お客さまの3大褒めポイント!

お客さまの警戒心を解いたり、距離を縮めるために有効な方法に「褒める」があります。

ただ、どこを褒めたらいいか分からないという方も多いと思いますので、鉄板の3つの褒めポイントと褒め方を伝授しますね!

スポンサーリンク

お客さまの若さを褒める

お客さま自身を褒めるときに、一番妥当なのが「若さを褒める」です。

例えば、訪販の商談相手である奥さんに対して、「きれいですね〜」とか「スタイル抜群ですね〜」みたいな褒め方をすると、「下心でもあるのかしら…」と嫌感を持たれてしまうかもしれません。

また、「女優の●●さんに似てますね〜」も危険です。

何故なら、その奥さんがその女優さんのことを嫌いな可能性がゼロではないからなんですよ。

その点、「お若いですね〜」であれば、ほとんどの方が素直に喜んでもらえます。

そうそう、「何才に見えますか?」と聞かれたときは、30代の方であれば20代、40代の方であれば30代のように「1世代前」にしておくといいですよ。

流石に50代の方に「25才ですか?」と言ったらわざとらしいですから(笑

※ 相手によっては、そういう冗談で笑いを取るという方法もありです

玄関にあるものを褒める

関は家族以外の多くの訪問者に見られる場所ですので、見栄えの良いものを置いておいたり、綺麗に片付けている奥さんって多いんですね。

ですから、絵や置物、写真などがあったら「素敵な絵画ですね!」とか「良い写真ですね!」とストレートに褒めましょう。

更に、「この絵って有名な作品なんですか?」のように質問することで、その後の世間話ネタにできるので一石二鳥です。

あと、褒めるものがない場合は「綺麗にされてますね!」のように片付いていることを褒めましょう。

家事をしてもご主人から褒められる機会がない奥さんは多いので、これも喜んでもらえますよ!

子供やペットを褒める

最後の褒めポイントは、子供やペットです。

訪問先のご家庭で子供やペットがいたら絶対にスルーしてはいけません。

「可愛いお子さんですね!」「ワンちゃん、めっちゃ可愛い!!」と思いっきり褒めましょう。

私は長年訪販の営業マンをしていましたが、子供やペットを褒めて喜ばなかった奥さんは1人もいませんでした。

100%喜んでもらえる褒めポイントですから大チャンス到来です。

あと、子供や動物が好きな人に悪い人はいないという価値観は誰もが持っていますので、お客さまの警戒心を解くという意味でも効果的です!

まとめ

3大ポイントを再度まとめておきます!

 
  • 若さを褒める
  • 玄関や玄関先にあるものを褒める
  • 子供やペットを褒める
 

基本中の基本なのですが、お客さまを全然褒めないサービス精神の欠片もない営業マンって本当に多いですからね。

突然訪問してきた「招かれざる客」 の訪問を許してくれたわけですから、訪販の営業マンがそのお客さまを褒めるのは礼儀みたいなものです!

積極的に褒める癖をつけるようにしましょう!!

この記事が「役に立った」と思った方は「いいね」を

 

「新しい記事が更新されたら読みたい」と思った方はフォローを

 

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事