人気記事

高いから売れないと思っている値引き営業マンの大いなる勘違い

商品やサービスが高いのが原因で売れないと思っている営業マンは勘違いをしています。

だって、あなたの周りには同じ商品やサービスを売りまくる営業マンがいるわけで。

「うちの商品って高いからなぁ~…」と思う暇があったら、「何故、あの営業マンは売っているのに、自分は売ることができないんだろう?」と考えるようにしないと成長できません。

ただ、そうは言っても扱っている商品やサービスの価格に対してネガティブな印象を持っている営業マンは多いので、商品の価格についての考え方と、具体的にどうしたらいいかについてお教えします!

スポンサーリンク

商品価格についての考え方

価格の高い安いは相対的に決まる

例えば、100万円の商品があったとします。

月に100万円稼げる営業マンであれば100万円は大した金額ではないかもしれませんが、月に30万円の給与の営業マンにとっては100万円は大金に感じますよね。

同業他社の類似商品が150万円であれば自社商品価格100万円は安く感じますが、同業他社の類似商品が50万円だった場合、自社商品価格100万円はめっちゃ高く感じます。

 

当たり前のようですが、とても大切なことなので心して聞いてください。

価格の高い・安いは相対的に判断されます!

ですから、あなたの扱っている商品が100万円だから高いとか安いとかではないんですよ。

他社と比べてとか、何かしらの比較対象があって「高い」「安い」が判断されていることを忘れてはいけません。

価格は作ることができる

あなたはハイブランドが好きですか?

もし、興味が無くても1度でいいのでハイブランドショップに行ってみてください。

私は若い頃ハイブランドが好きな時期があったのでショップに行く機会が多かったのですが、ほとんどの店の店員が黒のスーツをビシッと着こなし、商品を扱うときには白い手袋をします。

所作や言葉遣いも美しいですし、「お似合いですよ!」のようなことは言っても、「買ってください!」というようなことは絶対に言ってきません。

お店もハイブランドが集まったエリアか高級デパートの中にあったり、イケメンのドアマンが立っていたりと、「ここには高級な商品が置いてありますよ!」という雰囲気を醸し出しています。

更に、ハイブランドには歴史や伝説のようなものが必ずあるんですよね。

例えば、ルイヴィトンであれば、タイタニック号が沈没したときにヴィトンの旅行鞄につかまって溺れずに助かった乗客がいたという伝説があります。(本当かどうかは分かりませんが、超有名な話です)

さて、ここで考えてもらいたいことがあります。

ヴィトンのバッグは高いものが多いですが、鞄の素材に使われている革や金具の原価を考えたことはありますか?

多分、驚くほど安いと思います。

もちろん、ハイブランドを維持するための宣伝広告費や一等地に出店するための地代家賃、一流の接客をするための人件費、職人の給与などの多大な経費はかかっていますが、見方によっては超高額の商品価格を作り出しているとも言えますよね。

「安くないと売れない」と思っている値引き営業マンには、この事実を受け止めてください。

価格の高い安いは期待値によっても変わる

投資をしているしていないは別として、今現在「中央銀行がお金を刷りまくって供給しているのが原因で、投資バブル状態」なのはご存じですよね。

例えば、仮想通貨のビットコインは、今現在(この記事を書いている2021年2月11日12:55)で1BTCが約477万円という価格になっています。

私が2021年1月18日にビットコインを購入したときは1BTCは約98万円だったので、個人的には「いくら何でも上がり過ぎだろ…」と思うのですが、世の中のすべての人が同じようには考えていません。

「イーロンマスクがビットコインを支持した!」「テスラがビットコインを大量購入した」ということで、今後ビットコインを購入する企業が増え続けると期待し、「今は通過点!1BTC1000万円まで上がるから今は安い!!」と本気で考えている人は沢山いますからね。

バブルが弾けるかもしれませんが、今後更にビットコイン価格が上がっていく可能性もありますので、どちらが正解かは結果を見ないと分かりません。

ただ、ひとつだけ言えることは、単なるデジタル通貨がこれだけの価格になってしまったのは期待値が大きいのが原因ということです。

ビットコインはマイニングが必要で希少性があるとか言われていますけど、ぶっちゃけ法定通貨のようにあちこちのお店で使えるわけではありませんし、金などと比べると歴史も浅いし、各国が規制に走る可能性だってあります。

それにも関わらずビットコインの価格が上がることを考えれば、期待値がどれだけモノの価格に影響するか分かるのではないでしょうか。

お客さまに高いと思わせれば勝ち!

ここからは、高いから売れないと思っている値引き営業マンに、具体的にどうすればいいかについて伝授します。

結論から言えば、お客さまに高いと思わせる!
これが答えになります。

「え!?」と思った方も多いと思いますが、それを否定するつもりはありません。

何故なら、日本経済は長期に渡ってデフレが続いていますので、世の中は「安いもの」で溢れかえっているからです。

また、テレビの通販番組でも「金利手数料まで無料」にしてしまったり、Amazonや楽天、価格ドットコムなどでは驚くほど安く商品が購入できるので、「安いのは正義!」みたいな価値観になってしまうはしょうがないですからね。

 

ただ、営業マンが扱う商品やサービスは、ある程度高額の商品であることが多いですよね。

多少値引きしたところで、「安い!」と飛びついてくれるお客さまなんていません。

ですから、発想の転換をして「安いでしょ!」ではなく、お客さまが「高そうだな…」と思うような商談をして価格を出来る限り吊り上げるんです。

それに成功すれば、料金説明で定価を提示しても「え、思ったより全然安いじゃん!」と、お客さまが勝手に思ってくれるというわけ。

だから、最初から弱腰で「何とか買ってもらいたいなぁ…」みたいな商談をしてはいけません。

本当に大事なことなので、高いことが原因で売れないと思っている値引き営業マンは商談の仕方を変えてみてください!

必ず結果が違ってきますよ!!

いいねやコメントをお願いします!

2014年からブログを続けられているのは、読者の方の存在があるからです!

もし、この記事を読んで「良い記事だな!」とか「参考になった!」と思ったら、SNSの「いいね」や「シェア」、コメントなどをしてください。

よろしくお願いします!!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    おはようございます。
    お金に対する価値観は人それぞれですので、それは置いておいて。
    値引き…。
    振り返っても、したことがなくてわからないです。
    お客様が求めるものを、さらに良いものにして、結果安くなる提案はしたことはあります。
    確かに、高級店に行くと、接客がとても丁寧ですね。
    良いものを大切に扱い、良いものだからこそ大切に使って欲しい。
    私が売っているものは。
    私が売る特別な価値がございます。
    かなり高飛車ですが(笑)
    自信があるから売れますし、値踏みしてくるお客様は「どうぞ。貴方が思う安いところで。」と、きっと心から思うことでしょう。
    会社が100万で売れと言っても。
    200万で売れる己であれば良いかと思います。
    頭のてっぺんから爪先まで。
    表情、目、言葉。
    すべてを愛して初めて。
    「この商品を売っている広美さん。」
    と、
    「広美さんが大切に思うこの商品。」
    高く売って、お客様から
    「ありがとう。」
    と、言って頂ける。
    営業マンの醍醐味かと思います。
    さて、今日はどんなわくわくが待っていることでしょう。
    今日もありがとうございました。

  2. きょう より:

    でも、お高いんでしょ?ってやつですね笑

    安くしてほしいっていう客は安くしても満足しないって思ってます。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!