかわらず、契約を1つずつ積み重ねることにより安定して目標が達成できるようになることを忘れないでください。

「自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなければならない」

出典:名言格言集 イチロー語録

営業で結果を出すことを考えると、マニュアルやトークなど目に見えることを重視しがちです。

しかし、営業の仕事は、営業マン本人の人間性が大きく影響する仕事ですので、無意識にやってしまっている口癖やしぐさ、心のもちようなど目に見えないことが大きく影響します。

売れる営業マンと売れない営業マンの違いは、こういうところだったりするんですよね。

「練習で100%自分を作らないと、打席に立つことは出来ません。自分の形を見付けておかないと、どん底まで突き落とされます」

出典:名言格言集 イチロー語録

イチロー選手に限らず、一流アスリートは口を揃えたように「いい準備をします」って言いますよね。

あれだけ才能の溢れた一流選手でさえそうなのですから、凡人営業マンがどうすればいいかは説明するまでもありません。

やはり、売れない営業マンは準備が足りません。

私は今でも商談の前日などは「もうこれで完璧だろうか?」と不安でしょうがありません。

万に一つも商談の現場で用が足りない対応をしたくないからです。

また、イチロー選手が「形」について発言していることも興味深いですよね。

イチロー選手の物まね芸人がいますが、あれはイチロー選手が真似されるくらいのしっかりした形を持っているという証拠でもあります。

ではあなたには形がありますか?

「どうやってヒットを打ったのかが問題です。たまたま出たヒットでは、なにも得られません」

出典:名言格言集 イチロー語録

売れない営業マンの特徴は、売れない原因も売れる原因もわかっていないということです。

要は「成り行き任せ」「偶然の連続」でしかない営業を続けているからいつまでたっても数字が安定しないんですね。

「毎日、力は振り絞っていますよ。余力を残そうとしていたら問題」

出典:名言格言集 イチロー語録

いつ頃からでしょうか。

人の10倍やって汗だくで頑張るみたいなのが「かっこ悪い」みたいな感じで見られるようになったのは…

「もっと効率のいいやり方があるかもしれない」
「あなたと同じようには頑張れません」

こんな空気を感じるようになりました。

ただ、そういう人に聞きたいことがあります。

「あの、一見スマートに見えるイチロー選手だって力を振り絞っているのをどう思いますか?」って。

「打てない時期にこそ、勇気をもってなるべくバットから離れるべきです。勇気を持ってバットから離れないと、もっとこわくなるときがあります。そういう時期にどうやって気分転換するかは、すごく大事なことです。」

出典:名言格言集 イチロー語録

スランプになればなるほど、寝ても覚めても仕事のことばかり考え続けてします…

真面目でやる気のある営業マンが陥るアリ地獄です。

実は気分転換やリラックスも仕事に必要な大切な要素なんですよね。

但し、前提として普段全力で頑張っているというのがあります。

手を抜いて結果が出ていないのであれば、そちらを治す方が先決ですので。

「4000本のヒットを打つために、8000回以上の悔しい思いをしてきている。その中で、常に自分なりに向き合ってきたという事実はある。誇れるとしたらそこではないかと思う」

出典:名言格言集 イチロー語録

これは、イチロー選手が日米通算4000本安打を達成した時のインタビューでの言葉です。

どんなに成約率が高い営業マンでも否決を沢山経験します。

それが、新人営業マンや営業未経験者であれば尚更です。

上手くいかないことや悔しい思いをしたときに、逃げ出したり諦めるのか向き合って頑張るのか…

どっちがいいのか理屈では分かっているくせに背を向ける人が本当に多いですよね。

そんなに最初からうまく行くのであれば誰も苦労しません。

本日のまとめ

今シーズンが始まる前、イチロー選手はそろそろ限界なんじゃないかという情報を何度か目にしました。

「何とか頑張ってほしいな」って思っていましたが開幕戦でスタメン落ち。

その時は「イチローも限界なのかな…」って正直思いました。

しかし、ご存知の通り開幕3選目に出場機会を得ると、下馬評を覆すような活躍ぶり!

「やっぱこの人はただものじゃない」って思いました。

数々の記録を作り、この年齢までイチロー選手がやってこれたのは、もちろん練習や健康管理などもあると思いますが、しかりとした「哲学」を持っているからなんでしょうね。

ですから、イチローの言葉は胸を打ちますし、野球に限らすさまざまな状況の人々に当てはまる言葉なのだと思います。

最後に、今日のイチローの言葉は以下のサイトから引用させて頂きました。このサイト運営者の方にはお礼申し上げます。本当にありがとうございます。

他にもイチローの言葉が沢山載っていますので、興味のある方はぜひ見てみてください。

名言格言集 イチロー語録 イチローをはじめいろいろな語録が載っているサイトです

 

 

他の自己啓発記事もどうぞ

営業ビズには、自己啓発に関する記事が他にも沢山あります。

難しい理論的なものではなく、「営業マンのため」という視点の自己啓発ですので参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事