人気記事

不用意な発言をしない営業マンになるための注意点

自分は全く悪気がなかった一言が商談相手のお客さまを怒らせてしまったり、その場の空気を凍り付かせてしまったことはありませんか?

私は若い頃何度もやらかしていますが、あの気まずさは思いだしただけで寒気がします…

この記事では@不用意な発言をしない営業マンになるための注意点を4個挙げます!

思い当たる方は秒で改善しましょう!!

スポンサーリンク

自分が話すのではなく、お客さまの話を聞く

当たり前と言えば当たり前なのですが、話せば話すほど不用意な発言をしてしまうリスクが高くなります。

ですから、アプローチ前の雑談や契約後のクールダウンのときは、お客さま90:営業マン(自分)10くらいの割合にすることをおすすめします。

そして、10の部分は「お客さまが話しやすくなるような質問をする」「お客さまの気分がのってくるような相槌を打つ」などに使うようにしてください。

質問と相槌のコツを掴めば、お客さまは楽しそうにどんどん話してくれるので、自分が話す必要がなくなります。

私見を言わない・言わなければならないときは第三者トークを使う

どんなにフランクな感じで気さくなお客さまだったとしても、あなたとは違う価値観を持った他人であることを忘れてはいけません。

何度も会って気心が知れてくれば「そんな意見もあるのか」と思ってもらえるかもしれませんが、営業マンがお会いするのは初対面のお客さまが多いので、自分の考えや意見をぶつけるのは危険です。

もし、「これは軌道修正が必要だな…」という状況になってしまったら、「私は…」ではなく、「先日お伺いしたお客さまは…」のように主語を自分以外に変えて私見をぶつけましょう!

たったこれだけのことですが、角を立てることなく自分の意見をお客さまに伝えることができますよ。

商談中は一言一句同じトークを使う

商談中に不用意な発言をしない一番簡単な方法は、毎商談一言一句同じトークを使うになります。

これなら不用意な発言をする可能性をゼロにできますからね。

ちなみに、私は録音した音源を流すかの如く、声の強弱やリズムに至るまで基本的には毎回同じにしているんですよ。

これには別の理由もあって、営業トークは何度も何度も商談で試しては改善することで、「もっとも契約になるトーク」として磨きがかかっているので、毎回下手に変えるより「1番いいトーク」で勝負したほうが契約率が上がるからです。

同じトークを同じように話しているのに、お客さまにそう思われないのがプロの営業マン。

あなたにもできるはずです!

政治・宗教・プロ野球の話はしない

これは営業マンの常識中の常識ですが、「菅首相を支持している・していない」のような政治の話、「〇〇学会」のような宗教団体名や宗教に対する考え、プロ野球・サッカーなど違うチームのファン同士が対立してしまうようなスポーツの話などは基本的にNGです。

あと、「〇〇(女優)さんに似ていますね!」とか「●●さんのCMでおなじみの!」のような発言にも気を付けましょう。

実は、私は盛大にやらかしたことがあります(笑

「長澤まさみさんに似てますよね!」と誉めたら、「そうかしら…」と奥さんの表情が曇ったり、「野村幸代さんがCMをやっている●●です!」と言ったら「俺さ、野村幸代大っ嫌いだから出てってくれ!」と追い出されたこともあります。

一般的には綺麗な女優さんに似ているといわれるのは「誉め言葉」です。
ただ、「美人」の基準はひとそれぞれ違いますからね。

あと、有名人が全ての人から好かれているわけではないので、嫌いな人がCMをやっている商品は買わないという人がいても不思議ではありません。

こんなことで商談がぶっ壊れたらもったいないですからね。

注意してください。

まとめ

不用意な発言をしない営業マンになるための注意点についてお送りしました。

最後に、少し補足があります。

最近気になっているのですが、ビジネスマンで「はいはい」という返事をする方が増えてきています。

家庭でも会社でも教育されてこなかったのでしょうか。

私の場合は、「あなたは『はいはい』と言うように教育されてきたのですか?」と指摘しますが、世の中そういう人ばかりではありません。

「はいはい」という返事が原因で、自分の気が付かないうちに多くのお客さまとの縁を失っているかもしれません。

一言一句、返事に至るまで大切にする営業マンになりましょう!

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしていますのでフォローをお忘れなく!

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード
スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    おはようございます。
    言葉で自分が損することも沢山ありますよね。
    だから、逆もある。
    なんでもプラスに変えられるようになれたらと。
    しかし、白井様は優しい。
    私は「はいはい」と言われると、もうその人間とは仕事の話はまともにしません。
    機嫌が良ければもしかしたら
    「馬鹿にしてます?」
    と、優しく言って差し上げるかもですが。
    しかし。
    日本語ってとても美しいのになぁ。
    今日もありがとうございました。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!