「お客さまの考えていることが分からない」「お客さまの立場になって考えるのが難しい」と思ったことはありませんか?

お客さまは営業マンに本音を言うとは限りませんし、毎日売る側の立場で仕事をしているうちに営業マンはお客さまの気持ちになれなくなってしまうので無理はありません。

そこで、WEBサイトを使って簡単にお客さまの考えていることを丸裸にする方法をお教えします!

少し前までは、いろいろなお客さまと商談する中でお客さまの考えていることを学ぶしかありませんでした。

しかし、インターネットで検索して調べるのが当たり前の現在では、そのキーワードを調べることでお客さまの本音(考えていること)を丸裸にすることができます。

この記事では、「何故、検索キーワードからお客さまの考えていることが分かるのか」、そして検索キーワードを調べるのに便利な「ラッコキーワード」というサイトの使い方、そのサイトを使ってお客さまの考えていることを丸裸にする方法(具体的な手順)を解説しますね!

スポンサーリンク

検索キーワードからお客さまの考えが把握できる理由

検索キーワードは「お客さまの考えていること」をそのまま反映します。

理解しやすいように、あなたがウォーターサーバーを検討しているとしましょう。

さて、あなたは一番最初に何をしますか?

これは、あなたに限ったことではありませんが、スマホやPCでググるなどインターネット検索するはずです。

もちろん、たまたま家電量販店で見て興味を持ったとか、ウォーターサーバーを勧める営業電話を受けたというケースもあると思いますが、何も考えずに飛びつくような人以外は、以下のように考えるのでググると思います。

 

  • このウォーターサーバーって評判はどうなんだろう?
  • 他にもっと良いウォーターサーバーがあるかもしれないな
  • ウォーターサーバーの相場って?
  • 最安値のウォーターサーバーはどれかな?
  • ウォーターサーバーを勧めてきた会社ってどんな会社なんだろう?
  • ウォーターサーバーを使うと、どんなメリットがあるの?

 

また、インターネット検索するのは購入前や契約前だけとは限りません

何故なら、「営業マンから勧められて契約したけど、本当に良かったんだろうか…」のように不安になり、「〇〇 口コミ」「〇〇 評判」「〇〇 5ch」のように検索するからです。

そして、ここがポイントなのですが、お客さまは営業マンは「売るのが仕事」だと分かっていますので、目の前の営業マンに聞くよりもインターネットの情報の方が客観的な判断材料になると思っています!

だから、「検索キーワード=お客さまが本当に考えていること(本音)」というわけ。

そして、その検索キーワードを簡単に調べることができる便利なサイトがあるのでご紹介します!

ラッコキーワードの使い方

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))-min

 

 

ラッコキーワードは検索キーワードを簡単に調べることができる超便利サイトです。

未登録でも使えますが1日の検索回数の制限があるので、画面右上の新規登録から無料登録して検索回数無制限で使いましょう!

 

リンクラッコキーワードにはここからアクセスできます → ラッコキーワード

 

ラッコキーワードのサイトの無料頭登録をしたら、試しに画面の検索BOXに「ウォーターサーバー」と打ち込んで検索してみてください!

 

ラッコキーワード 検索結果画面

 

 

ラッコキーワードは誰でも直感的に使うことができるサイトですが、念のため「ウォーターサーバー」で検索した結果のスクリーンショットを使って簡単に解説します!

① サイトの切り替えボタン

ラッコキーワードで検索すると、自動的にGoogleのサジェスト結果が表示されます。(③の赤枠内のワードのこと)

ちなみに、サジェストワードとは「よく検索されているキーワード」のことす。(下図参照)

Googleのサジェスト

【画像】Google

 

 

そして、ラッコキーワードが便利なのは、Google以外の以下のサイトのサジェストワードを①のところのボタンをクリックすることで簡単に表示させられることです。

 

  1. Google
  2. Bing
  3. YouTube
  4. Google動画
  5. Amazon
  6. 楽天
  7. Googleショッピング
  8. Google画像
  9. マルチサジェスト

 

② サジェストワード一覧

上記のGoogleでググった際に表示されているサジェストワードは10個ですが、ラッコキーワードを使うと761個も表示されていますよね。

最も重要なサジェストワードは左上のブロックに表示され、それ以外はあいうえお順やアルファベット順に表示されます。

キーワードにもよりますが、かなりの数のサジェストワードが表示されますので、お客さまの考えていることを深堀することができますよ!

③ Q&Aを見る

画面左側の③のQ&Aを見るをクリックすると、Yahoo!!知恵袋と教えて!Gooの2つのQ&Aサイトのウォーターサーバーに関して質問されているページへのリンクが表示されます。

Q&Aサイトはお客さまの疑問や抱えている不安などを知るのに便利ですので、ここも上手に活用してください!

ラッコキーワードのサジェストの具体的な活用手順

ラッコキーワードの使い方が分かったところで、ここからはサジェストワードを使ってお客さまの考えていることを丸裸にする手順を解説します!

全キーワードをコピーする(重複なし)

「ウォーターサーバー」のGoogleサジェストキーワード-ラッコキーワード-min

【画像】Google

 

 

サジェストワードの検索結果が一覧表示されているページの右上にある「全キーワードコピー(重複除去)をクリックします。

キーワードをエクセルファイルにコピペする

サジェストワード一覧を張り付けたエクセルファイル

 

エクセルで新規のブックを開き、左上のA1のセルが指定されている状態でペーストしてください。(上図)

サジェストワードの並び替え

まずはこれを見てください!

サジェストワードをCtrlt+Fで検索

サジェストワードをペーストしたエクセルファイルを上から二番目の「ウォーターサーバー 安い」で検索(Ctrl+F)すると、「ウォーターサーバー 安い」の二語が含まれた複合キーワードが5個もありました。

似たようなキーワードがバラバラになっている状態ではデータとして使いづらいので並べ替えましょう!

エクセルファイルのサジェストワードを並べ替える

並べ替えの手順は、Aの列を指定し、並べ替えとフィルターをクリックすると表示される昇順をクリックします!

並べ替えたサジェストワード

そうすると、このように同じ単語が使われたサジェストワードがまとまって表示されますので、どんなサジェストワードがあるか見やすくなります。

サジェストワードからお客さまの考えていることを把握する

あとは、サジェストワードを見てお客さまの考えていることを把握するだけです。

例えば「4畳 ウォーターサーバー」というキーワードからは、「4畳にウォーターサーバーを置いたらどうなんだろう?(狭いかな?)」「4畳の部屋における大きさのウォーターサーバーはあるのかな?」のようなお客さまの考えが分かりますし、「ウォーターサーバー ミルク」というキーワードからは「赤ちゃんのミルクを作るときにウォーターサーバーが使えるのかな?(使えたら便利そう)」というようなお母さんのニーズが分かります。

「え!?お客さまってこんなこと考えてるの?(気にしてるの?」と思うようなサジェストが見つかることもありますよ!

無料登録すれば1日の使用制限がなくなりますので、ラッコキーワードを使ってお客さまの考えていることを調べてみてください。

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事