人気記事
テレアポが楽になる・楽しむようになれる5つのアドバイス

前回、このような記事を書きました。

ただ、テレアポを経験したことがある方の多くは「楽勝でお金が稼げる!?」「楽すぎるなんて嘘でしょ…」と感じたのではないでしょうか。

そこで、この記事では「どうすればテレアポが楽になるか」「テレアポを楽しむようになれるか」について、5つのアドバイスをさせて頂きます。

日々のテレアポ業務が辛い・苦しいと思っている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしています!

 

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード

テレアポはお客さまと会社に貢献できる素晴らしい仕事と認識せよ!

テレアポがを楽しむようになるためには、まず始めに「テレアポは素晴らしい仕事だ!」と強く認識する必要があります。

もし、あなたがテレアポに対して以下のようなイメージを持っているのであれば絶対に楽しめるようにはなりません。

  • 相手の都合もお構いなしに電話をして迷惑をかけている
  • めちゃくちゃ断られ続けるのでキツイ
  • 単純作業の繰り返しで誰にでも出来るくだらない業務
  • ノルマのプレッシャーが半端ない
  • あってもなくてもいい商品を買うお人好しを探す最低な仕事

 

ドキッとした方もいるのではないでしょうか。

残念ながらテレアポに対して上記のようなイメージを持ちながら「お金のため(生活のため)にしょうがなくテレアポをしている」というアポインターや営業マンが多いんですよ…

こんな状態では「テレアポを楽しむ」なんて出来るはずがありません。

乱暴で失礼なテレアポが長年繰り返され、更にオレオレ詐欺などの影響で「知らない人からかかってくる電話=悪」のようなイメージが定着していることは確かですが、ここで考えて欲しいことがあります。

あなたがテレアポで勧めているのは「詐欺まがいの商品」や「お客さまが損をするようなサービス」ですか?

もし、そうであればテレアポをするべきではありませんが、「お客さまのメリットになる商品やサービス」であれば「テレアポはお客さまが良い商品やサービスを知るきっかけ作りの最高の仕事」と自信を持ちましょう!

 

また、テレアポをすることで働いている会社にも多大な貢献をすることができます。

「商品をお店やECサイトに並べて置く」のは「待ち」なので安定してお客さまがやってくる保証はありません。

しかし、テレアポでこちらから商品やサービスを紹介するのは「攻め」なので、一定の確率でお客さまを獲得することができるわけです。

ビジネスはお客さまが途切れなければ潰れませんので、新規開拓のテレアポの会社に対する貢献は本当に多大!

 

テレアポを楽しめるようになれる第一歩として、テレアポはお客さまと会社の両方に貢献できる素晴らしい仕事だと認識しましょう!

テレアポは断られるのが当たり前と思えば楽になる!

アドバイスの2つ目はテレアポは断られて当たり前と思うことです。

これは本当に大切なことなので覚えておいて欲しいのですが、全国トップのアポインターだろうが、誰よりもテレアポの勉強を頑張ろうが簡単に断られますよ。

「頑張れば話を聞いてくれる人が増えるはず…」のような淡い期待を持つをやめるだけでなく、「全然興味なさそうだな」「まともに話ができなそう…」と思ったらこちらから電話を切るくらいのつもりでテレアポしてください。

会社によっては「相手が受話器を置くまで絶対に自分の受話器を置くな!」のような指導をしますが、全く興味がない相手に対して粘るのは迷惑なのでやめるべきです。

ちなみに、私は「話を聞いてもらえないな」「アポになりそうもないな」と思ったら、「分かりました。失礼しま~す」と驚くほどあっさりと電話を切ります。

「え、そんな感じでアポなんて取れますか?」と思うかもしれませんが、私は過去に所属した営業会社の全てで獲得アポ本数はNo1でした。

そんな私は「テレアポは確率だ!」と思っています。

100件コールしてアポ獲得件数が1件の場合「アポ取得率1%」ですから、2件アポが取りたければ200件コールすればいい。

こんな感じで「分母を増やせばアポ数が増える」と割り切っています。

「何でアポが取れないんだろう…」なんて悩んでいる暇があったらガンガンコールし続ければ興味のあるお客さまに必ず出会えるということを覚えておいてください。

 

一方で、「確率を上げる」ことも考えます。

1/100より2/100、3/100の方がテレアポ効率は良いですからね。

但し、2つ注意点があります。

1つ目は「テレアポ未経験者やアポが取れない人は確率ではなく分母を増やすことを優先すること」

2つ目は「10/100までアポ取得率が上がると期待しないこと」

紹介する商品やサービスにもよりますが、アポの達人でもアポ取得率は3~5%くらいで10%なんてことは滅多にありませんので、あまりに高い確率を目指しても徒労に終わるからです。

嫌われていると思わなければテレアポが楽になる!

アドバイスの3つ目は「嫌われていると思うのをやめよう!」です。

何件コールしても「けっこうです!」「営業電話はお断りしています!」「忙しいのに電話してくるな!」と言われ続けると、「自分は嫌われ者だよな…」とメンタルがやられてしまうアポインターや営業マンがほとんど。

しかし、これは完全な勘違いです!

