人気記事

営業マンは商売道具の手入れを徹底しよう!

プロフェッショナルの人は、商売道具の手入れを怠りません。

そして、給与が発生する仕事をしている営業マンもプロですから、商売道具の手入れは重要です。

ただ、意外といい加減な営業マンって多いんですよね…

そこで、私が商売道具の手入れについて初めて考えさせられた出来事と、具体的に営業マンはどんな商売道具の手入れをするべきかについてお話します!

スポンサーリンク

商売道具の手入れについて考えさせられたきっかけ

30年以上前の話です。

私が中学に入学して野球部に入ったときのことでした。

今の中学校の部活がどんな雰囲気なのか分かりませんが、私が中学生だった昭和の時代の先輩ってめっちゃ怖いし理不尽だったんです。

そして、ある日こんなことがありました。

ファーストを守っている3年生の先輩が、「お前、これやっとけ!」って自分のスパイクとグローブを私に向かって放り投げてきました。

「え…」

周りの同級生も先輩からスパイクやグローブを押し付けられていたので、家に持って帰って玄関でスパイクの泥を落としたり、グローブに油を塗っていたら、その様子を見ていた父親がこう言ったんです。

「先輩の道具の手入れなんだから手を抜くなよ!」

父親は私よりも古い世代の人間なので、丁稚奉公とか修行みたいなことに対して肯定的な価値観の持ち主だったのでしょう。

ただ、私は先輩のスパイクやグローブの手入れをしながら疑問を感じていました。

「自分の道具を他人任せにして不安にならないんだろうか…」
「自分の使っている道具に対する愛着はないの?」

プロ野球選手は自分の道具を自分で手入れするのに、野球部の先輩たちは後輩に道具の手入れを丸投げする。

「なんなんだこれは!?」

物凄い憤りを感じましたが、私は性格的に手を抜くことができません。

怒りのパワーで先輩の道具をピッカピカにしてやりました(笑

これが私が初めて「商売道具の手入れ」について考えさせられた出来事です。

そうそう、余談ですが、とある営業会社に入社したときに、「おい!お前!!俺の車洗ってこい!!!(しかも、手洗い)」と言ってきたトップ営業マンに言われ、「あなたの車を洗車するために入社したわけではありません!」と言い返したら社内が凍り付いたことを思い出しました(爆笑

営業マンがすべき商売道具の手入れ

ぶっちゃけ言うと、「商売道具は全て徹底的に手入れしろ!」が正解になるのですが、全部あげていたらきりがないので3つほど例をあげてみます。

靴の手入れ

営業マンが使う道具で最も重要な道具のひとつに「靴」があります。

営業マンと言ったら「足で稼ぐ仕事」ですから、毎日本当にお世話になっていますよね。

また、「靴が奇麗かどうか」を判断基準にしている人も多く、手入れが悪い靴を履いていると「出来なさそうな営業マンだな…」と思われてしまうリスクがあります。

ですから、靴に関しては毎日手入れをしてピカピカにしておきましょう!

毎日クリームをを使ったり、ブラッシングしろとまでは言いません。

今は靴拭きや艶出しようのシートやスポンジが売っていますので、毎日の手入れも簡単です。

ちなみに、私は鞄の中に靴磨き用のスポンジを入れて持ち歩いています。

外回りで靴が汚れてしまったときにサッと綺麗にできるので便利ですよ!

営業マンで腕を磨くことに一所懸命な人は多いですが、靴もちゃんと磨きましょう。

アプローチブックやPC・タブレットの皮脂(指紋のあと)の除去

2つ目にあげるのは、特定の道具に対してというものではなく、アプローチブックやPC・タブレットなどにつく皮脂(指の油の汚れ)の除去です。

以前にもブログに書いたことがあるのですが、アプローチブックやPCの画面が汚いまま商談している営業マンが多すぎるんですよ。

私だったら、「こういうところに目が行き届かない営業マンからモノを買いたくない」と思います。

ましてや、コロナ禍なんですから、他人の皮脂汚れがついてたら気になるじゃないですか。

ですから、100均の除菌シートなどで商談が終わるたびにサッと拭いて綺麗にする習慣をつけましょう!

