人気記事

 

持続化給付金詐欺で分かった「日本国民の民度の低さ」徹底的な取り締まりで「金に汚い人間は一掃」すべき!この記事は営業とは関係のない時事ネタになります。

最近の「持続化給金詐欺」のニュースについてどう思いますか?

個人的には「簡単に金が手に入るという状況によって『金に汚い国民が炙りだされた』」と感じています。

このブログをある程度の期間読んで頂いている方ならご存じだと思いますが、私は「仕事のモチベーションがお金でも構わない!」と何度も繰り返し言っていました。

これはブログの中の話ではなく、自分自身若い頃から「大金を稼ぐ!」というのがモチベーションのひとつでしたし、自分の部下にも「本気になれるなら『金稼ぐぞ!』が仕事の目的でOK」と言い続けてきました。(もちろん、成長の過程でその他のやりがいを見つけさせるように教育しました)

ただ、こういうことを言うと「拝金主義」とか「金だけが全てじゃない」のような美辞麗句を連ねる「立派なお方」が現れるんですねどね(笑)

話が個人的な方向に逸れてしまったので話を戻しますが、この記事では「持続化給付金詐欺」についてド直球の個人的見解を述べさせて頂きます。

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしています!

 

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード

【大前提】持続化給付金をもらうのが悪いというわけではない

本題に入る前に触れておきたいことがあります。

それは「持続化給付金をもらうことが悪い」というわけではないということ。

例えば、飲食業では「営業時間の制限」や「アルコール類の提供が出来ない」ことで売上が激減、一方で家賃は毎月発生するので「にっちもさっちもいかない状況」に追い込まれました。

このような「コロナ禍で本当に困ったところへの給付金」であれば何の問題もありません。

ですから、この記事で問題として取り上げるのは「全く困ってもいないのに給付金を騙し取る」などの詐欺行為に関してになります。

やっぱりそうか!思っている以上に金に汚い日本人だらけという現実!!

日本人って「質素倹約」とか「お金だけが全てじゃない」みたいなことを言う人が多いですし、「どのくらい稼いでいるか」を他人と話すことはタブーみたいなところあるじゃないですか。

ただ、個人的には「みんなお金に関してきれいごとがお好きなんですね~」と常々感じていました。

例えば、良好な親戚付き合いをしていたのに、資産を持った親が亡くなった途端に「壮絶な相続争い」になり、挙句の果てに「親戚との絶縁」なんて話は世の中に数えきれないほどあるじゃないですか。

私が聞いた話では「たった100万円の資産の相続で揉めて絶縁になった兄弟」もいます。

「小さいころからずっと一緒に過ごしてきた兄弟の絆はより100万円の現金の方が価値がある」のでしょうね。

私には全く分からない価値観ですが…

 

「自分はそんな人間じゃない」と思った方もいると思いますが、本当にそうですか?

自治体のミスで振り込まれた「返還して当然の4630万円」をちょろまかそうとした若者が世間を騒がせましたが、「大金が簡単に転がり込んでくる状況」になったときでなければ「その人のお金に対する本性」は分かりません。

問題になっている持続化給付金詐詐欺も「書類書いて申請するだけで簡単に100万単位のお金が入る」という状況が起きたことで、自分の中の「金に汚い本性」を抑えきれず行動を起こしてしまった人が続出してしまったのでしょうね。

 

日本人って「暴動を起こす」ような分かりやすい悪さはしませんが、「バレないんじゃないかな…?」ということに関しては「悪いことだと分かっていてもやる人がいる」ということが明確になりましたし、それが「お金」となると半端ない人間が悪さをするということも分かりました。

「どんどん日本人の民度が下がってる」とは思っていましたが、ここまで酷いとは思っていませんでしたね…

日本人の民度は救いようのないほど落ちました…
本当にこの国は終わったかもしれません。

 

もしかしたら、私に対して「カッコいいこと言ってるけど、お前の本性だって分からないだろ?」と思うかもしれませんので言っておきます。

私は祖父母より両親の方が早く亡くなったので「祖父母が亡くなったときの相続人」になったことがあります。

父方の祖父は相当な資産を持っていたので「権利を主張すれば●千万円を相続できた」のですが、私は「秒で相続放棄」しました。

理由は「叔父さんに孫である自分に相続させる意思が全く無かった」のを感じたからです。

「財産分与は法律で定められた権利なんだから貰って当然でしょ!」と思う方もいるかもしれませんが、私は「他人の金を当てにする」という価値観が無い人間なんですよ。

もっと言えば、他人の金を当てにするような人間になるくらいならお金が無くても構わないし、結果的に野垂れ死にしても後悔することも無いです。

詐欺じゃないにしても、グレーな人も沢山いる

テレビのニュースで問題になっているのは「明らかな詐欺」ですが、持続化給付金を受け取った人の中には「グレーゾーン」の方も相当数存在すると思います。

例えば、自宅の1階で細々とやっていた「もともと売上がほとんどない飲食店」などは、持続化給付金をもらうことで「働くよりずっと羽振りが良い」という状態になっていると聞いたことがあります。

