外回りの営業マンは全職業中No1に健康的な仕事説

「外回りの営業マン」と聞くと「大変そう」「いつまでも続けられなそう」というイメージを持っていませんか?

そこで今日は、営業の仕事のメリットとして、外回りの業マン全職業中No1に健康的な仕事説を提唱したいと思います(笑

スポンサーリンク

1日80000歩が健康長寿の黄金率

外回りの営業マン(車を使っている営業マン以外)は毎日歩くわけですが、その歩くことが具体的にどれだけ健康に良いかを知らない方は多いのではないでしょうか。

東京都健康長寿医療センター研究所老化制御研究チーム副部長の青栁幸利氏の「加速度センサーのデータ収集や定期的な問診(5000人を対象)を50年間続けた中之条研究」で、1日8000歩(うち20分の速歩き)があらゆる病気を予防するという結果が出ているようです。


 

また、歩数と速歩きの時間によって、予防できる病気や病態もいろいろあり、歩くことがいかに健康に良いかがわかると思います。

1日8000歩の計測方法と目安

「でも、1日8000歩(うち20分の速歩き)って、そのくらいの時間がかかるの?」とか「そもそも自分が1日にどれだけ歩いているかわからない」という営業マンも多いと思います。

そこで、歩数の計測方法と、1日8000歩の目安について、私がやっている方法をお教えしますね!

歩数の計測の仕方

まず、歩数の計測方法ですが、iPhoneユーザーの方であればヘルスケアというアプリが便利です。

iPhoneアプリ ヘルスケア アイコン

上図のアイコンがヘルスケアなので、タップして起動します。

そうすると、ブラウズという画面が開きます。

iPhoneアプリ ヘルスケア (1)

いろいろな項目がありますが、今回の目的は歩数を計測ですので、一番上のアクティビティをタップします。

iPhoneアプリ ヘルスケア (5)

そうすると、今日の現時点でのウォーキング+ランニング距離、歩数、上がった階数などのデータが表示されます。

更に1週間の歩数の推移を棒グラフで表示させたり

iPhoneアプリ ヘルスケア (4)

1日ごとに何時に何歩歩いたかを表示させることも可能です。

ヘルスケアで歩数のデータをとるのには簡単な設定が必要ですので、以下を参考にしてください。

【参考】iPhone や iPod touch でヘルスケア App を使う - Apple サポート

1日8000歩(うち20分の速歩き)の目安

さて、計測の仕方は分かりましたが、1日中スマホの画面を見ながら仕事をするわけにもいかないですよね。

ですので、1日8000歩の目安を知っておきましょう。

 
  • 時間:96分くらい
  • 距離:6~8km
 

歩く早さや歩幅などの個人差があるので、時間も距離もピッタリ何分・何kmとはいきませんので、上記の96分前後、6~8kmを目安と覚えておくといいでしょう!

ちなみに、20分の速歩きですが、外回りの営業マンの多くは仕事中は早歩きする傾向があるので、特に気にしなくても大丈夫だと思います。

歩数が足りない営業マンへのアドバイス

1時間半くらいであれば、外回りの移動中に歩く営業マンが多いと思いますが、車営業の方などは「おいおい、全然8000歩なんていかないぞ・・・」と思っているかもしてません。

そういう歩数が足りない営業マンは、以下のような工夫をすることで足りない歩数を簡単に補うことができます。

 
  • 通勤時の自転車を徒歩に変える
  • 一駅前で降りて自宅まで歩く
  • エスカレータの使用をやめて階段を使う
 

特に、エスカレーターをやめれば、歩数を稼げるだけでなく、筋肉に負荷がかかりますので一石二鳥です。

お金を払ってスポーツジムに行かなくても、ちょっとした工夫で健康維持ができるなんて最高ですね!

まとめ

「一日中足を棒にして外回りなんて最悪だ」と考えれば辛くなりますが、「仕事をしながら運動できるなんて、営業って最高!」と考えれば外回りの仕事を楽しめます。

それに、歩くことは肉体的な健康だけでなく、精神的にもいい影響がありますし。

あと、私は何か考え事をするときによく歩きます。

血流がよくなるからかもしれませんが、いいアイデアが突然出てくることが多いんですよ。

ただ、あんまり考え事に集中しすぎると交通事故に巻き込まれる危険性がありますので、十分に気をつける必要はあるんですけどね。

私も、現場の営業マンを卒業してから歩数が減ってしまったので、意識して歩こうと思っています。

この記事が「役に立った」と思った方は「いいね」を

 

「新しい記事が更新されたら読みたい」と思った方はフォローを

 

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事