人気記事

営業マンとして仕事をしていて嬉しいことはなんですか?

突然ですが質問があります。

あなたにとって、営業マンをやっていて嬉しいこと(嬉しかったこと)はなんですか?

契約を取ったときの喜びや目標数字をクリアーしたときの達成感、お客さまから「ありがとう」と感謝されたときなど、いろいろあると思います。

営業マンをしていると、めちゃくちゃ嬉しかったことや素敵なエピソードって必ずありますからね。

よければ、「あなたが嬉しいと思うこと」や「嬉しかったエピソード」などをコメント欄に書いてください!

前置きがながくなりましたが、この記事は私が嬉しかったことをご紹介させて頂きますね。

スポンサーリンク

取引先の会社が上場企業になった

「契約が取れたとき」「目標達成したとき」「月収100万円以上稼げるようになったとき」「部下が一流の営業マン育ったとき」など、嬉しかったことは沢山ありますが、それとは違う嬉しかったことにしたいと思います。

 

法人営業をしていると多くの会社に訪問しますよね。

私も法人営業マンになってから多くの企業を訪問しましたが、その数はというと…

すみません。
あまりに多すぎて、簡単には思い出せません。

以前、私が経費削減のコンサル会社で働いていたのはご存じの方も多いと思いますが、商談相手は社長や取締役の方だったんですよ。

ですから、今でもフェイスブックの投稿やテレビ出演されているのを見ると、「●●社長、相変わらず元気そうだな~」なんて思うんです。

それはそれで嬉しいんですけど、私がとても嬉しいことのひとつに「取引先の会社が上場した」というのがあります。

しかも、それがけっこうな数なんですよね。

投資で株をやるようになってから、「え!?あの会社って上場したんだ!」って気が付くことが多くなりました(笑

 

全部を紹介していたらきりがないので、1社だけエピソードをお話します。

上場した名古屋の飲食チェーン

経費削減のコンサル会社で働いていたときに、1ヶ月に2週間くらい名古屋出張をしている時期がありました。

社名は伏せますが、飲食店をチェーン展開している企業で、その当時の専務と商談したんです。

私の記憶が正しければ、その会社の本部は雑居ビルのようなところで、外観も事務所の中を見ても上場する会社なんて想像すらできませんでした。(飲食系の企業は「事務所は金を生まない」ということで、家賃の安いところにオフィスを構えているところも多い)

社長や取締役クラスの方と商談するときは、ほとんどの会社で「社長室」か「応接室」などに通されるのですが、その会社では、普通に社員の方がいる事務所の専務のデスクまで連れていかれたんです。

残業している社員の方の前で商談するのも気が引けますが、専務は新メニューを作成している最中でデスクの上はごっちゃごちゃ。

「これ決まるかな…?」と思いながら商談したことを今でもハッキリと覚えています。

結局、その会社とは契約することができ取引が始まったのですが、しばらくしたころに専務から私宛に電話がかかってきたんですよ。

要件は「東京に新店を出すので社員3人ほどでレセプションに来ませんか?」という内容でした。

飲食店ではオペレーションの確認のためにオープン前に出入り業者だけを呼ぶのですが、普通はビール会社とか食材卸の会社とかを呼ぶんです。

ですから、コンサル会社の私に声をかけて頂いて嬉しかったですし、社員の勉強にもなるので私を入れて3人で新店のレセプションに参加させて頂きました。(ちなみに、飲み食いのお代は無料)

 

さて、そのときは「この会社は上場するんだろうな」と思っていませんでしたが、今振り返ってみると「上場できるよね」とか「上場を目指していたんだな」と思うことが2つあります。

1つ目は、社長がめちゃくちゃ厳しいこと。

私たちが行ったレセプションでのことですが、外で待機していると激しい怒鳴り声が聞こえてきたんです。

その声の主は社長でした。

「めっちゃ怖い社長だな…」と思うと同時に、「何でそんなに激怒しているんだろう?」と思って聞いてたら、店舗の入り口のステップが発注と違っていたからだったんです。(見ただけでは分からないレベル)

