人気記事

「無料で排水管の洗浄します!」という訪販業者のアプローチがアウトだったのでシェアします!

昨日は自宅でのリモートワークの日だったので「昼の3時までは株取引」「それ以降はブログや本業」ということで1日中家にいたんですね。

そうしたら、午後にピンポーン♪と誰かがやってきました。

平日の昼間に自宅にやってくるのは「営業マン」であることが多いのですが、ときどきご近所さんが訪ねてくることもあるので無視することもできません。

この日は朝から株で負けがこんでいたので「それどころじゃないんだよな~」と思いながらも対応したのですが、完全アウトなアプローチをする営業マンだったんです。

そこで、その営業マンがどんなアプローチをしたのか、何がアウトだったのかをシェアさせて頂きますね!

スポンサーリンク

「排水管の洗浄を無料で行っています~!」

「まったくもう… それどころじゃないんだよ(汗」

デイトレードで負けているので1分1秒が惜しい中、「どちらさまですか~?」と言うと、以下のような答えが返ってきました。

「排水管の洗浄を無料で行っているんですが~!」

「無料」と言われると「そんな都合の良い話はないよな」と分かっていながら気になりますよね。

ただ、99%訪販会社の営業マンだと思ったのでこのように聞きました。

「行政と関係のある業者さんとか何かですか~?会社名とお名前は~?」

それに対する回答はこうでした。

「上下水道は全て民間がやっているんですよ~」

これだけしか言いません。

「やっぱり営業マンだ!」と確信しましたね(笑

このアプローチのどこがアウトなのか?

ご存じの方も多いと思いますが、訪問販売法で「事業者の氏名等の明示」というのがあり、勧誘に先立って消費者に以下の3つことを告げなければならないと定められています。

  1. 事業者の氏名(名称)
  2. 契約の締結について勧誘をする目的であること
  3. 販売しようとする商品(権利、役務)の種類

 

 

もちろん。「●●(事業者名)の○○(営業マンの氏名)です。本日は契約締結の勧誘に参りました。学習教材をお持ちしましたのでご覧になって頂けますか?」のようにアプローチしたら玄関のドアは1件も開かないと思います。

ですから、法律違反にならないように知恵を絞ってギリギリのアプローチするのですが、この営業マンの場合は、聞かれても「会社名」も「氏名」も名乗ることはありませんでした。

更に、「上下水道は全て民間がやっているんですよ~」のような表現を使うことで「行政と関係があるのかな?」と勘違いさせるような言い回しも使っています。

何とか玄関を開けさせたかったんでしょうね。

私も訪販の経験があるので気持ちは分かりますが、今のご時世でこのようなアプローチを続けて営業活動をするのはリスクが高すぎると思います。

ちなみに、デイトレで忙しくてそれどころではなかったので、「すいません!ちょっと立て込んでいるんですよ!!」と言ったら、「分かりました!」とか「お忙しいところ失礼しました!」のような挨拶が無いだけではなく、ガッシャーーーン!と玄関の門扉が壊れるんじゃないかと思うくらいの音を立てて去っていきました。

株取引してなければ、追いかけて行って説教のひとつもしたのに!!!

無料で排水管の洗浄します!という業者を調べてみたら…

気になったので「無料で配水管の洗浄をし!」とググって調べてみたら、こんなページがありました。

上下水道局では、市民の皆さまの所有物である宅地内の排水設備(下水道の排水管やます等)に対して、無料点検や清掃等は行っていません。

最近、市内の一戸建てにお住まいの方々から、上下水道局と関連があるような紛らわしい営業活動で「宅地内の排水設備の点検・清掃の勧誘があった」というお問い合わせが多く寄せられています。

なかには「無料」または「格安料金」であることを強調して訪問し、最終的に高額の商品やサービスの契約を次々と勧誘してくる事業者がいるので、ご注意ください。

川崎市上下水道局のHPです。
私は川崎市民なのでドンピシャ過ぎて驚きました(笑
もちろん、全ての訪販業者が「悪」とまでは言いませんが、いろいろ調べてみたら、「無料」と言っておきながら最終的には高額商品やサービスを売りつける業者がいるようです。
それにしても令和の時代に、まだそんな古典的な悪徳訪販会社が存在するんですね…
皆さん!「排水管の無料洗浄業者」にはくれぐれも注意してください!
Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしていますのでフォローをお忘れなく!

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード
スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    おはようございます。
    非常に嫌な体験でしたね。
    特に、「全て民間でやってるんですよー。」って、質問に対しての答え。
    言葉の裏に、汚いものが見えてしまいます。
    断ってからの態度。
    全てが雑。
    汚い。
    売れない人であるのはわかりますが、逆に訪問しながら迷惑料を支払うべきかと思ってしまいます。
    今日の教訓。
    「全てに於いて丁寧に。」
    今日も1日頑張ります。
    ありがとうございました。

    • 広美さん
      コメントありがとうございます。

      私が訪販で飛び込み営業をしていたときは、「けっこうです!」に対して「分かりました!」とか「忙しいところすみませんでした!」くらいは言うようにしていました。

      それが、突然訪問する営業マンの最低限の礼儀だと思っていたので。

      世の中の営業マン全てが丁寧な対応を心がければ、少しは営業マンに対するイメージもよくなるんですけどね。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!