この記事を書いている人

 

営業コンサルタント白井が執筆しています。

 

「どんな人が書いた記事なの?」と思った方は、私の実績を掲載したページに年収の証拠画像がありますので参考にどうぞ

 

ブログ運営者「営業コンサルタント白井」の実績

強烈な個性や癖のあるタイプがトップ営業マンになる理由

あなたの周りのトップ営業マンって個性的だったり癖のあるタイプではないですか?

少なくても私が見てきたトップ営業マン達は一癖も二癖もあるタイプでした(笑

営業マンは全ての人から好かれる必要があるというのが一般的な考え方ですが、だからといって個性を消す必要なんてありません!

「そうなの?」と思った営業マンの方は、続きをどうぞ。

スポンサーリンク

いい人は当たり障りがない人

「いい人だから、私以外にもっと相応しいがいますよ・・・」

角が立たないように距離を縮めてくる異性に対して使う常套句ですが、このいい人ってなんですか?

「いい人って言うなら、付き合ってよ・・・」

このように思ったこととがある方って沢山いるんじゃないかな。
ちなみに、私はあります(笑

要するに「いい人=当たり障りがない人」でしかないんですよ。
もっと言えば「どうでもいい人」

考えてみてください。

営業マンは世間の嫌われ者なんですよ。
(特にBtoCの場合)

ですから、いい人は契約を取るのが難しいんです。

恋愛で「第1印象は良くなかったけど、話してみたらいい人だった」というケースがありますが、まさに営業はそのような状況を作り上げないといい話になりません。

「しつこい」「話が長い」「怪しい」「強引なんじゃないか」というイメージの営業マンをいい人カテゴリーに分類しているがいると思いますか?

いませんよ(爆笑

ですから、自分の個性を発揮していください。

いい人はどうでもいい人以上にはなれませんが、個性的な人はその個性が好きな相性のいいタイプのお客さまにはめっちゃ気に入られるからです!

いい人は相手の心を揺さぶることができない

営業マンが契約をもらうためには、お客さまの心を揺さぶる必要があります。

ただ、「嫌われものになるのを怖がるいい人」は相手の顔色ばかり伺って話しますからね。

その話を聞いたお客さまが「わくわく」することもなければ、「え!?どうしたらいいの?」と恐怖を感じることもありません。

小中学校の朝礼で、「校長先生の話つまらない・長い」と思ったことありませんか?

あれは、聖職者とも言われている先生は生徒の前で常にいい人でいることを心がけているので、話が常識的な内容に終始するからです。

お客さまと意見が対立したことが1度もないような営業マンが大成することはありません。

別に「お客さまと喧嘩しろ!」とは言いませんが、明らかにお客さまが間違っているときに指摘しないようでは話になりません。

強烈な個性や癖のあるタイプは自己肯定感が強い

営業マンには強靭なメンタルが必要ですが、いい人ってメンタルがフニャフニャなんですよね。

豆腐みたいなメンタルでは長年営業マンを続けられませんし、トップ営業マンになれるわけがありません。

ですから、メンタルが弱いくらいなら、少々個性的だったり癖があるくらいの方が全然いいんですよ。

個性や癖を直さない・貫き通す人って、「自分は正しい」「こんな自分が好き」って思う自己肯定感強めな人種ですので、少々の困難には負けません。(頑固で扱いづらいという一面もありますが・・・)

そもそも仕事は自分の個性を押し殺してまでする必要ってあるんでしょうか。

そんなんだから、通勤電車って朝から死んだ魚のような目をしたビジネスマンだらけなんですよ。

営業の世界は売れれば正解です。

自分の個性を活かして契約を取る方法を考えましょう!

まとめ

勘違いしないで欲しいのは、個性や癖がOKだからって何でもありではないということです。

例えば、ロン毛で金髪、無精髭でピアスみたいなのは、ビジネスの世界において個性や癖というより「マナー違反」ですからね。

そういう個性を発揮したいなら、ビジネスマンを辞めるかプライベートにしましょう。

ただ、自分の性格的な部分を捻じ曲げてまで個性や癖を押し殺す必要はありません!

トップ営業マンは、自分の個性や癖を上手に利用して数字を作っているという事実を知ってください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事