「お客さまが怪我したらどうするつもりだ!」

社長の妥協を許さない厳しさと、お客さま思いの姿勢から考えれば「上場するような会社になる」のは不思議ではありません。

また、専務が商談後に「うちの株買わない?」って言っていたんですよね。

ときどき、経営陣の方はそういう冗談をおっしゃるので、その時は何とも思っていなかったのですが、本気で株主を探していたのかもしれません(笑

ちなみに、株を譲ってもらってはいません…

まとめ

この他にも、私の顧客で上場した会社がいくつもあるんですよ。

上場を目指している会社は、私を呼ぶといいかもしれませんね(笑

冒頭にも言いましたが、あなたのエピソードをコメント欄に残しておいてください。

ブログを読んでいる多くの営業マンが読むと思いますので!

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしていますのでフォローをお忘れなく!

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード
スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    おはようございます。
    寝ぼけ眼で読み始め、最後のお言葉でクスッと笑ってしまいました。
    エピソード。
    小さなエピソードしかございませんが、振り返ると沢山御座います。
    歳を取ったという事なのでしょうね(笑)
    悩みに悩んで、この1つを。
    夢中で走り続けてた時代ですが、某企業で「この会社では、これ以上の成長はない。」と思い、違う業種の某企業に声をかけて頂いたのをきっかけに会社を去る時。
    私は、情けないくらい、お客様に感情移入します。
    20代前半から営業畑で走り続け、常にキャリアアップする為に何があるかを考えながら、走っていれば何かに気付くであろうと思い、そして、その会社を去る時です。
    お会いするお客様に、退職する旨のご挨拶をした時です。
    そのお客様は、とても厳しいお客様でした。
    60~70代くらいの社長様とご婦人、お二人でいつも来店され、誰も寄っていけない程の…簡単に言うとクレーマーです。
    しかし、クレーマーは最高のお客様。
    説教的にお声をかけさせて頂き、いつの間にかとても可愛がってくださった、大好きなお客様でした。
    退職が決まり、お二人が来店された時です。
    退職のご挨拶をさせて頂くと、社長から。
    「夢があるなら、絶対諦めるな。
    とことん、何がなんでもやり遂げろ。
    そうすれば絶対出来ないことはない。」
    とても厳しいお顔でした。
    そして、奥様から。
    「頑張りなさい。
    あなたなら、大丈夫よ。
    でも、もし。
    もし辛くなったら。
    あなたの帰ってくる場所は、ここにあるわよ。」
    とても優しいお顔でした。
    お二人が帰られたあと、涙が止まりませんでした。
    なんて、お客様って偉大なんだろうと。
    気付いたら、あれから16年…。
    あの時は、教材営業からスタートしたまたまだ駆け出しの10年未満でしたが。
    何かに躓くと、あの時のお二人を思いだし、原点に戻れる自分がおり。
    きっとあの時が、本当の私のスタート地点だったのかなと。
    心の中で、
    「社長、頑張っております。」と。
    「奥様、たまに帰る場所をありがとうございます。」と。
    書いていて、気付きました。
    お二人にお礼のご挨拶に行かなくちゃ駄目ですね(笑)
    今日も、気付きをありがとうございます。

  2. おぞす より:

    以前の業種での事ですが、部下のお客様の近くで商談があったので商談後にアポなしで訪問した時の出来事です。 アポなしにも関わらず出迎えて頂き、反響があった事でお喜びいただいた事も嬉しかったですが、部下のこまめな連絡や対応をお客様が嬉しそうに語られていたのが1番嬉しいかもしれません。

    余談ですが、催促していた訳ではございませんがご紹介も頂けました笑

  3. きょう より:

    嬉しかったことですね!自分の知らないところで鬼のような役員が認めてくれたときは嬉しかったです!◯◯営業所では◯◯がいいぞ。など上層部に名前を売っていただけたようです。

    • きょうさん
      きょうもコメントありがとうございます…

      おやじギャグを言ってすみません。
      ついつい思いついてしまったので(笑

      目の前で褒められるのももちろんですが、自分の知らないところでってのは本当に嬉しいですよね。

      出世コース爆進してください!

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!