お金

 

「お金が全てじゃない」という価値観の営業マンにい言いたいことがあります!

「綺麗事言ってないで売ってこい!」

何故、このように言いたいかについてお話します。


スポンサーリンク

稼いだことがないのにお金だけじゃないと判るわけがない

バブル時代は「いい車に乗って、いい家に住んで…」みたいなわかりやすい物欲やお金への執着を持っている人が多かった気がします。

しかし、最近は「別に車なんて無くても困らない」「お金も生活できるだけあればいい」のような考えの人達の割合が増えていますよね。

ずっと不景気が続いていたことによる世の中の流れでしょうか?
それとも、価値観の多様化でしょうか?

欲がないというのは悪いことではありませんので、それはそれで否定するつもりはありません。

しかし、その一方で「本当に本心なのか?」と思うことがあるのも本音です。

 

稼いだことが無いのにお金が全てじゃないと何故解るのでしょうか?

 

「お金で手に入らないものはない」みたいなことを言うと、「拝金主義者!」と叩かれてしまいそうですが、手に入るものが増えることは事実ですからね。

愛する子供が難病になって「最新治療には2000万円のお金が必要だ」となったとき、お金があれば最新治療を受けさせられますが、無ければ最新治療の可能性を知りながらチャレンジすら出来ないじゃないですか。

 

こんなことを言うと、「そういう極端な話を例に出すな」と言われそうなので身近な例も挙げますね。

 

「私は、お客様のことを第一に考えている営業マンです」

素晴らしい!
本当に素晴らしい!!
但し、それが本当であればですが。

保険のセールスマンにしても、自動車販売の営業マンにしても、担当ってコロコロ変わりますよね。

「お客様第一主義」をかっこ良く掲げていた営業マンが、数字を上げることができず稼げなくなると挨拶も無しにやめて行くじゃないですか!

「私が担当者です!何かあれば遠慮なくご連絡ください」

契約の時は調子よくこう言っていたのに、久々に連絡したら既に担当者は退職していた。

笑い話のようですが、現実の社会で当たり前のように起きています。

もし、本当にお金ではなく顧客第一主義であれば、「昼間の仕事とは別にもうひとつ仕事かアルバイトをしてでも、お客さまのために仕事を続ければいいじゃないか」と思いますが、そういう人ってなかなかいませんね。

結局、ほとんどの人がお金が原因で消えていきます。

それに、月収100万円稼げるようになった営業マンが「私は営業をやっているのはお金が目的ではありません。稼げない営業マン達に分けてあげてください」なんて言っていたり、半分の50万円をユニセフに寄付しているのも見たことがありません。

綺麗事を言う人間ほど、結局は金なんですよ。

まとめ

キリが無いのでこの辺にしておきますが、私が言いたいのは「自分を守るために綺麗事を言うな」ということです。

全員が全員そうだとは言いませんが、「お金だけが全てじゃない」という人は「稼げない自分」や「稼ぐ為に努力をしたくない自分」を肯定する為に綺麗事を言っているという場合が本当に多い。

自分がしっかり稼いで生活が安定していないのに、お客様の為に頑張り続けることなんて出来るはずないですからね。

よく考えもぜず綺麗事を並べるようなビジネスマンにだけにはならないでください。

かっこわるいですから!

他の営業の心得の記事もどうぞ

営業ビズには、営業の心得に関する記事が沢山あります。

売れる営業マンになるために営業テクニックは必要ですが、営業マンとしての心構えも大切ですので他の記事も参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事