人気記事

売れない営業マンは売りたいオーラを出し
トップ営業マンは売れる空気を作る

 

営業というのは目に見えない空気感によって結果が大きく変わります。

営業マンのオーラも商談の場の雰囲気も同じ空気であることに変わりはないのですが、売れない営業マンとトップ営業マンでは作り出す空気が全然違うことに気が付いていますか?

目に見えないからといって決して侮れない空気について、この記事では具体例を出してお話させて頂きますね!

スポンサーリンク

売りたければ売りたいオーラを出すな

まず最初に、売れない営業マンから売りたいオーラが出てしまう、出してしまう原因について確認しておきましょう!

 

  • 一所懸命過ぎて自分が見えていない(新人営業マン・営業未経験者など)
  • 目標やノルマに追われて必死になっている
  • お客さまのメリットより、自分の数字(給与)のことで頭がいっぱい
  • もともと積極的な性格でガンガン攻めることを良しとしている
  • 契約はお客さまの決断で生まれることが分かってない(説得で生まれると思っている)
  • 「この商品を買わないなんてあり得ない!」という押しつけ

 

売りたいオーラが出てしまう原因はいろいろありますが、「自分が見えていない」「自分のことしか考えていない」「自分が正しいと思っている」のように、キーポイントは「自分」にあります。

要するに、自分のために営業していると売りたいオーラが出てしまうわけ。

「でも、営業(仕事)って自分のためにするものではないんですか?」と思った方は間違いではありません。

ボランティアではありませんから自分のために働いているで正解なのですが、それがあからさまに分かるようなオーラを出すと売れないよっていう意味です。

ですから、「売りたいオーラ」ではなく、「誠実そうなオーラ」とか「自信がありそうなオーラ」を出すように心がけてみてください!

契約が欲しければ、売れる空気を作れ!

売れない営業マンが分かっていないことのひとつに「売れる空気感」というものがあります。

先ほどの売りたいオーラが売れないのは、人間は自分で決めたいと思っているので、他人から押し付けられるような感じが不快だからです。

では、全く売る気がないような商談が良いかと言えば、そんなこともありません。

例えば、仲のいい友人に何かを勧めたときに、あっさりと断られてしまったことはありませんか?

「一所懸命に売ろうとしなくても買ってくれるだろう!」と思っているのは自分だけで、友人の方は何の緊張感もなければ簡単に断れてしまうというわけです。

ですから、売れる空気というのはある程度の緊張感がある空気だと覚えておいてください!

商談前の雑談で「お客さまとの距離が縮まれば縮まるほど良い!」と思っている営業マンは要注意!

ある程度打ち解ける必要はありますが、緊張感を失うほど打ち解けたら契約にはなりませんので。

まとめ

「営業は空気ビジネスだ!」

私が若い頃、リスペクトしている先輩営業マンが言っていた言葉なんですが、「本当にその通りだよな」と、強く共感したことを今でもハッキリ覚えています。

身だしなみなどの目に見える部分を改善するのも良いですが、自分のオーラや商談の空気などの目に見えない部分にも気を使ってみてください。

もう一段上のレベルの営業マンになれますよ!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!