人気記事

新型コロナウイルス第3波が本格化して思うこと

新型コロナウイルスの第3波が拡大してきましたが、皆さんは無事お過ごしでしょうか。

考えてみれば今年の2月くらいからですから、この冬も新型コロナが収束しなければコロナ渦が丸1年続くことになります。

私は喘息の持病がるので不要不急の外出をまじめに守ってきました。

2月以降、焼き肉も寿司もラーメンも食べに行っていないので、外食中心の生活が一変してしまいましたね…

みなさんも、新型コロナの影響で生活の変化があったのではないでしょうか。

さて、新型コロナが騒がれ始めて10ヶ月経ちましたので、このあたりで新型コロナに関して個人的な見解を述べておきたいと思います。

※ 今日は、営業に関する内容ではありません

とにかく初動が大切

今回の新型コロナで再認識したのは「初動の大切さ」です。

実は、昨日の夜に久しぶりに台湾に住んでいる友人(台湾人)とLINEで通話したのですが、台湾はコロナウイルスのことを気にする必要はなく、新型コロナ以前の日常を普通に送れていると言っていました。

台湾はSARSの経験から専門センターを設置していて、2019年末に中国の武漢で原因不明の肺炎が広がっていることを把握した時点で検疫の強化に踏み切るなど、とにかく初動が早かったんです。

ちなみに、2020年11月27日の台湾での新型コロナウイルスの感染者数は14人しかいません(全人口2400万人)

この状態でも「12月からはマスク着用が義務付けらてるよ!」とLINE通話をした台湾の友人は言っていました。

一方、日本は全てにおいて後手後手でしたよね。

もし、台湾のような素早い対応をしていたら、第3波で頭を悩ませるような事態にはなっていなかったのではいないでしょうか。

新型コロナで分かった日本人の民度の低さ

今回の新型コロナ感染拡大でつくづく感じたのは、日本人の民度の低さです。

未知のウイルス感染拡大による不安から一時的に民度が下がったのか、もともと民度が低かったのかは分かりません。

ただ、個人的には「人間の本性はいざというときに出る」と思っていますので、もともと日本人はたいして民度が高くないのが、新型コロナで露呈しただけだと思っています。

例えば、国民全員に一律支給された給付金ですが、ツイッターでは「早く金よこせ!」とか「また給付金を支給しろ」のような内容が大量にツイートされ、それに対して多くの「いいね」や「リツイート」がされていました。

確かに新型コロナで本当に困っている人がいるとは思います。

ただ、GoToイートやGoToトラベルなどが始まったら、めちゃくちゃ利用者が多かったじゃないですか。

「何だよ!やっぱりみんな金持ってるじゃんか!!」と思ったのは、私だけでしょうか。

あと、もらった分は後々の増税という形で徴収されることを分かってるんですかね…

それと、組織ぐるみの給付金詐欺が横行しましたよね。

あとから「ヤバい」と思って自主する人が大勢いたようですが、お金欲しさに本性を露わにした分かりやすい例だと思います。

 

また、外出すると99%の人がマスクをしていますが、「新型コロナウイルス感染を防ぐ」と高い意識を持ち続けている人ってどのくらいいるんでしょう?

例えば、マスクはしていても鼻が出ていたり、顎マスクにしている人も多いですし、飲食店で食事をしている人を見るとマスクを外して話をしています。

こういう様子を見ていると、新型コロナが感染拡大してマスクが店頭から姿を消した頃の危機感は薄れ、「常識外れだと思われたくない」とか「みんながマスクをしているからしている」という日本人ならではの「みんなと同じようにする」という程度の意識でマスクをしている人も多いのではないかと思います。

身を切らない政治家たち

最初に言っておきますが、個人的には叩き上げで総理大臣にまでのし上がった菅総理は嫌いではありません。

全員が全員ではありませんが、大臣になるような人は代々政治家が多い家系だったりエリートが多いので、そういう点から言えば、これまでの総理大臣より国民のために働いてくれそうな気はしています。

ただ、「携帯電話料金の値下げ」などの政策を打ち出す一方で、国会議員の定数削減や議員報酬削減などについては今のところ全く動きがありません。

国会議員の先生と呼ばれる政治家の方々は、自分たちのことを特権階級と思っているんでしょうね。

ただ、本来は国会議員と言うのは国民のために働く立場であって、偉そうにふんぞり返って権力を振りかざす立場ではないのですが…

選挙のときだけニコニコして頭を下げまくる政治家を見ると滑稽にしか思えません。

あと、ここからは本当に個人的見解になるのですが、政治家の議員報酬や公務員の給与は民間企業の平均年収に合わせた変動制にすればいいと思います。

経済は政治の影響が大きいですから、景気が悪いときには民間企業と一緒に安月給で耐え、景気が良くなった暁には民間企業と一緒に良い思いをすればいいんですよ。

ただ、こういうことを言うと「そんな安月給だと国家公務員なんて成り手がいなくなる」という意見が必ず出てきますが、結果も出さずに定年まで自分だけは安定して高給をもらい続けたいような人間は国家公務員になるべき人でないと思います。

