この記事を書いている人

 

営業コンサルタント白井が執筆しています。

 

「どんな人が書いた記事なの?」と思った方は、私の実績を掲載したページに年収の証拠画像がありますので参考にどうぞ

 

ブログ運営者「営業コンサルタント白井」の実績

コンビニや外食などを利用する外回りの営業マンにとって、今回の8%から10%への消費増税の財布への影響は無視できません。

今後、消費税は段階的に引き上げられると言われていますし、「キャッシュレス決済ってわからないわ~」とか「調べるのが面倒くさい」とか言っている場合ではないですよ。

そこで、軽減税率ポイント還元について最低限知っておくべきことをまとめました。

レジでの面倒くさい小銭のやりとりもなくなりますし、キャッシュレス決済デビューしましょう!


軽減税率が営業マンに与える影響

今回の消費増税のポイントのひとつに軽減税率があります。

酒類、外食、医薬品、ケータリング・出張料理等を除く飲料食品、定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞が8%据え置きの軽減税率対象ですので、外食の機会が多い営業マンは10%の消費税を支払う機会が多くなってしまうというわけです。

もちろん、テイクアウトすれば外食扱いにならないという抜け道もありますが、スマホやPCの充電、ちょっとした雑務をしたくて外食をするという事情もあるじゃないですか。

これは笑い話みたいな話ですが、500円のコンビニ弁当を8%の税率で購入し、スマホの充電も兼ねてイートインコーナーで食事をしていたら、「お客さまはイートインコーナーをご利用で外食扱いになりますので2%分の10円追加でお支払いください!」みたいなことが起こりえるんです(笑

ポイント還元を利用すれば全て解決

さて、ここからが本題ですが、そもそも今回の消費増税は軽減税率対象にならない商品も沢山ありますので、出来るだけ外食しなければいいという問題でもありません。

一生懸命テイクアウトしたところで、消費税率10%の商品を購入せずに生活はできませんから、これまでよりも2%多く消費税を支払う機会は沢山あるわけです。

更に、今後も段階的に消費税は引き上げられる噂もありますし・・・

ですから、「無駄遣いが増えそう」「現金主義だから」「キャッシュレス決済てよく分からない」などと言っていないで、これを機会にキャッシュレス決済会社のポイント還元キャンペーンに乗っかっちゃいましょう!

ちょっと、これを見てください。

消費増税後ポイント還元5%のキャッシュバックの例

ポイント還元5%のキャッシュレス決済サービスキャンペーンを利用した場合、消費増税前より消費増税後の方が実質負担が少なくなるわけです。

今回の消費増税は、昨今の外国人観光客によるインバウンド消費が好調な上に東京五輪が控えているタイミングということもあり、未だに現金払いが多い日本において一気にキャッシュレス決済を推進するという国策でもあります。

ですから、そこに目をつけた多くのキャッシュレス決済企業がユーザー獲得のために大盤振る舞いのポイント還元をしているというわけです。

この波に乗らずに、現金払いを貫く意味はありません。

おすすめのポイント還元アプリとクレジットカード

では、数多くあるポイント還元アプリとクレジットカードの中から、どのキャッスレス決済サービスを使えばいいのでしょうか。

選ぶ際に気をつけたい点をまとめておきます。

 
  • 還元率の高さ
  • セキュリティー
  • ポイント還元対象店舗の多さ
  • 取得ポイントの使い勝手の良さ
 

ポイント還元率1%よりも5%のキャッシュレス決済サービスの方がいいに決まっています。

しかし、記憶に新しいセブン・ペイのようにセキュリティーに問題があったり、そもそもポイント還元対象店が少なかったり、取得したポイントの使い勝手が悪いようでは意味がありません。

その点を考慮して考えると、楽天ペイアプリと楽天カードの組み合わせが最もおすすめです。(アプリとカードを紐付けることでポイント還元率が上がる)

 
現在、楽天ペイでは5%還元キャンペーン中ですので、使わない手はありません。
また、楽天カードは新規発行ユーザーに対して5000ポイントを付与されるなどの特典もあるのでお得です。
※ 時期によって新規クレジットカード発行ユーザーへの付与ポイントは変わりますし、キャンペーンが終了している可能性もありますので、必ずご自身で確認してください。
それ以外にも、楽天ペイを使うメリットは沢山ありますよ!
楽天ペイを使うメリット
    • 財布が必要ない
    • クレジットカードよりも決済が早い(バーコードをピッとしてもらうだけ)
    • 使える店舗数が多い(3大コンビニを始めとしたチェーン店)
    • 5000以上の提携オンラインサイトで使える(ラクマ・無印良品・TOHOシネマズ etc)
    • 2016年10月27日サービス開始で運営期間が長い
    • 運営会社楽天は銀行や証券サービスも展開しているのでセキュリティーも安心
もちろん、楽天ペイよりもポイント還元率が高いキャンペーンをキャッシュレス決済サービスが期間限定でやる場合もあるので、そのときはそっちに便乗すればOK
但し、乱立するキャッシュレス決済サービスをいろいろ利用すると混乱しますので、上記のような場合を除いては楽天ペイと楽天カードの組み合わせに統一しておくといいでしょう。

最後に

こういう話をすると、必ずと行っていいほど以下のような人が出てきます。

 
  • 別に数%のポイントなんてどうでもいい
  • 現金じゃないと無駄使いしそう
 

実は、私も以前は現金派でポイントなど気にしないタイプでした。

ただ、クレジットカードや電子マネーを使うようになってからは、そのお得さと便利さに感動したんですよね。

今では現金しか使えないお店の場合を除いて全て電子マネーやクレジットカード決済にしているのですが、楽天ポイントがザクザクたまるので「もっと早くやっとけばよかった」と本気で思います。

一銭を笑う者は一銭に泣くということわざがありますが、1ポイントを笑うものは消費増税に泣くですよ。

あと、現金払いじゃないと無駄遣いするという人は多いですが、私は現金払いをやめたら無駄使いが減りました。

というのは、資産管理アプリのマネーフォワードと銀行口座やクレジットカードと紐付けたことで、自分で家計簿をつけなくても1円単位で資産が把握できるようになったので、収支にシビアになったからです。

もっと言えば、suicaなどの交通系電子マネーを使っていない人って本当に少ないですよね。

今更、いちいち財布から小銭を出して切符買う気になれますか?

現金払いに拘ってる人って、駅の券売機で切符買うようなことをしているということに気がついたほうがいいです。

便利でポイント還元もあるのに現金払いを貫く必要性はゼロだと思いませんか?

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事