人気記事
一度断られてからの営業方法【否決案件の追いかけ方】

否決案件を捨てていませんか?

全く見込みがないのに追いかけ続けるのは無駄ですが、一定の確率で否決案件から契約が生まれることがありますので無条件に捨てるのも考えものですよね・・・

 

営業マンの悩みや疑問・質問に答える「営業Q&A」

今回は一度断られてからの営業方法に関する質問に解答しますので、みなさんも是非参考にしてください!

※ 以下のお問い合わせのページや記事下のコメント欄から質問を頂ければ、営業.biz運営者が必ず回答致します。

スポンサーリンク

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしています!

 

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード

今回の質問

以下のような質問がきました。 まずは、内容をご紹介します。

 

Cさんからの質問

お客様に営業をして、一度断られてからの営業方法に悩んでおり、白井様のブログを見つけました。

白井様のブログには、今は断られても将来需要が生まれるかもしれないと判断した会社は追いかける価値があり、可能性がゼロにならない限り、電話やFAX、メールなどで定期的にコンタクトを取ると記載されてありました。

この場合、一歩間違えると「しつこいな。また電話してきたのか」と思われる可能性がありますが、具体的にはどのようなトークがベストでしょうか。

またどのくらいの頻度でコンタクトを取るのがよろしいでしょうか。

また私は、お断りされたお客様にメルマガなどでお役立ち情報を送り、「こちらのことを忘れないようにしていただく」ということも考えておりますが、この効果について白井様はどう思われますか。

これは必要なく、電話やFAX、メールなどで定期的にコンタクトを取るだけで充分でしょうか。

よろしくお願いいたします。

質問に対する回答

Cさん、はじめまして!
当ブログの運営者の白井です。

本名でメールを頂きましたが、個人情報ですので「Cさん」と呼ばせて頂きますね。

さて、一度断られた相手の中から契約が生まれるようにするためには、コンタクトの方法や具体的なトークだけでなく「考え方」も重要になります。

Cさんが扱っている商材が何か分からないので一般的な解答になりますが、回答内容を参考にCさんなりの否決案件の追いかけ方を確立してください!

回答部分は有料記事です

この部分は有料記事です。

内容が気になる方はnoteで記事を購読してください!

https://note.com/salesbiz/n/ne26aedfe04b3

あなたも質問してみませんか?

「私も相談したことがある!」「営業の仕事で悩んでます…」

こんな方は、遠慮なく以下のページからご質問くださいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング
No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル
No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!