本音をズバッと言う営業マンが売れる理由

お客さまにペコペコして常に遠慮がち・・・
それが原因でメンタルが疲弊していませんか?

もし、思い当たるのであれば、今すぐ本音をズバッと言う営業マンになることをおすすめします。

「お客さまから嫌われないかな?」とか「売れなくなったら困る・・・」のような心配は必要ありません。

何故なら、本音全開の営業マンの方が売れるからです!

その理由についてお教えしますね。

スポンサーリンク

みんなと同じことをしていたら売れません

結論から言います!

営業マンとして成功したければ、周りのみんなと同じことをしていては駄目。
世の中に存在する営業マンたちと自分を差別化する必要がある!!!

でも、即イケメンになることはできませんし、もともと大人しい性格の人がイケイケの営業マンになるのも難しいですよね。

冗談です。
そうなる必要はありません(笑

では、どうやって差別化するかですが「礼儀礼節をしっかりする」「ビシッとした身だしなみをする」などは、やっている営業マンも多いので決定的な差別化にはなりません。

そこでおすすめしたいのが、本音をズバッと言う営業マンになるという方法です。

本音を言う営業マンをおすすめする理由

本音を言う営業マンをおすすめする理由は、ペコペコしたり弱腰だったりと、営業マンの多くがお客さまに対して必要もない気を使っているからです。

よく言うじゃないですか。
成功したければ人とは違う道を行けって。

だから、周りがペコペコ営業マンだらけだったら、自分は本音をズバッと言う営業マンになればいいというわけです。

 

では、ここで質問です。
商談相手から以下のように言われたら何と答えますか?

 
テレアポ相手の社長
これって営業でしょ?
 
商談相手の奥さん
今日、決めなくてもいいんですよね?
 

例えば、テレアポ相手の社長から「営業なの?」と聞かれたときに、「いや、これはですね・・・」とか「営業といえば営業なのですが・・・」 のように対応していませんか?

社長の言う通り「営業」が目的で電話をしてるのに、切られること恐れてはっきり営業と言わないことに何の効果もありません。

ですから、「はい、営業です!」と言いましょう。

 

BtoCの商談の際に、アプローチの段階で「今日、契約しなくてもいいですよね?」と奥さんから質問されたらどう答えますか?

「もちろん、今日決めなくてかまいません」のようなことを言っていませんか?

でも、それを言うのは即決できる確率を自ら下げているようなものですし、商談の冒頭で主導権を相手の奥さんに渡してしまうことになります。

ですから、「話を聞いて必要ないと思われたら断わって頂いて構いません。ただ、『いいな~』と思ったら決めてください!」と言いましょう。

 

「そんなことを言えない・・・」と思ったあなた!

もちろん、これが原因でアポにならない・商談ができなくなることがないとは言いませんが、意外とそうはなりません。

また、このように本音を言ってアポや商談が壊れるような人を相手にするのは時間の無駄。

本音をぶつけると相手にニーズがあるかどうかを見極めることができるのでおすすめです。

 

あと、本音を言う営業マンは、お客さまから「自信がある営業マンだな」と認識されるというのもおすすめする理由です。

「会社の資本金が●●円です!」「大手企業の●●さんも導入しています!」のような情報も大切ですが、お客さまが契約するかどうかの最後の決め手は「営業マンの自信(様子)」だったりするもの。

少しは本音を言う営業マンになろうと思いましたか?(笑

まとめ

私が20年以上営業の現場の最前線で売り続けてきました。

もちろん、たまにスランプになることはありましたが、年収●千万円を稼ぎ続けられたのは本音全開の営業マンだったからです。

決して褒められたことではありませんが、ときには本音をぶつけすぎて商談相手と言い合いになってしまったこともありました・・・

でも、売りたいがためにお客さまのご機嫌をとるような営業マンにだけはなりたくなかったんですよね。

その信念が長年売れる営業マンで居続ける原動力になっていたという確信があります!

あとは、あなたの選択次第です。

ただ、「お客さまに気を使いすぎることに疲れ切っている」とか「ペコペコ頭を下げても数字になっていない」というのであれば、この先同じことをしていても変わりませんので、勇気を持って本音をズバッと言える営業マンになってみてはいかがでしょうか。

この記事が「役に立った」と思った方は「いいね」を

 

「新しい記事が更新されたら読みたい」と思った方はフォローを

 

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事