営業マンが短期間で富裕層になれる理由

学歴も資格も何の取り柄もない人間が短期間で富裕層になるのに、最も手っ取り早いのが営業マンだと断言します!

営業対して「多忙で心身ともに削られて消耗する仕事」という考えは今すぐ捨てましょう。

営業マンが短期間で富裕層になれる理由をシャアしますので、是非読んでみてください!

スポンサーリンク

営業マンが短期間で富裕層になれる理由

営業マンが短期間で富裕層を狙える理由は、営業には以下の5つの要素があるからです。

 
    1. 多くの人との出会いがある
    2. 質のいい情報が得られる
    3. 歩合給や成功報酬で収入にレバレッジが効く
    4. 時間を確保が可能
    5. ゼロからイチを生み出す力がつく
 

「はい!これが結論なので終わり~!!」と言いたいところですが、これだけだとピンとこない方も多いと思いますので解説します。

1 多くの人との出会いがある

営業マンほど多くの方と出会う仕事はありませんよね。

大抵の場合、チャンスは人が運んできますので、人との出会いが多いのは成功するチャンスにも恵まれるということになります。

商談で契約を取れば報酬になって返ってくる仕事を通して、多くの方々と出会える営業マンって最高じゃないですか(笑

あと、大切にしたいのが社内の人との出会いです。

営業マンをやるような人は向上心や野心が強いタイプが多いので、自分でビジネスを始めたりするんですよね。

ですから、あなたが人間関係を大切にしておけば、そういうときにお声がかかるかもしれません。

事実、私も1度目の起業に参画したときは、もともと営業会社で親しくしていた仲間が「面白いビジネスを始めるから!」と熱心に誘ってくれたことがきっかけでした。

結局、いろいろあって4年半で辞めることになりましたが、7000万円を稼ぐことができました。

営業マンをやっていなかったら、このチャンスはなかったと思います。

2 質のいい情報が得られる

1つ目の「多くの人との出会いがある」にも関連しますが、営業マンは現場の最前線の仕事ですので「質のいい情報に触れることができる」という特権があります。

但し、自分の商品を売ることだけで一杯一杯だったり、視野が狭い営業マンは質のいい情報に触れてもそれがダイヤの原石だと気がつくことができません。

ですから、「儲かるネタはないかな?」と常にアンテナを張っておくのが大切です。

 

ちょっとお恥ずかしいのですが、私の失敗談を具体例としてあげますね。

先程、4年半で7000万円稼いだと言いましたが、そのときって野田政権下で日経平均株価が70000円という時代だったんでしょ。

もう、わかりますよね。

そのときに、自己資金の半分でも株に突っ込んでいたら、今頃リタイヤして南の島にでも移住していたかもしれません(笑

実際、私の周りの人間から「それだけ資金があるなら株買っときなよ!」と勧められましたが、その当時の私は投資に対して興味がゼロだったので、大きなチャンスをみすみす逃してしまったというわけです。

3 歩合給や成功報酬で収入にレバレッジが効く

営業職の魅力のひとつに「収入にレバレッジが効く」というのがありますが、それが大きなチャンスだと本当の意味で気がついていますか?

富裕層になるためには、「投資をする」「ビジネスオーナーになる」などの方法がありますが、収入にレベレッジが効く営業マンであれば短期間でまとまった資金を作ることができるからです!

コツコツ働いて定年退職の頃にまとまった資金が出来たとしても、思い切ったことはできません。

体力もモチベーションも低くなっていますし、失敗したときのリカバリーが絶望的に難しいですからね。

そう考えると、20代・30代でまとまった資金を作り、いくらでもやり直しができる若いときにチャレンジが出来る営業マンは富裕層になれるチャンスがあると言えます!

4 時間の確保が可能

富裕層になるには「多くの情報を得る」「色々と考える」など時間が必要ですが、営業マンは自分次第でいくらでも時間が確保できるというメリットがあります!

確かに営業マンは忙しいですが、移動時間や待機時間などが他の仕事に比べて多いので、そういう「細切れの時間」を有効活用すれば多くの時間を作りだすことができます。

オフィスワークの人が業務時間中に株の本を読んでいたら叱られますが、営業マンは電車移動の時間を株の勉強に当てたところで誰からも咎められません。

これは本当に大きなメリットです。

5 ゼロからイチを生み出す力がつく

富裕層になる方法として「ビジネスオーナーになる」という方法がありますが、その際に最も重要な力が「ゼロからイチを生み出す力」です!

まさしく営業力そのものですよね!

そのゼロイチ力を収入を得ながら学べる営業の仕事って、なんて素晴らしいんでしょうか(笑

まとめ

「このまま営業マンやってていいんだろうか・・・」という方には、「営業の仕事の不安定さが心配」というタイプと「営業マンで終わりたくない」というタイプがいます。

安定を求めたい方は、公務員にでも転職してください。
それ以外に安定なんてありませんから。

ただ、「俺にはもっと可能性がある!」とか「いずれはビジネスオーナーになりたい!」とか「富裕層になりたい!」という向上心や野心がある方は、まずは営業を極めることを強くおすすめします!

営業にはそれだけの魅力と可能性がありますよ。

この記事が「役に立った」と思った方は「いいね」を

 

「新しい記事が更新されたら読みたい」と思った方はフォローを

 

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事