私は面倒くさいので楽天でまとめ買いして使っています。

会社で使わせてもらっている道具

自分のモノは手入れするけど、自分のモノでないと手入れしないという人も多いですよね。

外も中も汚いままの営業車を街中で見かけると、「なんだかなぁ~」と本当にガッカリします。

あと、テレアポで新規開拓している営業マンであれば、電話機の手入れも重要です。

電話機は皮脂汚れだけでなく、受話器には飛沫も飛んでいますからね。

昔、席を外している営業マンに内線電話が来たので取ったときに、受話器がめちゃくちゃ臭くて吐きそうになったことがありました。(けっこうな美人営業マンだったのですが…)

もちろん、口臭は体質かもしれませんが、まめに掃除すればあそこまで酷くなることはなかったでしょう。

まとめ

商売道具を大切にできない人が、トップ営業マンとして君臨し続けることはできません。

ちなみに、私は一日の終わりに「今日もありがとう!」と思いながら、スマホ、PC、キーボード、タブレットなど、全て除菌シートでピカピカにしています。

手入れすることで道具も綺麗になりますが、自分の心も綺麗になるような気分になるのでやってみてください!

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしていますのでフォローをお忘れなく!

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード
スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    おはようございます。
    目配り、気配り、心配り。
    ちゃんとしている姿が、相手から見たら、ちゃんと仕事してくれる人に映りますものね。
    自分も相手も気持ちが良いのは、とても嬉しいことですし、自分の些細なことでありながら、入念なお手入れが、良いサイクルを生み出すのでしょうね。
    そして、ありがとうと感謝を込めて、一つ一つを大事に出来るので、一つ一つの物に愛情さえ感じます。
    営業マンが得ることが出来る、特権ですね。
    少し悩みましたが、質問させてください。
    今の会社になってから、私は色んなことで違和感を感じるのです。
    それは…?と、私は固まってしまうのですが、ここでは普通のことなのか?と。
    今日のお話を読んで、その違和感の1つを思い出しました。
    私にとっては、NG。
    NGと言うより、かかわりたくないと思ってしまう出来事ですが…。
    ある日、女性上司が言った言葉です。
    「お客様相手のお仕事だから。
    美しくありましょう!
    ネイルサロンに行きましょう。」
    見ると、その上司の爪は、10本全て色が違い、色んな何かギラギラしたのがくっついてました。
    「私は、頻繁に行ってるの!」
    かかわっている自分もいかがなものかと。
    何も言わずに立ち去りましたが。
    封印していたこの出来事。
    今の会社に入社してから、私がおかしいのか、この中の常識がおかしいのか、とても判断に苦しむのですが。
    教えてください。
    因みに、この上司。
    50半ばの、女性です。
    もう、30年選手です。

    • 広美さん
      コメントありがとうございます。

      質問の件ですが、個人的にはネイルの色が全部違うとか、ド派手は装飾品をつけるのは違うと思います。

      ただ、営業の世界では実績があれば許されてしまうというのが現状でしょう。

      何も言わず立ち去った広美さんは正解だと思いますよ。

  2. 広美 より:

    白井様
    お返事ありがとうございます。
    やはり、違うのではとお返事頂いて、ホッとしました。
    私がおかしいのかなと不安に思うほど、不可思議なことばかり起こるので、毎朝読ませて頂いて、白井様の言葉が「この世界に戻りたいな…」と心から思うほど、すーっと心が洗われます。
    因みにその女性は、営業成績は全くだったと聞いており、本人からも
    「ノルマがきついから管理職の道を選んだ。」
    と、お聞きしてるので、成績よりも媚びる事が会社の評価なのでしょうね。
    相手にせずに、私は前へ進みます(^-^)
    ありがとうございました。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!