よく考えて欲しいのですが、電話の相手がテレアポを嫌うのは「あなたが嫌い」だからではなく「勧誘が嫌い」だからなんですね。

さきほど、乱暴で失礼なテレアポが長年繰り返され、更にオレオレ詐欺などの影響で「知らない人からかかってくる電話=悪」のようなイメージが定着していると書きましたが、これがテレアポが嫌われている原因であり、あなたが嫌われているわけではありません。

 

これでも納得できない方も多いと思うので、分かりやすい例を挙げます。

例えば、超人気者や有名人(BTSのメンバー、新垣結衣さん、広瀬すずさん etc)がテレアポをしたら何パーセントのアポ取得率になると思いますか?

顔が映るテレビ電話であればファンの人は話を聞くかもしれませんが、顔が見えない電話の場合はあなたがテレアポするのと同じくらいのアポ取得率にしかなりません。

圧倒的に断られる方が多くなるんですね。
電話の相手が誰かなんて気にしていないってわけ。

ですから、「嫌われ者だよな…」と落ち込んで自ら精神的に追い込まれるのはやめましょう。

テレアポをゲームだと思えば楽しむようになれる!

アドバイスの3つ目は「テレアポをゲームだと思って楽しめ!」です。

「ノルマはありません」なんて営業会社も増えてきましたが、1か月テレアポして1本もアポが取れない状況を「しょうがないよね」と笑って許してくれるなんてことはありません。

ですから、「アポを取らなきゃ」と必要以上に必死になったり、「今日もアポが取れなかった…」と途方に暮れる人が多いのですが、実はこれが「どんどんアポが取れなくなる原因」のひとつなんです。

 

真剣は結果に繋がるが深刻は悪循環に陥る

 

深刻になって自らアポが取れない悪循環に陥っていく…
これではアポが取れるはずがありません。

ですから、テレアポをゲームとして捉え楽しんでしまいましょう!

 

例えば「受付突破」したら「よし!次はラスボス(決定賢者)との対決だ!!」とワクワクする。

新しいフレーズを試してアポが取れたら「新しい武器を手に入れた!」と興奮する。

どっちにしろ電話しなければならないのであれば、こんな感じでゲーム感覚でテレアポを楽しむようにしてください。

続けているうちに、本当にゲーム感覚で楽しめるようになりますよ!

テレアポをシンプルに考えると楽になる!

アドバイスの4つ目は「テレアポをシンプルに考えろ!」です。

アポが取れないと「どうしたらいいんだろう…」と聖杯探しをしたくなる・してしまうものですが、実はこれが「ますますアポが取れなくなる原因」になっているんですね。

私は多くの天才アポインターさんを見てきました。

変幻自在の天才型アポインターさんが存在したのも確かですが、私が見てきた限りでは30人に1人くらいしかおらず、大多数の天才と言われているアポインターさんは「基本(スクリプト)に忠実なテレアポ」をしていました。

一方で、アポが取れないアポインターさんや営業マンの方は、「何とかしてアポが取れるようになりたい一心」で「聖杯探し」をしてしまいます。

そして、どんどんスクリプトから逸脱した自己流のトークになることでアポが取れなくなってしまうんですね。

 

ここで質問があります。

「あなたは天才型のアポインターですか?」

天才であれば変幻自在の自己トークで結果が残せると思いますが、凡人が自己流で頑張ったところで結果は出ませんよ。

こんなことを言っていますが、私は自分を「凡人」だと思っています。

ですから、どの営業会社でも会社が用意してくれたスクリプトを読みながらテレアポしてきましたが、人並み以上の結果を残してきました。

無駄な聖杯探しをするのではなく、「コール数を確保する」「工夫するにしてもスクリプトを大きく変えるのではなく、フレーズ単位で変えて反応を見る」くらいで十分だと覚えておいてください!

アポが取れるとテレアポが楽になるし、楽しめるようになる

アドバイスの5つ目は「安定してアポが取れるようになれ!」です。

「そんな当たり前のことを言うな!」という声が聞こえてきそうですが、本当に大切なことなので敢えて書くことにしました。

これはテレアポに限ったことではありませんが、「結果」さえ出れば自然と楽しめるようになるものです。

ですから、何としてでも安定してアポが取れるようになりましょう!

 

この記事に書いてあるアドバイスを守るだけでもテレアポの結果は違ってきますが、この記事のタイトルにある「楽になる」「楽しむようになれる」からも分かる通り「メンタル面」に対するアドバイスをさせて頂きました。

ですので、「技術面」のアドバイスも欲しい方は、私が書き下ろしたnoteの方も参考にしてみてください!

極端な言い方になりますが、私のnoteに書いてあることを忠実に実践しても結果が出なかったらテレアポは諦めた方がいいです。

ちなみに、noteは「BtoBのテレアポ(テレマ)向け」で「BtoCのテレアポ(テレマ)」ではありませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング
No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル
No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!