この記事を書いている人

 

営業コンサルタント白井が執筆しています。

 

「どんな人が書いた記事なの?」と思った方は、私の実績を掲載したページに年収の証拠画像がありますので参考にどうぞ

 

ブログ運営者「営業コンサルタント白井」の実績

 

汗をかく営業マン

外回りの営業マンは汗をかきやすいので、体臭や加齢臭対策は必須です。

臭い営業マンはお客さまに不快感を与えてしまうので、徹底してニオイ対策をしましょう!

スポンサーリンク

営業マンの身だしなみの落とし穴は匂いだ

体臭や加齢臭独特の匂いってわかりますよね。

その匂いを発している人に近づきたくないと思っている人がほとんどではないでしょうか。

おしゃれなスーツを着こなしたビジネスマンだったとしても、臭かったら台無しです。

特に男性営業マンに多いのですが、匂いに関して無頓着なタイプ。

本当になんとかしないと、スメハラ被害をばらまいている迷惑な人になってしまいますよ。

匂いには自分では気が付かない

「汗臭い営業マン」や「加齢臭がキツい営業マン」は意外と多いですよね。

もし、「自分は臭くないだろう!」と思っているのであれば、選択せずに1週間位使用した枕の匂いを嗅いでみてください。

その時にちょっとでも匂うようであれば、普段から周りの人に体臭や加齢臭などの不快なにおいをばら撒いている可能性があります。

しかし、体臭はその人の体質でしょうがない部分ではあります。

問題なのは「気が付いているかいないか」「対策をしているかいないか」ということ。

沢山の人と会う営業マンであれば、髪形や服装などと同じくらい重要な身だしなみやエチケットだと認識しましょう。

匂いのことは教えてもらえません

体臭や加齢臭などの匂いのことは他人は教えてくれません。

「社内の新人営業マンのネクタイが曲がっている」「髪の毛に寝癖が付いたまま」「スーツがシワシワ」というのであれば、「もうちょっと身だしなみに気を使えよ!」と注意できます。

しかし、匂いは「体質の問題」でもあるので、「お前臭いんだよ」って指摘する方も遠慮してしまいます。

あなたはワキガの人に「お前ワキガだから気を付けた方がいいよ」って言ったことありますか?

ですから、他人が自分の体臭や加齢臭について教えてくれることはないのです。

匂い対策グッズ

私も汗かきな方なので、匂いに関しては本当に気を使っています。

もう10年近くにわたって使っている匂い対策グッズもありますし、新しい商品を見つけるたびに試したりします。

何歳になっても加齢臭が全くしない営業マンでありたいですので。

そこで、私が実際に使ってみて良かったものやネット上で話題になっている「匂い対策」「加齢臭対策」のアイテムを集めてみました。

その人の体質によっても効果がある無しがあると思いますので、使ってみて一番効果があるアイテムを見つけ出すといいと思います。

匂い対策ソープDEORA

加齢臭や体臭などの匂い対策でもっとも重要なのが毎日のシャワーやお風呂。

私も必ず出勤前にシャワーを浴びるようにしていますが、気を付けているのがボディーシャンプーです。

クールダウン系の爽快感があるものを使いたくなる気持ちはわかりますが、これを匂い対策になるものに変えてみてはどうでしょうか。

プレミアムボディーソープ デオラ

衣類DE消臭「イオンクリア」

次にご紹介するのがこちら。




消臭アイテムには、直接体に塗ったり、スプレーしたりするタイプと、洋服にスプレーするタイプに分かれます。このイオンクリアは後者の洋服に吹きかけるタイプ。

肌が弱い人にはありがたいですし、匂いがきつい人は体に塗ったりするタイプとダブルで使うこともできます。

「銀+竹炭」配合のAGICA(アジカ)

次はこちら。




年配の方でボディーシャンプーが苦手な方や昔から使っている固形の石鹸が好きな人にはいいのではないでしょうか?

「全額返金保証」がついていますので、消臭アイテムを使ったことが無い人にとってはいいのではないかということでご紹介しました。

デオナチュレ 男クリスタルストーン

最後は、当ブログの購読者の方であればお馴染みのこのアイテム!

created by Rinker
¥745 (2019/09/19 23:08:53時点 楽天市場調べ-詳細)

私が最も長く使っている消臭アイテムです。

これ無しでは汗ばむ季節の営業は考えられません。
また、数か月使えて経済的というのも気に入っている理由です。

本日のまとめ

最後身だしなみにおいて「匂い」は盲点です。

営業マンとして仕事中のエチケットだけでなく、普段から匂いに気を使って悪いことはありません。

奥さんや娘さん、職場の女性社員から「臭い!」って敬遠されないためにも体臭や加齢臭には十分気を使いましょう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事