人気記事

効果的な「ありがとう」の伝え方!

効果的な「ありがとう」の伝え方という記事タイトルに対して、「何だか嫌な感じ…」と思いましたか?

本当は感謝してないのにテクニックを駆使して感謝していると思わせようという内容ではなありません。

ですから、喜んでもらえるような『ありがとう』の方が良い!」と思う方は、この記事を読んでみてください。

人間関係が格段によくなりますよ!

スポンサーリンク

出来るだけ早く、しっかりと言葉で「ありがとう」と言おう

基本中の基本になりますが、他人から何かしてもらったときは「できる限り早く」ありがとうを伝えましょう!

早さに関しては1秒でも早い方が良いです(笑

また、感謝を伝えるときに「すみません」という言葉を使っている人は「ありがとう」と言うように変えてください。

「ありがとう」という言葉は、相手が喜ぶのはもちろんのこと、感謝の言葉を言っている自分にもプラスの影響があるからです。

あと、「言わなくても分かってるよね」は厳禁。

分かっていても「ありがとう」と言葉にしてもらうと嬉しいものです。

できるだけ早くリアクションをする

ありがとうの伝え方の2つ目は「出来るだけ早くリアクションをする」になります。

具体的な例をあげてみます!

 

  • 「この本面白いよ!」と教えてもらったので、その日に本屋で購入する
  • 地元の名店を教えてくれたので、晩御飯はその店に行ってみる
  • 教えてもらった営業手法を使って、翌日の商談で契約を決める

 

何かしてもらったことに対して「ありがとう」だけで終わってしまう人とリアクションがある人では、後者の方が断然感謝の気持ちが相手に伝わるんですね。

そして、もうひとつ大切なポイントが、自分がリアクションをとったことを相手に報告するところまでをセットで行うということです。

例えば、例にあげた本であれば、その日のうちに購入して家に帰って読み、翌日に「おすすめ頂いた本を読みましたが、●●の部分が最高でした!」のようにメールやLINEを送るといった感じです。

ここまでされて喜ばない相手はいません。

このようなことを繰り返していると、あなたの周りには自分によくしてくれる人だらけになっていきますよ。

時間をあけて「ありがとう」を伝える

1つ目と2つ目は「できるだけ早く」という伝え方でしたが、3つ目の伝え方は「時間をあけて」という方法になります。

例えば、新人営業マン時代にいろいろとお世話になった上司から飲みに誘われたときに、「そういえばあの時はありがとうございました!」と伝えたらどうですか?

早く伝えるありがとうは「ちゃんと感謝しています!」という気持ちを伝えるのに対し、時間をあけて伝えるありがとうは「感謝を忘れてはいません!」ということを伝えることになるんですね。

「随分前のことなのに覚えていてくれたのか…」

これで嬉しい気持ちにならない上司はいません。

感謝の気持ちを忘れなければ、良好な人間関係は自然と構築できるものです。

サプライズを盛り込む

4つ目のありがとうの伝え方は「サプライズを盛り込む」になります。

事例として、私が過去に経験したことをお話しします。

とある日。

2件の商談をして帰社し、デスクワークをしていたら電気が突然消えオフィスが真っ暗になりました。

それまでは、今日が自分の誕生日だということを忘れていたのですが、その習慣に「!」と思いだしたんですよね。

すぐに察する自分は「かわいくないな…」と嫌いだったりします(笑

「Happy birthday to you♪」と社員全員が歌ってくれている中、女性社員がローソクに火が付いたケーキを運んできてくれました。

もちろん、それだけでも嬉しかったのですが、何とそのケーキが手作りだったんですよ。
しかも、私の似顔絵が描いてあったんです。

多分、私のことをよく分かっている社員のみんなが、私の想像を超えようと考えてくれたのだと思います。

普通に「誕生日おめでとう!」でも十分嬉しいですが、そこまでしてくれるなんて想像もしていなかったので、本当に驚きましたし嬉しかったことを覚えています。

間接的に「ありがとう」を伝える

5つ目のありがとうの伝え方は「間接的に伝える」です。

「そういえば●●さんが、あなたに感謝しているって言ってたよ」のように、間接的に感謝の気持ちを聞いたことはありませんか?

「ありがとう」は本人から言われても嬉しいですが、このように誰かから間接的に聞く「ありがとう」も嬉しいんですよ。

本当に感謝していなければ、本人がいないところで感謝していることを話すことはないですからね。

ただ、この5つ目はいやらしくなってしまうので意図的にやるのはおすすめできません。

また、意図的にやったとしても、それを聞いた人が本人に伝えるかどうかは分からないですし。

じゃあ、どうすればいいかですが、他人のことを話すときは「悪口」や「噂話」のようなネガティブな内容ではなく、「その人の良いところ」や「良くしてもらったことに対する感謝」などポジティブな内容の話をするようにしてください。

あなたに「他人の話をするときはポジティブな内容にする」という習慣がつけば、いずれどこかのタイミングでその場にいない感謝している相手に間接的に伝わることが出てきますよ!

まとめ

効果的な「ありがとう」の伝え方は仕事だけでなく、プライベートでも役に立ちます。

是非、今日から実践してみてくださいね!

いいねやコメントをお願いします!

2014年からブログを続けられているのは、読者の方の存在があるからです!

もし、この記事を読んで「良い記事だな!」とか「参考になった!」と思ったら、SNSの「いいね」や「シェア」、コメントなどをしてください。

よろしくお願いします!!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    おはようございます。
    「ありがとう。」
    が、素直にサッと出てくる人って、美しいですよね。
    また、色んな「ありがとう。」が、ありますよね。
    私は、とても大好きな言葉です。
    場やシチュエーションによって様々ですが、素直さ、品格、愛嬌、純真…などなど。
    悪いことがあるのかしらと思うくらいです。

    素敵な気持ちになれました。

    今日もありがとうございました。

    • 広美さん
      コメントありがとうございます。

      「ありがとう」という言葉を一日に100回言い続けると、プラスの効果があるという話を本か何かで読んだ気がします。

      そんな魔法のような言葉なら使わない手はないですよね!

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!