人気記事

【事例で解説】失念すると一瞬で信用や信頼を失います

ビジネスをしていると、電話にメールにと取引先や社内の人とのやり取りが沢山ありますよね。

できるビジネスマンは、「即レス」が基本。
相手を必要以上に待たせるようなことはしません。

ましてや、「メールを失念しました…」なんて絶対にあり得ないです。

ところが、今年に入って2回も「失念しました」という方がいたので、証拠画像をお見せしながら失念すると信用や信頼を失うというお話をさせて頂きますね!

スポンサーリンク

失念とは

本題に入る前に念のために確認しておきますが、失念の意味は分かりますか?

簡単に言えば「うっかり忘れる」とか「ど忘れした」というような意味です。

失念の事例

それでは、実際にあった失念事例をあげてみますね!

【事例1】半月間もメールの返信をしてこない取引先

まずは、こちらを見てください!

メールの失念事例

このメールは昨年2020年12月29日に取引先に送信したメールの返事がなかったので、今年2021年1月12日に届いているか心配になって送信したメールです。

年末でバタバタしている可能性もあるので、即レスを望んでいたわけではありません。

ただ、いつ返信がくるのかと待っていたのですが、全然メールが返ってこないんです。

そこで、同日に「メールは届いていますか?」とこちらから電話もしたら、約6時間後にこんなメールが返ってきました。

メールの失念事例

 

「何ですかこれ?」

メールの冒頭を見れば分かりますが、この人メールの失念をしたのは1度目ではありません。

過去にもこちらから問い合わせないとメールの返信が来ないことが何度もあったのですが、その度に「ちゃんと確認してください」とお願いしているにも関わらずこれですからね。

本人の名誉のために業種や名前は伏せますが、この方は新卒1年目のビジネスマンとかではありません。

ハッキリって呆れてものが言えません。

あなたなら、このような人と取引を続けたいですか?

【事例2】断られた瞬間に返信をしない人

2つ目の事例です。

私はブログやツイッターで情報発信をしているので、このようにお誘いを受けることがあります。

Twitterの事例

 

この方は実際にお会いしたことはありませんが、以前からお互いのことは知っていました。

営業に関する情報を発信しているという共通点があるので声をかけてくれたと思うのですが、私もいろいろ忙しいのと、内容が目新しい感じではなかったのでお断りしたんです。

 

問題はここから。

 

私がお断りのDMを送ったら、そこでやり取りが終了したんですよ。

もしかしたら、「それのどこがいけないの?」と思うかもしれません。しかし、このDMをくれた方は営業マンに向けていろいろと情報発信をしているような方です。

私は断られた相手に対してお礼を言うのは、こちらから勝手にアプローチする営業マンの礼儀だと思っていますので信じられませんでした。

ですから、数日待って返信が来ないことを確認し、以下のようなDMを送ったんです。

Twitterの事例

 

そうしたら、こんなDMが返ってきました。

Twitterの事例

 

さて、あなたはこの返信を見てどう思いますか?

私は、「前回はDMに気が付かなかったのに、今回のDMには気が付く」というところに違和感を感じました。

私のようにわざわざ指摘するような人も珍しいので、DMの内容を見て慌てて返信してきたのだと思います。

ただ、本当にDMに気が付いていない可能性がゼロではありません。
それでも、DMを見落したのであれば、それはそれであり得ませんが…

まとめ

2つの事例を挙げて失念すると一瞬で信用や信頼を失うというお話をさせて頂きました。

あなたは何を感じましたか?

ちなみに、メールの返信を失念する、電話の折り返しの時間を守らないようなビジネスマンって、信じられないことに沢山いるんです…

ですから、そういうことをキッチリやるだけで、お客さまから信用や信頼を得ることができますよ!

 

今日の内容に関連した以下の記事をご紹介します。

私はこの記事の最後に書いてある企業から、大切なことを教わりました。

是非、読んでみてください!

いいねやコメントをお願いします!

2014年からブログを続けられているのは、読者の方の存在があるからです!

もし、この記事を読んで「良い記事だな!」とか「参考になった!」と思ったら、SNSの「いいね」や「シェア」、コメントなどをしてください。

よろしくお願いします!!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    おはようございます。
    読んでいて、本当にがっかりしました。
    12/29に確認しており、年明けにと思っていたなら、私なら12/29に確認させて頂いた旨、年末年始の為、お返事が1月何日、何時までに出来る旨、その日時で不都合はないかの確認のメールを送信します。
    やるべき事をやってから休みたいものです。
    「年明けでいいやー」と思える神経が、小心者の私から見たら羨ましいです(苦笑)
    また、DMのやり取りの件。
    最初から最後まで、全てアウトです。
    要件判らずお会いしたい。
    (日本語を勉強して欲しいものですね。)
    断られてからのスルー
    (ここ、いちばん肝心ですよね…。)
    ご指摘受けてからの、言い訳つきお返事
    (言い訳いらない……。)
    (この立場で「わざわざ」は、使っては失礼……。)
    (すべての流れから、人間的に安易な考えが……。)
    改めて、白井様の強さに、私も見習わねばと思いました。
    私なら、メンタル弱いので、軽く寝込んでしまいそうです…(涙)
    しなければならない事には、自分から期限をつける。
    確認し、いつまで回答かを明確にし、且つ了承を得て、自分のスケジュール管理をしっかりする。
    私が、新人営業マン過ぎるのかな……と、ふと思ってしまいました。

  2. 携帯さん より:

    いつも楽しく拝見しております。
    同じことを昨日後輩がしてまして、取引先に怒られておりました。
    フォローできてなかった私も悪かったです。。
    朝から良い刺激を頂きました。
    ありがとうございました。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!