ピックアップ記事

アルバイト店員の動画テロ防止アイデア

すき家、くら寿司、ビッグエコーなどの大手飲食チェーン店を中心に、アルバイト店員による動画テロが次々に起きていますよね。

ちょっとスルーできないというか、言いたいことがあるので、動画テロについて取り上げてみます。

動画テロの原因と防止策について、個人的見解を述べますね!

スポンサーリンク

アルバイト店員による動画テロの責任を企業側にばかり問うのはおかしい

アルバイト店員の度が過ぎる悪ふざけ動画に対して、どちらかというと企業側の責任を問う意見が多いです。


企業側に責任がないとは言いません。

しかし、何の研修もないままアルバイト店員を現場に送り出す企業は無いでしょうし、「厨房へのスマホの持ち込み禁止」や「SNSでの動画投稿の禁止」などの一筆を取っているはずです。

まるで企業だけが悪者のように言う人には、「じゃあ、あんたは動画テロをなくせるのかよ?」と問いたいです。

チェーン店のアルバイト店員による動画テロが起きる原因

ブラック体質や低賃金が動画テロの原因だという意見も多いですが、アルバイトですから嫌なら辞めるのは難しくありませんし、本当に企業に復讐をするのであれば、動画テロ以外にも方法はいくらでもあるわけです。

ですから、「こんなことをすればどうなるか?」ということを全く考えず、悪ふざけやSNSで炎上することで注目を集め承認欲求を満たしたいという「浅はかで民度の低い若者のやらかし」でしかありません。

突き詰めると「親のしつけの問題」です。

その証拠に、アルバイト店員の全員がテロ動画をSNSにアップするわけではなく、真面目に働いているアルバイトも沢山いますよね。

「ダメなことは駄目!」と厳しくしつけられない、「子供に嫌われたくない」を最優先している甘々な親が動画テロをするような若い世代を育成したんです。

これを抜きにして他の原因を探るのはナンセンス。

もちろん、「若者特有の悪ふざけ」「SNSで注目を集めたい(承認欲求を満たしたい)」というアルバイト店員本人の問題や、「管理不足」「やり甲斐を感じないオペレーション化されている単純作業」などもテロ動画の原因になっているとは思います。

動画テロが起きないようにする方法

さて、ここからは動画テロが起きないようにする方法について考えてみたことを書きます。

動画テロを起こされたチェーン店企業は、アルバイト店員を解雇すると共に「厳罰に処す」という方向になっていいますが、これが根本的な解決になるとはありません。

バレないようにSNSに動画をアップしなくなれば、今度は厨房内で何が起こっているかを把握することが困難になり、それこそ食中毒などの取り返しのつなかい事件が起こってしまう可能性があります。

厨房内に監視カメラを設置するという方法もありますが、最初からカメラがついているのではなく、後から設置されたとなると雇われている側は気持ちのいいものではなくモチベーションの低下に繋がります。(それでも設置するべきだとはおもいますが)

また、監視カメラには死角があるという問題もありますからね。

 

そんなことを考えると、飲食店の動画テロを限りなくなくす方法としては、オープンキッチン化がいい方法だと考えます。

店舗の中央に、出来るだけ死角を無くしたオープンキッチンを設置することで、店員は客を客は店員を監視するような状況を作りだします。(動画テロは店員だけではなく、お客もやるので)

実際、店舗の中央にキッチンがあり、店員が何をしているか丸見え状態の丸亀製麺のようなチェーン店もあります。

また、アルバイト店員は客から注目を浴びることで承認欲求が満たされる効果もあるでしょう。

コールドストーンという店員が歌を歌うことで有名なアイスクリーム屋がありますが、回転寿司であれば解体ショーをするとか、早業で捌くところをお客さまに見せるようなパフォーマンスを行えば、携わるアルバイト店員はお客さまが目の前で喜ぶことでやり甲斐を感じるはずです。

時給を上げる必要がないとは言いませんが、アルバイトの仕事であっても「何かしらのやり甲斐」をもたせるような取り組みをしなければ、根本的な解決にはなりません。

まとめ

大手チェーン店のアルバイトによる動画テロを無くすアイデアについて書きました。

ただ、既存点を回収してオープンキッチン化するとなると、とんでもないコストがかかることも事実なので簡単なことではありません・・・

あと、セブンイレブンのようなコンビニの場合はどうすればいいのかが思いつきませんでした。

アイデアが浮かんだら書こうと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事