事実、新型コロナで民間企業ではリストラやボーナスカット、減給などが起こっているじゃないですか。

国が破綻しない限り収入が途絶えない職業なんて、恵まれすぎだと思いますねどね。

飲食店優遇されすぎ問題

新型コロナ第3波が本格化したことで忘年会需要がほぼ無くなり、稼ぎ時の12月の売上が見込めなくなったということで飲食店が悲鳴をあげ、それに対して都は協力金として40万円を支給することが決まりました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都は25日、酒類を提供する飲食店やカラオケ店に対し28日から午後10時までの時短営業を要請すると発表した。島しょ部を除く都内全域が対象で、応じた中小事業者には「協力金」として40万円を支払う。都民には不要不急の外出自粛を要請した。

 

確かに、飲食店は時短要請の影響を受けやすい業種ですし、助けることが悪いとまでは言いません。

しかし、その一方でこんな現実もあります。

飲食店の30%が1年以内、50%g2年以内に廃業する

私は経営コンサルティング営業時代に、ターゲットにしていた店舗展開している企業の内情をいろいろと見てきましたが、初期投資が大きく利益率が低い飲食店は廃業になるリスクが高いビジネスなんですね。

ですから、コロナ渦でなくても廃業するお店が多数ある中、全ての飲食店に対して一律に40万円を給付するのはどうかと思います。

更に言えば、新型コロナの影響で困っているのは飲食店だけではありません。

新型コロナ前までの日本に来る外国人観光客の増加を考えれば、アフターコロナの日本の大きな収入源の「インバウンド客がお金を落とす旅行業や飲食」をGoToで助けるのは分かりますが、それにしても不公平ではないでしょうか。

所得格差

新型コロナウイルスの影響で企業の経営状況が悪化し、解雇や雇い止めをする企業も増えてきていますよね。

こんな状態ですから、もともと所得が低い方や貯蓄がでない方は、今日明日の生活がどうなるか分からない生活を送っています。

退学する大学生が増えてきたというニュースもありました。

一方で、株式市場ではダウ平均が史上対高値を更新したり、日経平均も11月に入って29年ぶりの高値を更新するなどバブル状態なんですね。

資本主義社会の歪みと言えばそれまでなのですが、持つものは更に富み、持たざる者は更に貧しくなるという流れは、今後更に加速するでしょう。

そういえば、緊急事態宣言で国民全員に給金を配った際には所得制限などは全くなく、その理由のひとつに「調査をしていたら給付が遅れるから」というものがありました。

再度緊急事態宣言を発令するような事態に備えて、所得によって給付金額を変えることが出来るような準備をすすめているのでしょうか。

それとも、そういう事態になったら、また貴重な財源をばら撒くだけなんですかね…

日本は既にIT後進国になっている

新型コロナウイルスの感染拡大で、日本のITの「後進国」ぶりが露呈しましたよね。

例えば、10万円の特別定額給付金を国民絵全員に支給するのが決まったのは4月でしたが、いつまで経っても手元に届かなかった方も多いのではないでしょうか。

自治体の中には、オンライン申請の受け付けを停止したところが100以上もありましたし…

ドイツなどでは申請した翌日には振り込まれたなんて話もある中、日本は未だに昭和なんでしょうか。

あと、緊急事態宣言下で学校が一斉に休校になりましたよね。

大学ではオンライン授業をしていたところが多かったようですが、小・中の義務教育をはじめ高校でも一部の私立を除いてオンライン授業などの対応が出来ないという状況が続きました。

そもそも、コロナだからどうのこうのではなく、国際的にIT化がどんどん進んでいるのですから、PCやタブレットなどを生徒に配布するくらいでなければ話になりません。

先ほど、所得格差について触れましたが、PCやタブレットなどを購入することができない貧困家庭の子供もいるわけですから、こういうところにこそお金を使うべきではないかと思います。

まとめ

新型コロナウイルス第3波が本格化して思うことは他にも沢山あります。

ただ、こういう大きな出来事でもなければ、日本のような国民性の国が大きく変わることもありません。

これを機会に変われるかどうかが、今後の日本の命運がかかっているでしょうね。

もし、変われないようであれば、日本は終わり。

今の日本に必要なのは「思い切った変化」だと思います。

いいねやコメントをお願いします!

2014年からブログを続けられているのは、読者の方の存在があるからです!

もし、この記事を読んで「良い記事だな!」とか「参考になった!」と思ったら、SNSの「いいね」や「シェア」、コメントなどをしてください。

よろしくお願いします!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!