人気記事

現代のビジネスマンが少しくらいサボっても問題ない理由

最初に言っておきますが、常にモチベーションが低く「隙あらばサボってやろう!」というビジネスマンを肯定するつもりはありません。

普段頑張っているビジネスマンは「少しくらいサボってもいいよ」という意味なので誤解しないでください(笑

「でも、サボって良いなんて言われたことないんですけど…」と思う真面目なビジネスマンも多いと思いますので、少しくらいならサボっても問題ない理由についてお話します!

スポンサーリンク

サボってもいい理由① 現代のビジネスマンは仕事量が多い

現代のビジネスは昔に比べると各段にスピーディーになっています。

例えば…

パソコンが無い時代は、書類関係は手書きだったわけです。

私も手書きで日報をつけていましたが、本当に時間がかかりました。

昭和生まれの方なら分かると思いますが、ボールペンで間違えたときは修正テープを使ったり、計算も電卓をパチパチ叩いたり(笑

一方、現代のビジネスマンはPCでタイピングしますから、間違えてもBackSpaceキーを叩けば簡単に文字を消せますし、エクセルを使えば自動的に計算されるので電卓を使う必要もありません。(計算間違いも起こりませんしね)

書類作成のスピードは比べものにならないくらい早くなっています。

私もすっかりPCに頼りっきりになりましたが、昔を思い出すと「よくあんなことしてたよな~」って思います。

あと、FAXやメールを使うようになってから、取引先とのやり取りなどもめちゃくちゃ早くなりました。

例えば、書面の確認を郵送でする場合、こちらが送った書類が先方に届くまでに1日~数日、先方がこちらに書面を送り返してくるのに1日~数日かかりますので、月曜日に郵送した書面がその週のうちに戻ってくるかこないかというスピード感だったんです。

ところが、FAXやメールの場合は、数秒~数十秒で先方へと書面を送ることができますし、先方もFAXやメールを使うのでその日か翌日には戻ってくることだって珍しくありません。

このように、便利になって仕事がしやすくなりましたが、一方で仕事量はめちゃくちゃ増えているわけです。

ですから、やることをやっているビジネスマンの方は、適度にコーヒーブレイクを入れるなどは全然OKだと思いますし、寧ろ集中力を保つために上手にサボった方がいいとすら思います。

サボってもいい理由② 常に連絡がつく状況に晒されている

私は携帯電話が無い時代に営業をしていたので分かるのですが、昔の営業マンというのは気が楽でした。

一歩外に出たら会社やお客さまから連絡がくることは無かったからです。(その代わり、会社に電話したいときは公衆電話を探すところから始まるのですが…)

ですから、サボり放題でした。

ところが現代のビジネスマンは1人1台スマホを持っていますので、どこにいても会社やお客さまからバンバン電話がかかってきます。(お客さまって会社に電話せずに、営業マンの携帯に直接かけてきません?)

また、業務時間終了後や土日・祝祭日でも仕事の電話がかかってきたりするじゃないですか。

私はオンオフの切り替えをしっかりしたいので、「土日・祝祭日は連絡は取れません!」とハッキリ言うのですが、それでも電話してくるお客さんはいますし、対応せざるを得ないこともあります。

要するに「常にビジネスの連絡がくる状況」に晒されているし、実際に対応しなければならないこともあるわけです(汗

時間外に30分電話対応したら業務時間中に30分サボってOKとは言いませんが、ちょっとくらいサボってもいいと思いますよ。

サボってもいい理由③ 昔のビジネスマンの方がサボっていたから

ここだけの話ですが、昔のビジネスマンは今のビジネスマンよりもサボっていました。

厳しいあなたの上司も、実はサボリーマンだったかもしれません(笑

ひとつ例をあげるとすれば「喫煙」があります。

今はタバコを吸う人が本当に少なくなりましたが、昔のビジネスマンは本当にタバコを吸う人が多かったです。

昭和の方は、テーブルの上に「これってどこに行けば売ってるんだ?」と思うような大きなガラス製の灰皿があったのを見たことがあるのではないでしょうか(笑

そして、喫煙者のビジネスマンは、かなりの頻度で「タバコ休憩」を取ります。

タバコを吸わない人からすれば「勤務時間中じゃん」と思いますが、何故か喫煙は許されるみたいなところがあったんですよね。(今でもあるのかな?)

特に、上司が喫煙者の場合は、お咎めなしどころか一緒になって談笑したりしてましたからね。

タバコはひとつの例に過ぎませんが、昔のビジネスマンに比べると今のビジネスマンは真面目です。

だから、たまにはサボって一息入れるくらいは、何の問題もありません。

まとめ

最後にもう一度言っておきますが、無条件にサボってもOKと言っているわけではありません。

普段頑張っているビジネスマンや、結果を出している営業マンが「たまにサボる」なら問題ないという意味です。

あと、仕事のできるビジネスマンが「私はサボってるよ!」と堂々と言うことはありませんが、実は仕事の集中力を切らさないために上手にサボってメリハリをつけているものです。

営業車の中で昼寝をするのだけがサボりではなく、いろいろなサボり方がありますからね。

あなたも良い仕事をするために、上手にサボるようにしてみてください。

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしていますのでフォローをお忘れなく!

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード
スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    走り続けることは簡単なのですが。
    走っていると、止まるのがこわくなることが、昔ありました。
    これじゃ、続かないとわかってはいるものの、走ってたな…と読みながら思いました。
    酷い時は、点滴を打ちながら走っていたり(汗)
    メリハリをしっかりとか、うまくオンとオフを切り替えるとか、それが出来てこそ一流なんだなと思うものの、こわくて止まれないんですよね…。
    不器用なので気を付けなくてはと思いました。
    いつも気付きをくださって、ありがとうございます。

    • 広美さん
      コメントありがとうございます!

      オンとオフを切り替えるのが怖い気もちわかります。
      ただ、私はそれで体を壊して持病持ちになってしまいました。

      是非、オンオフの切り替えもできる営業マンになってください。
      広美さんならできると思います!

  2. きょう より:

    疲れているときはしっかり休憩をとってメリハリつけて仕事をしたいです!
    だらだらするのは効率悪すぎますね。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!