【良記事紹介】ハライチ岩井が語る「今時、同窓会に参加する人」の正体(日経ビジネス)

日経ビジネスの記事で良記事を見つけたのでご紹介します!

【参考】ハライチ岩井が語る「今時、同窓会に参加する人」の正体:日経ビジネス電子版

前半が「同窓会」、後半は「飲み会」に対するハライチ岩井さんの意見がインタビュー形式で書かれている記事なのですが、当ブログの読者の方には是非読んでもらいたい!

ちなみに、私も同じような考え方なので、同窓会についてハライチ岩井さんの意見を引用しながら個人的見解を述べさせて頂きます。

スポンサーリンク

同窓会の99%がくだらないと思う理由

私はこれまで同窓会というものに1度たりとも参加したことがありません。

理由は簡単で同窓会なんてくだらないとしか思っていないからです。

その理由は以下の通り。

 
  • 会いたいと思う人がいない
  • くだらないマウンティング合戦
  • 傷の舐め合い・慰め合い
  • 寂しい人間のあつまり
  • 同じ思い出ばなしの無限ループ
  • 不倫の温床
  • 病気自慢などのネガティブな話
 

紹介した記事内でハライチの岩井さんもこう言っています。

毎回同じことの繰り返しになる。

出典:ハライチ岩井が語る「今時、同窓会に参加する人」の正体:日経ビジネス電子版

「同窓会=仲がよくなかったやつにわざわざ会いに行く場所」

出典:ハライチ岩井が語る「今時、同窓会に参加する人」の正体:日経ビジネス電子版

本当に今の人生に満足している人は、同窓会なんて行かない。

出典:ハライチ岩井が語る「今時、同窓会に参加する人」の正体 (2ページ目):日経ビジネス電子版

 

私は第二次ベビーブームの真っ只中に生まれた世代なので1クラスが40人くらいでした。

ただ、ほとんどのクラスメイトの名前は覚えていませんし、顔も思い出せる人なんて数えるほどです。

ハライチの岩井さんも言っていましたが、本当に仲が良い友人とは同窓会以外で会いますので、記憶の片隅にもない人にわざわざ時間を作って会いに行くことになるわけです。

そして、もし同窓会に参加したら言われることは分かっています。

「白井はクラス委員とか生徒会とか頑張ってたよな~!」
「お前は昔からしっかりしてたよな!」

自分がクラス委員や生徒会をやりたくないから、「誰もやらないならしょうがないからやるよ」という私にやらせておいたような連中にこんなことを言われたら不愉快でしょうがありません。

私は本音全開のタイプなので、下手をすれば喧嘩になる(笑
だから行きません。

これくらいならマシですが、先程書いたように「出世自慢のようなマウンティング合戦」「人生うまく行ってない同士の傷の舐め合い」「不健康自慢」などのネガティブ要素が同窓会には満載です。

あと、「昔は良かったなぁ~」という寂しい人間のたまり場に興味はありません。

だから、私は今後も同窓会に行くことは絶対にないでしょう。

ずっと会っていない友人に会いたくない理由

そうそう、前に当ブログに書きましたが、中学生の同級生に近所のスーパーで30年ぶりに会って声をかけられ「携帯番号を教えてくれ」と言われたんです。

卒業以来一度も連絡を取り合ったことがないので「何で?」と思いましたが、面と向かって「教えたくない」というのも気まずいので教えたら・・・

数日後に金の無心で電話してきましたよ。

その他にも、久々に会ったらネットワークビジネスの勧誘だったなんてこともありました。

そいつとは昔仲が良かったのでショックでしたね。

別にお金がないことやネットワークビジネスをやることが悪いとは思いません。

ただ、「久々にあった同級生に会う本題がそれかよ!」って思っちゃうんです。

長年生きているとこういうことが何度もあるので、ずっと会っていない友人と会ってもろくなことがないという結論に至りました。

まとめ

日本人って嫉妬の民族なので、「あいつは俺より稼いでいる」とか「俺はあいつにくらべると惨めな人生だよな・・・」みたいなくだらない考えで頭がいっぱいの人が多すぎますよね。

だから、同窓会もつまらなくなっちゃうんですよ。

ですから、貴重な人生の時間と貴重なお金を使って同窓会になんとなく参加している方!

無理して参加する必要はないと思いますよ!!

この記事が「役に立った」と思った方は「いいね」を

 

「新しい記事が更新されたら読みたい」と思った方はフォローを

 

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事