人気記事

営業マンが原点回帰する3つの方法

何の仕事でもそうですが、ある程度続けていると新人の頃のようなフレッシュさというか情熱を失ってしまう営業マンがほとんどです。

そういう方にお勧めしたいのが原点回帰。

ちなみに、「昔はよかったな…」と過去を懐かしむのではなく、目的は初心に戻るためですからね。

この記事では、具体的な方法を3つあげさせて頂きます!

スポンサーリンク

初オーダーの契約書を見る!

皆さんは初オーダーの契約書ってとってありますか?

無い方はしょうがありませんが、ある方は引き出しの奥から引っ張り出して見てみましょう。

たかだが紙切れ一枚かもしれませんが、契約してくれたお客さまの笑顔、商談の様子、冷や汗をかきながら頑張っていたフレッシュな新人営業マンの自分の姿が映像で浮かんでくるはずです。

ちなみに、私も初オーダーの契約書は大切に保管していて、初心に戻りたいときには見るようにしているんですよ。

当ブログの訪問販売物語で書いたことがありますが、私の初オーダーは団地のおばあちゃんでした。

訪問販売の飛び込み営業だったのですが、ドアの開け方のコツも知らなかったので、ドアスコープ越しに一所懸命に商品説明したことを今でも覚えています。

新人営業マンの一所懸命さって凄いですよね。
自分の新人営業マン時代を思いだして原点回帰しましょう!

初給与明細を見る!

これもある方と無い方がいるかもしれませんが、初めてもらった給与の明細を見るのもおすすめです。

長いこと社会人をしていると何度も給与をもらって慣れてしまいますが、初めて給与明細を受け取ったときは嬉しかったのではないでしょうか。

そうそう、私が仕事を始めた昭和の時代は、給与は現金で手渡しだったんですよ。

約40万円ほどでしたが、あまりに嬉しくて家のフローリングの上に1万円札を並べ、「すげー!」と言っている弟に2・3万くらいあげた記憶があります(笑

「お金で原点回帰ですか?」と思う方もいるかもしれませんが、お金を稼ぐために働いているのは事実ですし、初給与明細を見て原点回帰をするのは悪いことではありません。

働いていろいろなスキルを身に着けたり、勉強させてもらったり、キャリアを形成しながらお金がもらえることのありがたさを再認識すべきです。

昔、住んでいた家や街を見に行く

つい先日、若いころ住んでいた街に行く機会があったので、少し足を延ばしてその当時住んでいた4畳半一間のアパートを見に行ったのですが…

見事に無くなって新しいマンションが建っていただけでなく、毎日通っていた銭湯も無くなっていました。

私の年齢から考えれば当たり前といえば当たり前なのですが、すっかり様変わりした街並みを見ると、「あれから随分長い年月が経ったんだな…」と不思議な気持ちになったんですね。

ただ、ところどころに当時もあった建物など面影があり、タイムマシンに乗って昔にタイムスリップしたような錯覚が起こるんですよ。

「そういえば、家にエアコンがないから、銭湯の後にゲームセンターに行って涼んでから家に帰ったな~」とか「お金がないときは、ここにあったパン屋さんで10円の袋入りのパンの耳を買って食べたっけ…」なんてことを思い出しました。

そうそう、記事の冒頭でも言いましたが、「あの頃は良かった」と思うのが目的ではないので、出来れば「大変だった時期」や「苦労していた時期」に住んでいた街に行くといいですよ。

もし、あなたが新卒で社会人経験が無いのであれば、「めちゃくちゃ厳しかった部活を頑張っていた学校」などでがいいかもしれません。

「自分はあの頃の苦労していた自分のように頑張っているだろうか…」

こんな思いが原点回帰をさせてくれると思います!

まとめ

慣れることのメリットもありますが、慣れが「マンネリ」を生んだり「感謝の気持ち」を忘れる原因になったりするので、定期的に原点回帰することをおすすめします!

あなたの営業マンとしての原点はなんですか?

良ければコメント欄に原点のエピソードを書いて教えてくださいね。

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしていますのでフォローをお忘れなく!

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード
スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    おはようございます。
    わたくしの原点は、お客様からの
    「ありがとう。」
    「貴女に会えて良かった。」
    この言葉に、私自身が生まれて初めて、
    「私、生きていていいんだ…。」
    と、思わせてくれました。
    営業職をしていると。
    結果を出せば、簡単に上に上がれますし。
    給与は稼ごうと思えば、いくらでも稼げる。
    でも。
    高額な金額を払ってまで、私に、
    「ありがとう。」と、言ってくださる。
    お金を払って、その上「ありがとうございます。」とお客様から言われる職業って。
    医者や士がつく職業くらいじゃないでしょうか。
    本当に、凄い職業だと思います。
    少し脱線しましたが。
    私の原点は。
    生きている存在価値を、初めて与えてくれたこと。
    ですので、どんな契約だろうと。
    私はお客様に、とことん寄り添います。

    今日もありがとうございました。

  2. きょう より:

    新人の頃に先入観が無かっため、誰も新規アプローチしていなかった客先で大口受注を頂いたことがあります。
    受注決まるまでは上司にかなり馬鹿にされていました。今は先入観に囚われる上司にならないように気を付けています。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!