人気記事

ネット上の誹謗中傷が原因のキャンセル対策

「めちゃくちゃいい雰囲気で契約したのに、何でキャンセルがきたんだろう…」

このようなときはインターネット上の誹謗中傷が原因になっているかもしれないと考えたことはありますか?

「〇〇 口コミ」「●● 評判」「◇◇ レビュー」とググったり、ツイッター検索する人は多いので、ネット上の誹謗中傷は思っている以上に見られていると認識すべきです。

昔からある某大手掲示板やSNSは「匿名」で書き込んだり情報発信することができますので、かなり過激な内容を書き込まれることも多く、お客さまの態度が急変したのはそれが原因かもしれません。

そこで、ネット上の誹謗中傷が営業マンに及ぼす影響と、キャンセル対策はどのようにすればいいかについてお話させて頂きますね!

スポンサーリンク

学習教材の営業マン時代に感じたネット上の誹謗中傷の怖さ

20年くらい前に学習教材の営業をしていたときの話です。

私はキャンセルがとても少ない営業マンなのですが、連続でキャンセルがきたことがありました。

「キャンセルがくるような商談ではなかったんだけどな…」

どうしても原因が知りたかったので、お客さまに電話を入れたんです。

「キャンセルに関しては、私が責任をもって対応させて頂きます。あと、今後の参考にさせて頂きたいので、どうしてキャンセルしようと思ったのか原因だけ教えて頂けませんか?」

こういうときは潔くキャンセルに応じ、お客さまを安心させると本音がポロっと出てくることが多いのですが、「とにかくキャンセルお願いしますね!」の一点張りで電話を切られてしまいました。

「何なんだろう、この豹変ぶりは…」

私は納得がいかなかったので、同僚の営業マンに「学習塾(他社)の生徒募集」という内容で、そのお客さまに電話をしてもらうことにしました。

アポになるお客さまというのは基本ガチャ切りしないので、テレアポが上手い人が電話をすれば、ある程度会話をすることは可能だからです。

そして、お客さまから「最近、教材や塾の勧誘が多いのよ~」と言わせるように持っていき、「どこのお話を聞かれたんですか?」「お話を聞かれてどうでした?」と核心部分を聞き出すというわけ。

そして、聞き出せたのが「某掲示板の書き込み」でした。

これは覚えておいて欲しいのですが、ネット上のネガティブな書き込みが本当だろうと嘘であろうと、信じてしまうお客さまは思っている以上に多いです。

「火のないところに煙は立たない」と言いますので、見てしまうと不安になるのはしかたないことですが…

ネット上の誹謗中傷対策はどうすればいいか

ネット上の誹謗中傷対策に関しては、ネットの誹謗中傷宅策をしている会社に依頼するなど組織としてやるべきこともありますが、お金をかけてまでやらないという方針の会社もあるでしょう。

先ほど例にあげた教材販売会社もそうだったのですが、そういう環境の場合はネットの誹謗中傷に関して、敢えてこちらから言ってしまうという方法が一番です。

ちなみに、私はこのように言っていました。

「●●くんとお母さんは『○○(某掲示板名)』って見ますか?匿名をいいことにあることないこと書き込まれて困ってるんですよ。『これは同業他社が書き込んでいるな…』という投稿もありますし… それに、個人的には『○○(某掲示板名)』なんて見ませんので、誹謗中傷だらけの『○○(某掲示板名)』を利用している方って… そんな方の投稿に信憑性なんてないと思いませんか?」

この頃は、某掲示板を見ている人が少なかったので、このように言うと「それもそうね」と納得してくれたんです。

まとめ

昨日の記事でも書きましたが、「言いずらいことほど営業マンの口から言うべき」です!

放置すればキャンセルの火種を残すことになりますし、もし、キャンセルがこなかったとしても「運」が良かっただけだからです。

昨日の記事を読んでいない方は、以下にバナーを張っておきますので、そちらも参考にしてみてください!

いいねやコメントをお願いします!

2014年からブログを続けられているのは、読者の方の存在があるからです!

もし、この記事を読んで「良い記事だな!」とか「参考になった!」と思ったら、SNSの「いいね」や「シェア」、コメントなどをしてください。

よろしくお願いします!!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    おはようございます。
    場面が非常に浮かび、とても懐かしく読ませて頂きました。
    とても、不思議な気もします。

    トークの流れの中で、途中途中に敢えて不安要素を準備して、その場でネジをしっかりしめて。
    私も良く言いました。
    「ネットで良いことは書かれないんですよ。」
    そして、お客様の温度を確認しながら、全てのネジを点検する。

    学習教材は特に。
    色んな噂が流れましたし、消費者センターのクレームも…の時代でしたので、今思うと、良い経験だったと続く思います。

    自分の頭で考えることですね。
    日々精進。
    考える努力もせず、年数だけ積んでしまった営業マンにならないよう、頑張ります。
    今日もありがとうございました。

    • 広美さん
      コメントありがとうございます。

      色んな噂が流れましたし、消費者センターのクレームも…の時代でしたので、今思うと、良い経験だったと続く思います。

      やはり同じような経験をしていたんですね(笑

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!