向き不向きを考える人は営業に向いていない

「自分は営業マンに向いているのかな…」のように、向き不向きを考える人は営業マンには向いていません。

本当によく質問されますが、私の本音は「知らんがな!」です(笑

向き不向きを考えることがどれだけ意味のないことかについてお話しますね。

スポンサーリンク

営業マンに向いているタイプが売れると思っていませんか?

以下のようなタイプの人を「営業に向いている」と思っている方って多いですよね。

 
  • コミュ力お化け
  • 図々しく踏み込める人
  • イケイケの肉食タイプ
  • ポジティブシンキングで鋼のメンタルの持ち主
 

たしかに、コミュ障よりはコミュニケーション能力に長けている方がいいですし、引っ込み思案の草食くんよりはイケイケの肉食系の方がいいとは思います。

ただ、長年営業の世界に身を置いて、数え切れないほどのセールスマンを見てきた経験から確信を持って言えるのは、一般的に営業マンに向いているタイプの人が営業マンとして成功しているわけではないんですよね。

原因はハッキリしていて、営業マンに向いている要素を持っている人って努力しないんですよ。

もともと持っているモノに甘えちゃうんです。

何の努力もなく安定した数字を上げ続けられるほど営業の世界は甘くはないので、そういうタイプは遅かれ早かれ落ちていきますね。

向き不向きではなく、やるかやらないかだけ

全てにおいて考えることが悪いとは言いませんが、向き不向きを考えるのは時間の無駄ですし、そういう人からは成功は遠のきます。

だって、預言者でもない限り「向いているか向いていないか」なんて分かりませんからね。

営業で失敗したところで死ぬわけではないですから「取り敢えずやってみよう!」が正解ですし、そう思えないなら営業だけが仕事じゃないんですからやらなきゃいいだけ。

あと、既に営業マンやってるのに向き不向きを考えてる人に対しては「随分余裕あるな〜」って思います(笑

私がプレイヤーだったときは、目標達成のために数字を追いかけ続けるのに必至で、そんなつまらないことを考えている暇なんてなかったですから。

まずは、全力でやってみる。

それでも駄目だったときに、「営業マンに向いていなかった」と初めてわかるものだと思いませんか?

まとめ

「でも、私は見切り発車で動くような無謀なことはしたくありません」

こんな考えの方に言いたいことがあります。

「向き不向きを考える」のは、考えているのではなく自分にブレーキをかけているだけだと。

そして、ブレーキを踏むことで安心しているのかもしれませんが、絶対に取り戻せない時間という財産を刻々と失っている状態だと。

それでも、向き不向きを考えたいのであれば勝手に考え続けてください。

ただ、そういうタイプは間違いなく営業には向いていないとハッキリ言っておきます。

この記事が「役に立った」と思った方は「いいね」を

 

「新しい記事が更新されたら読みたい」と思った方はフォローを

 

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事