人気記事

総額表示義務化って誰得なの?

マイナンバーカードの実用性の無さ、東京オリンピックに関連する数々の問題、初動も対応も最悪のコロナ対策など、ここのところ日本のヤバさが浮き彫りになってきていますが、2021年4月1日から「いったい誰得なんだ?」という総額表示義務化がスタートします。

私は経営コンサルティング時代に数多くの小売店などの顧客を抱えていたこともあり、これに関してはスルーすることができません。

そこで、総額表示義務化とは何か、更に総額表示義務化の問題点と個人的見解を述べたいと思います。

この記事には営業手法などについては書いてありませんが、営業マンであれば知っておくべき内容なので参考にしてみてください!

スポンサーリンク

総額表示義務化とは

総額表示義務とは、消費者に対して商品の販売や役務の提供を行う際の値札やチラシの取引価格の表示を「消費税額を含めた価格」にしなさいというものです。

※ 事業者間の取引は総額表示義務の対象にならない

表示例

では、総額表示義務化になる2021年4月1日以降、どのように取引価格を表示すべきか正しい例をあげますね。(税抜10000円の商品の場合)

 

  • 11000円
  • 11000円(税込み)
  • 11000円(内消費税額1000円)
  • 11000円(税抜価格10000円・消費税額1000円)

 

ポイントは、消費税が含まれた11000円という表記が必要になるというところです。

対象となる表示媒体

総額表示義務化の対象になるものには、以下のようなものがあります。

  • 値札
  • 商品陳列棚
  • 店内表示
  • 商品カタログなどの価格表
  • 商品パッケージに印字(または添付)されている価格
  • 新聞の折り込み広告
  • DMなど配布するチラシ
  • 広告媒体(新聞・テレビ・インターネットホームページ・電子メール等)
  • メニュー
  • ポスター
  • 看板

 

但し例外があり「口頭での価格の提示」や「時価としか表示されていないもの」に関しては、表示義務化の対象にはなりません。

総額表示義務化違反をするとどうなるの?

実は、表示義務化違反をしても現時点では罰則はありません。

しかし、違法ですのでコンプライアンス的に企業が対応しないということはできないでしょう。

総額表示義務化の目的は?

今回の総額表示義務化は「消費者保護」が目的とされています。

「税抜き価格だとレジでの支払いがいくらになるのか分かりづらい」とか、「税込み価格表示と税抜き価格表示があると比較しづらい」のようなことを無くすことが消費者のためになるということらしいんですよ。

確かに、「消費者が支払う料金に関しては税抜き価格表示」、「●●円の初期費用は無料というような部分に関してだけ税込み表示にしてお得感を出している」という企業もありますので「一理ある」とは思います。

でもなぁ…

総額表示義務化に対する意見

いよいよ総額表示義務化が差し迫ってきていることもあり、ツイッター上にはいろいろな意見がツイートされていました。

その一部をご紹介します!

 

消費者保護を目的としているようですが、一方で業者側には多大な負担が発生しています。

しかも、対応にどれだけ時間や労力がかかっても1円の売上アップにも繋がりません。

そうでなくてもコロナ禍で大変な上場の会社やお店が多い中、このような負担をかけるようなことを今やるべきでしょうか。

実は、総額表示義務は前々から決まっていたことで、2021年3月31日までは特例期間だったという事実もあるのですが、それにしても「今、このタイミングで?」と思いますし、更に総額義務表示に関しては疑問を感じてしまうんですよね…

消費者保護の裏に隠れた一番の目的

ズバリ言います。

総額表示義務の大義名分は「消費者保護」ですが、裏に隠れた一番の目的は「今後の度重なる増税のために、税金負担を分かりづらくするため」ではないかと思うんです。

例えば、ガソリンには「ガソリン税」「石油税」「消費税」の3つの税金がかかっていて、ガソリンスタンドで表示されている価格の約5割が税金というのはご存じですよね。

ただ、店頭の看板にもレシートも総額で表示されていますので、給油の度に「この半分は税金なんだよな…」と思い出す方はほとんどいないでしょう。

たばこやお酒などの嗜好品も同じ。

つまり、総額表示義務で世の中のほとんどの商品価格を税込みにしてしまえば、レシートを見て税金負担の高さを再認識するという機会がなくなるわけです。

これのどこが消費者保護なんですか?

人それぞれ意見は違うと思いますが、個人的には「今回の買い物で税金をいくら支払ったのか」が一目で分かる方が良いと思います。

まとめ

コロナで財政出動が物凄いことになっていることを考えれば、「更なる消費増税」がくる可能性は極めて高いです。

その度に会社やお店はプライス表示を変えるという1円の儲けにもならない無駄作業が繰り返されるなんて腹立たしくないですか?

また、消費税表示を無くすすことで「税負担に対する認識を少しでも無くそう」なんて消費者を完全に馬鹿にしてるでしょ。

それでなくても、マイナンバーカードに実用性の無さ、初動が遅く対応もグダグダなコロナ対策、オリンピック関連の数々の不祥事や問題発言と、最近の日本はやることなすことダメダメですからね。

皆さんはどう思っているんでしょうか?
いろいろな方の率直な意見をお聞きしたいです。

いいねやコメントをお願いします!

2014年からブログを続けられているのは、読者の方の存在があるからです!

もし、この記事を読んで「良い記事だな!」とか「参考になった!」と思ったら、SNSの「いいね」や「シェア」、コメントなどをしてください。

よろしくお願いします!!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    おはようございます。

    消費税がスタートした時を思い出しました。
    最初は、最初は税抜き価格表示。
    そのあと、税込み表示の義務化。
    こうやって。
    税込み表示の金額を、「普通」と認識させて、また上がるんだろうな…と思ったのを覚えてます。
    今回も、また上がるよって合図ではないでしょうか。

    と、私は思っております。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!