人気記事

木こりのジレンマ

目標数字を追いかけ続け、多忙なので日々の業務に追われている営業マンは多いですよね。

もちろん、「忙しいのはありがたいこと!」とか「充実している!」と思っている営業マンの方もいると思いますが、実は敢えて立ち止まる必要があります。

今日はその重要性が分かる訓話をご紹介させて頂きますね!

スポンサーリンク

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしています!

 

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード

木こりのジレンマ

旅人が山林地帯を歩いていると、木こりが頑張って木を切っていました。

その様子をしばらく見ていて気が付いたのですが、斧を振っている割に木が切れていません。

それもそのはず、木こりが使っている斧は刃こぼれしていています。

旅人は、「刃を研いだ方がいいんじゃないですか?」と言うと、木こりは次のように答えました。

「そんなことは分かってるけど、木を切るのが忙しくて、そんな暇ねえんだよ!」

有名な話なので聞いたことがあるかたも多いのではないでしょうか。

この話には「斧」ではなく「のこぎり」のバージョンがあったり、二人の木こりが登場するバージョンなどもあるようです。

どちらにしても、目の前の作業をこなすのが精一杯で、効率よくするために工夫するような余地がない様子を現した内容になっています。

木こりのジレンマから営業マンが学ぶべきこと

忙しい日々の業務に追われ続ける営業マンは、斧がかけているのが分かっているのに、刃を研ぐこともなく木を切り続ける木こりのよなものです!

「でも、現状は目標達成できているし問題ないでしょ」と思ったのであれば、それは大きな間違い。

実は、私自身が刃を研がない木こりのような営業マンだったのですが、刃を研ぐ必要性を感じたことがあったんですね。

ちょっと、その話をさせてください。

 

もともと、訪問販売から営業のキャリをスタートしたので、プレーヤーのときは自分の数字だけに集中できました。

刃こぼれがあろうが錆びていようが関係なし。

昼ごはんも食べずに1日中駆け足で飛び込み続けることで、人の2倍3倍の訪問件数を確保して数字をあげていたんです。

ところが、どこの会社でも数字を上げると新人の面倒を見たり、役職に就くことになってチームを任されたりするような立場になりました。

そうすると、自分のことだけやっているわけにはいきません。

他人のために時間を使う分だけ自分の時間が減りますから、刃こぼれした斧を使い続けるような非効率なことは自然と続けられなくなりました。

更に、法人営業に転身してベンチャー企業の創業に参画した際には、自分の数字はもちろん、DM、テレアポのスクリプト、営業マニュアルの作成、面接などもやることになったので、効率化できなければ営業部の責任者なんて務まりません。(大企業のようにマネージメントだけに集中できるような環境ではなかったので)

 

そして、こういう変化はあなたにも起こりうることです。

私は当ブログで繰り返し「メールの送受信に使う時間を1秒でも短くするために、想定されるテンプレを全て作成した方が良い」と書いていますが、どのくらいの方が実際にテンプレを作成したでしょうか。

メールのテンプレートを使って節約できる時間は、1通につき30秒から数分かもしれません。しかも、想定できるテンプレートを全て作成するとなると、それなりに時間がかかります。

「忙しい中、そんなことやってられないよ!」と手をつけない方も多いと思いますが、一度時間を取ってテンプレ化してしまえば、今後何十回・何百回・何全開と繰り返し行うメールの作成時間が短縮し続けられるわけです。

そして、メールに限らず業務全てを効率化・仕組化し、それを改善し続けるような営業マンだけが、厳しいセールスの世界で長年活躍し続けられると思います。

まとめ

ちなみに、ずっと斧を研いで木をきらない木こりになってもいけません。

営業の世界で言えば、「足を止めずに頭も使え!」って感じですね!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    ずっと斧を研いでいる木こり。
    いるいる!と、笑ってしまいました(笑)
    さておいて。
    切り続ける木こりになる可能性は。
    私は常に抱えてます。
    わかってはいるのに。
    頭の中が、何かにはまってしまうのか。
    自分がわかっているのに、止められない自分がいて、あの状態にはまってしまうとどうにもならないのです。
    ブレーキがかけられないと言うのでしょうか。
    D(ドライブ)しかなく、アクセル踏みっぱなし。
    オイル変えておかなくてはとわかっていても、そんな暇はないと加速し続ける。
    クルマはエンジン焼けて壊れます。
    私としては、恐ろしい心身の状態です。
    ある時、誰かに、
    「なんでそんなに走れるの?」
    と、言われた事があります。
    私は、普通に走ってるだけだったので、返答に困っていると、
    「出来ちゃうからだね。」
    と、言われました。
    己のメンテナンスが出来ない自分。
    人にはとことん優しく、己にはとことん厳しくあろうとする自分。
    心も体も、ボロボロになりますよね…。
    そんな営業マンは、出来る営業マンではございません。
    日々精進せねばだなと思いました。

    • 広美さん
      コメントありがとうございます!

      木を切らない木こりはお話にならないので、基本的にはガンガン切る木こりが正解です。

      突っ走れる人は、行けるところまで突っ走っても構わないと思います。

      ただ、「今の自分のやり方に無理があるな」とか「そのうち限界がくるな」と感じるのであれば、考える時期なのかもしれませんね。




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!