人気記事

紙の領収書不要

2019年12月6日の日経の記事にこんなものがありました!

政府・与党はクレジットカードや電子マネーなど現金を使わないキャッシュレス決済による経費精算で一定の条件を満たせば、税務申告に必要な領収書を紙で保存しなくても良いことにする方針だ。支払日や決済額を示すデータを領収書と同じように扱えるようにする。働く人の事務作業を大きく軽減できる。2020年4月からの実施を目指す。

出典:キャッシュレス決済の経費精算、紙の領収書は保存不要  :日本経済新聞

 

「既に電子データでの保存OKじゃないですか?」と思いましたか?

しかし、それとは全く比較にならないくらいのインパクトのある税制改正案なんですよ。

今の世の中動きから考えると、将来は税理士は必要なくなるかもしれません。

今日はそんなお話です!

これまでの領収書の電子データ保存とは

実は、1998年に施工された電子帳簿保存法によって、紙での保存を義務付けられていた領収書が電子データで保存できるようになっていたのはご存知ですか?

しかし、電子化できる領収書の金額が3万円以下、更に電子データと併せて原則7年の原本保存が必要だったので電子データ化による保存は普及しませんでした。

納税者の帳簿関係の負担を軽減するためにしては中途半端ですからね。

原本保存が必要であれば、データ化するためのスキャンという手間が増えるだけなので、わざわざ雑務を増やすだけでした。(本当にわけわからん)

その後、税制改正の規制緩和が繰り返しおこなわれました。

 

  • 3万円という上限撤廃。全ての領収書の電子化が可能(2015年の改正)
  • スマホやデジカメで撮影した領収書やレシートの電子保存が可能に(2017年の改正)
  • 原則7年の原本保存も撤廃(2017年の改正)

※ 但し、電子証明書の付与が必要

2020年4月からの実施を目指す税制改正は税理士の需要を激減させる!?

しかし、2020年からの実施を目指す税制改正案が実現ときのインパクトはこんなものではありません。

何故なら、税理士の需要を激減させる可能性があるからです。

 

freeeやマネーフォワードなどのクラウド会計サービスを使っている方は実感していると思いますが、めちゃくちゃ便利じゃないですか。

法人口座や法人用のクレジットカードを登録すれば、全ての決済が自動的に登録されるので帳簿をつける手間がありません。

ただ、現状では2つ問題があります。

 

  1. 領収書を電子データにする手間がある
  2. 全決済をクレジットカードにするのは難しい

 

ところが、2020年4月からの実施を目指す税制改正が実現すれば、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済による経費精算の場合は税務申告に必要な領収書を紙で保存しなくても良いことになるわけです。(くだらない一定の条件がつかなければいいですが・・・)

これにより、現金決済をしなければ、領収書にかかっていた手間がゼロになります。

問題は、日本は現金大好き人間(支払う側)が多いという点、クレジットカードやキャッシュレス決裁を導入するには対応しているレジの購入費用や決済手数料がかかる(お店側)という点です。

ただ、外国人観光客の増加や東京五輪へ向けての取り組み、消費増税のキャッシュバックなどの影響で、クレジットカードや電子マネー決済をする人が増えましたし、それにより対応するお店も増えました。

今後は、ほとんどの買い物がクレジットカードや電子マネーで出来るようになるでしょう。

経費の全てをクレジットカードや電子マネー決裁にできるようになれば、クラウド会計サービスを使うことでほぼ手間なく普段の帳簿つけから確定申告や決算までできるようになります。

そうなったら、わざわざ高い顧問料や決算料を支払って税理士を雇おうと思うでしょうか・・・

おっと、経理担当者の方の需要も減って、人員削減などに繋がるかもしれませんね。

営業マンのみなさん!今から備えましょう!!

クレジットカードや電子マネー決裁は誤魔化すことができませんし、お金の流れをチェックするために領収書や帳簿を照らし合わせる必要がないのは税務署側にとってもメリットなので、ほぼ確実に2020年4月の税制改正は実現するでしょう。

ですから、今どき紙の帳簿に紙の領収書を貼り付けて、電卓叩いてなんてやっている方は、そろそろクラウド会計を導入しましょう!

もちろん、月額費用はかかりますが、それによって経理業務負担が劇的に軽減されますので使わない手はありません。

特に、個人事業主の方などは、税理士費用の節約にもなりますので安いものです。

freeeの公式ページはこちら

マネーフォワードの公式サイトはこちら

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしていますのでフォローをお忘れなく!

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード

この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!