売れる営業マンは自分との約束を守れる人

「どうしたら売れる営業マンになれるかな・・・?」と思っている方にいい方法をお教えします!

それは、自分との約束を守れる人間になるということ!

約束には「他人との約束」と「自分との約束」の2種類がありますが、後者の方が圧倒的に守るのが難しく、それが出来るかどうかが売れる営業マンになれるかどうかの鍵を握っているんですよ。

どういうことか、私の過去の経験などを事例にあげて解説しますね!

スポンサーリンク

自分との約束を守るは難しい

他人との約束を守るのは簡単です。
約束を破れば他人からの信用を失うというリスクがあり「やらざるを得ない」からです。

一方、自分との約束を守るのは本当に難しい。

例えば、「毎日5時に起きて、出勤前にランニングする!」とか「知識や教養を身につけるために週に1冊本を読む」という自分との約束は、守らなくても誰かに迷惑をかけるわけではありません。

ですから、「今日はいっか・・・」と簡単に約束を破ることができてしまうからです。

そうそう、何故ライザップなどのパーソナルトレーニングが流行っているかを考えればよくわかりますよね。

一般的にパーソナルトレーニングに通う人は、高額の料金を支払える稼いでいる人や、健康意識や美意識の高い人ですが、そういう人でさえ自分一人ではトレーニングが続かないから他人であるトレーナーをつけるわけです。

それほど、人間には管理されないと出来ない怠け心があるんですね。

私が飛び込み営業の訪販時代に自分とした約束

私の営業マン人生のスタートは飛び込み営業の訪問販売だったのですが、そのときに以下の2つの約束を自分としました。

 
  1. 1件契約が取れるまでトイレ以外の休憩を取らない
  2. 現地を回るときは常に駆け足
 

営業未経験だったので、単純に数をこなすことで結果を出そうと考えたからです。

ただ、簡単ではありませんでしたよ。

「日中は在宅率悪いから回っても無駄だよ!」という先輩社員のアドバイスを無視したので、「感じ悪い」とか「生意気」と思われたんでしょうね。

何かと嫌がらせをされたり無視されたりしました。

しかも、実際に一般家庭を回ってみれば分かるのですが、日中の在宅率は本当に悪く先輩社員の言うことも一理ある(笑

だから、何時間も現地を駆けずり回っても1件も契約が取れない日は、肉体的にも精神的にもキツかったですね。

でも、自分との約束は守り続けました。

理由は、たった1回でも約束を破ったら、売れない先輩社員のように夕方まで営業車で昼寝をしたり、ゲームセンターやカフェなどで時間を潰す駄目営業マンに成り下がると分かっていたからです。

自分との約束を守ると自己肯定感のアップに繋がる

約束を破る他人を信用することはできませんよね。

実はそれと同じで、自分との約束を守らないと自分を信用できないんです。

じゃあ、どうすればいいか。

答えは簡単でちょっと頑張ればできそうな小さな約束を自分としてください。

 

但し、自分との約束をするのは「今」です。

「じゃあ、自分にできそうな約束を考えてみよう!」
「小さな約束が思いついたら始めよう!」

こういう人って、気がついたら1ヶ月経っても何も自分と約束していないみたいなことになりますからね。

 

小さな約束を守れたら、その自分を思いっきり認めてあげてください。
これが自己肯定感を生むことになりますので。

そして、少しずつレベルの高い約束をしていきましょう!

そうやって自分との約束を守ることで、自己肯定感を育てください。

 

私が過去に見てきた売れる営業マンは例外なく自己肯定感が高かったです。

ですから、自分との約束を守り続けるのは、売れる営業マンになれる可能性を高めてくれるのでおすすめします!

この記事が「役に立った」と思った方は「いいね」を

 

「新しい記事が更新されたら読みたい」と思った方はフォローを

 

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事