クレーム客と無縁の営業マンになる方法

世の中には、一定の確率でクレーマーが存在し、1度はクレーマー客で困ったことや悩まされたことってあるのではないでしょうか。

クレーム対応は大変ですし、メンタルを削られるのでクレーマーには関わりたくないですよね。

そこで、何十年も営業の現場にいながらクレーマー客に関わったことが少なかった私が、クレーマー客に関わらない営業マンになるための方法を伝授します!

スポンサーリンク

営業マンはお客さまを選ぶべし!

「営業マンたるもの契約率100%を目指せ!」と思っているかもしれませんし、売れない営業マンは喉から手が出るほど契約が欲しいので、「契約してくれるのであれば、どんなお客さまでもありがたい」と思っているかもしれません。

しかし、こういう考え方がクレーマーを呼び寄せる大きな原因になっています。

この記事の冒頭に書きましたが、残念ながら世の中にはクレーマーが一定の確率で存在しますので、自己防衛しなければクレーマー客と関わる日が必ずやってきます。

ですから、お会いする全てのお客さまと契約する必要はない、営業マンにはお客さまを選ぶ権利があると心得てください!

参考までに、ベンツのディラーよりもスーパーマーケットの方がクレーム客は多いですし、社長よりも社員の方がクレーマーは多いです。

ですから、単価の安い商品やサービスを扱っている営業マン、社長や役員ではなく担当者と商談している営業マンは気をつけるようにしてください。

出来ないことは出来ないとハッキリ言え!

「これを出来ないと言ったら契約にならないだろうな・・・」と商談で思ったことってありますよね。

そして、契約が欲しいがために有耶無耶にして契約してしまった経験のある営業マンの方もいるはずです。

ただ、これは本当に最悪です。
「話が違うじゃないか!」と揉める爆弾を抱え続けることになりますよ。

クレーマーには、もともとクレーマー体質で、文句ばっかり言っているタイプと、何かをきっかけにクレーマーになるタイプの2種類がいるのですが、出来ないことを「出来ない」とハッキリさせないと、後者のタイプまでクレーマー化させてしまうことになってしまいます。

ですから、出来ないことは「出来ません」というようにしましょう!

ただ、安心してください。
意外と、そういう営業マンは信用されるものです。

無理難題を押し付けてくるお客さまは相手にするな!

ただ、「出来ません」と言っているのに、「何で出来ないんだ!」「おかしくない?」と迫ってくるお客さまも存在しますよね。

あとは、信じられないくらいの値引きを要求してくるようなお客さま。

こういうお客さまは、100%自分が正しいと思っていますし、自分のことしか考えていませんので、関わるとろくなことはありません。

ですから、「あ、この人ヤバそうだな・・・」と思ったら、商談などは早々に切り上げて関わらないようにしましょう!

クレーマーと同じ土俵に乗るな!

「相手にするなって言っても、クレーマーに絡まれると簡単には逃げられません」と思っている方にいい方法をお教えします。

それは、「大変申し訳ございません」とだけ言って黙っておくことです。

悪いことをしていないのに謝罪することに理不尽を感じるかもしれませんが、同じ土俵で言い争いをすれば火に油を注ぐことになり、どんどん面倒くさいことになりますよ。

よほどの異常者出ない限り、人間の怒りなんて15分も続きませんからやり過ごしましょう(笑)

そして、いいお客様に時間を使ってください。

お客さまを教育せよ!

お客さまを教育すると言っても、どうしようもないクレーマーを教育せよということではありません。

教育する必要があるのは、「話せばわかるクレーマー」だけです。

例えば、以前営業マンに騙されたことがあるお客さまは、営業マンに対してクレームのひとつも言ってやりたいと思っているかもしれませんし、それは当たり前の感情ですよね。

そういうお客さまは、営業マンの対応(教育)次第で何とでもなるものです。

 

私が営業マンとして心がけていることのひとつに、「クリーンな契約を取る!」というものがあります。

「嘘をついたり、オーバートークを使わない」というのもクリーンな契約の条件のひとつですが、「クレームが発生しないように(商談の中で)お客さまを教育する」というのもクリーンな契約の大切な条件のひとつです。

そうやって心がけているからこそ、何十年も営業の現場にいるにも関わらず、ほとんど大きなクレームなしに営業活動をやってこれました。

是非、あなたも心がけてみてください!
つまらないクレームに悩まされる機会が減るはずです。

まとめ

クレーマー客と無縁の営業マンになるための方法をお送りしました。

最後にもう一つだけ。

類は友を呼ぶという言葉がありますが、自分がクレーマー体質だと、クレーマー客を呼び寄せてしまいます。

あんまりスピリチュアルなことは言いたくありませんが、波長ってあるんでしょうね。

ですから、自分がクレーマー体質だと自覚がある方は、一日も早く治すことをおすすめすます!

スポンサーリンク

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事