また、持続化給付金は「コロナの影響で業績が落ちた法人が対象」なのですが、飲食のような「コロナの影響をまともに受ける業態ではない」のに持続化給付金を受け取った中には「グレーと分かっていて申請した」というケースも数えきれないほどあるでしょう。

 

ちなみに、私自身も税理士から「持続化給付金を申請しないんですか?」と言われました。

確かにコロナ禍になって「対面の営業活動」はしづらくなりましたので「ある程度の影響」は受けているとは思いましたが、持続化給付金の申請をしようとは1ミリも思わなかったですね。

だって、ビジネスをしていれば不測の事態は常に起こりうるわけで「コロナだから助けてもらって当然」なんて思えないからです。

 

飲食店でも「コロナだからダメだ…」とか「コロナだから給付金貰って当然」というところもあれば、早々と「宅配需要」を取り込んで頑張っているところもありました。

そういう意味では「全て」とまでは言いませんが、「甘っちょろい経営者が増えた」のかもしれませんね。

持続化給付金詐欺に対する今後の対応をどうするべきか

「いつから日本人はこんなに金に汚くなったんだ!?」と嘆いてばかりいてもしょうがないので、ここからは持続化給付金詐欺に対する今後の対応について個人的見解を書かせて頂きます!

大前提として正直者がバカを見る状況にしてはならない

持続化給付金の財源は税金。

ですから、真面目に税金を払っている側の人間がバカを見ることがないように、持続化給付金詐欺やグレーな給付に関しては徹底的に摘発すべきです。

この大前提が崩れたら「まともに税金払ってられるかよ!」みたいなことになってしまうので、国税や警察をはじめとする国家権力は妥協せず最後まで働いてもらいたいものです。

給付金詐欺は基本的に「実刑」、自らの返金申し出は「執行猶予」

この記事の冒頭で書きましたが、「簡単に金が手に入るという状況によって『金に汚い国民が炙りだされた』」という状況です。

このような人たちを徹底的に取り締まれば「将来の犯罪の抑制」に繋がりますよね。

最近の給付金詐欺をした人の逮捕のニュースなどを見て「2万件超の返金申し出」があったそうなのですが、今のところ「中小企業庁は不正申請者が自ら返金を申し出た場合は刑事告訴などは求めない」という方針のようです。

これは「甘すぎ」ですよね。

個人的には「返金申し出に関しては執行猶予」にすべきでしょう。

何故なら「逮捕者がでなければ、そのまま給付金を懐に入れていた」と思うからです。

グレーゾーンの受給者をどうするか

先ほど、こんな例を挙げました。

自宅の1階で細々とやっていた「もともと売上がほとんどない飲食店」などは、持続化給付金をもらうことで「働くよりずっと羽振りが良い」という状態

これも徹底的に調査して立件すべきです。

法人や個人事業主は「決算」や「確定申告」をしているわけですから、コロナ前とコロナ禍の売上を照らし合わせればいいだけの話ですからね。

今回、国税庁の職員が給付金詐欺に関わっていましたし、その禊として「徹底的な調査」をすべきだと思います。

「ただでさえ税務署は忙しいから、そんなことやってられない」という言い訳は出来ない状況ではないですし。

まとめ

持続化給付金詐欺で分かった「日本国民の民度の低さ」
徹底的な取り締まりで「金に汚い人間は一掃」すべき!

 

こんな内容をお送りしましたが、如何だったでしょうか。

今回の給付金不正受給の問題を見て、改めて「世の中、香ばしい人が本当に増えたな…」と不安を感じました。

「人の金を当てにするような民度の低い国民だらけ」の日本ですから、「今、まさに沈みかけている」のは当たり前ですし、このままだと本当に取り返しのつかないことになってしまう気はしませんか?

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    私も、今回のこの不正受給の件は、色々思うところがあります。
    因みに、持続化給付金の制度上、私も申請することは可能ではありましたが、そこに該当したのは別の理由があり、私も申請はしませんでしたが…。
    (申請しないのが正しい訳では決してございません。)
    また、白井様が仰るように、返金申し出で執行猶予、おかしいと思ってます。
    万引きしたのが見つかって、返しますと言えば許されるのと同じことですよね。
    馬鹿馬鹿しいと思ってしまいます。
    たしかに私も、営業マンたる者、稼がなくて何の為に仕事してるのですかと、常に思ってはきましたが、そもそも自身に入ってきたお金がきれいなお金なのか、輝かしいお金なのか。
    問いてみるべきかと思います。
    表現が難しいのですが、受け取るべきお金と受け取るべきではないお金ってあると思ってるのですが、これは私のきれいごとなのでしょうか…。
    何が正しいのか、わからない日本の現状かなと思いました。
    ありがとうございました。

    • 広美さん
      コメントありがとうございます

      「そもそも自身に入ってきたお金がきれいなお金なのか、輝かしいお金なのか。問いてみるべきかと思います。」

      この部分「その通り!」と思いました。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!