おすすめ記事

PREP法で商談に説得力を!

PREP法を用いれば営業の説得力が増します。

説得力に自信がない、話を上手に組み立てが苦手な営業マンのために、PREP法の使い方や例文をあげて分かりやすく解説しますね!

スポンサーリンク

PREP法とは

PREP法はビジネスシーンで簡潔で説得力のある文章を作成する文章構成方法で、PREPは以下の4つの単語の頭文字をとっています。
PREPの意味
    • P:POINT(結論)
    • R:REASON(理由)
    • E:EXAMPLE(事例、具体例)
    • P:POINT(再度結論)
「結論から言え!」と言われたこと・聞いたことはあると思いますが、あれはまさにPREP法の最初にPOINT(結論)を持ってくる手法のことなんです。

しかし、せっかく結論から言っても、その後の話の組み立てが悪ければ説得力のある営業にはなりません。

商談でPREP法を使うと効果的な理由

PREP法の具体的な使い方や例の前に、商談でPREP法を使うと効果的な理由について抑えておきましょう。

ポイントは商談とは何かを考えることです。

商談とは取引に関する話し合いであり、互いにメリットを得るために利害関係を一致させるのが目的です。

友人同士や恋人同士のような「ただ楽しければいい」というようなコミュニケーションとは全く違うので、話し合いの中で利害関係を一致させて契約と言うゴールにたどり着かなけれなりません。

そうなると、営業マン(売り手側)は、最低でも以下のことに気をつけながら話をする必要があるんですね。
営業マンが商談で話すときのPOINT3つ
    • 過不足なく正確に内容を伝える
    • 相手が納得できるような説得力のある話し方をする
    • 出来る限りシンプルに話す
しかし、全く意識しなくてもの上記3つのPOINTをふまえて話せるのは、一部の天才営業マンだけです。

多くの人は普段から意識して使って訓練しない限り出来ませんので、PREP法をテンプレートとして話しましょう。

そうすれば、新人営業マンだったとしても商談で上記POINT3つを満たした話し方が出来るようになるので、説得力のある商談になる効果があるのです!

PREP法の使い方と例文

ここからはPREP法の使い方と具体例をあげます。

何度も読んで頭に叩き込むだけでなく、実際の商談や社内の報・連・相談のときなどに使って、最終的には無意識でもPREP法の流れに沿って話せるようになりましょう!

使い方

PREP法の使い方は簡単です。
結論→理由→具体例・事例→再度結論という順番を守って話を展開するだけ!

しかし、控えめでシャイな国民性の日本人は、最初に結論を打ち出すような話し方をしない傾向があるので、よほど意識していなければPREP法の流れに沿った話し方は出来ません。

使い方は簡単ですが、実際にやるのは強い意識を持たないと難しいと認識してください。

例文

ここからは、更に理解を深めるために、PREP法を使った結論→理由→具体例・事例→再度結論の流れに沿った例文をご紹介します。

あなたも自分の扱っている商品やサービスに当てはめて、PREP法を使って文章を作ってみてください!

ネットビジネスで起業することの良さの例文

・POINT(結論)

起業するならネットビジネスが一番!

・REASON(理由)

理由は、他のビジネスと比較して圧倒的にコストがかからないからです。

・EXAMPLE(事例、具体例)

例えば、お店を出そうと思ったら、テナントを借りるための保証金、内装工事や商品を購入するための開業費が必要な上に、毎月家賃や水道光熱費、人件費などのランニングコストがかかります。

一方、アフィリエイトなどのネットビジネスであれば、ドメイン代とレンタルサーバー代の合わせて年間数千円しかかかりませんし、明日からでも事業をスタートさせることが可能です。

・POINT(再度結論)

ですから、ネットビジネスで起業するのが1番おすすめなんです!

 

テンプレートさえあれば、何も難しいことはありませんよね。

最終的には紙に書かなくても、頭の中で瞬時にPREP法を使って話を組み立てられるようになりましょう!

PREP法まとめ

PREP法を用いて説得力のある営業をする方法をお教えしました。

PREP法は商談全体という大きな枠組みの組み立てにも、商談の中のひとつの要素に対しても使える万能な手法です。

そんなに難しくない割に説得力が倍増しますので、この記事を何度も読み返して確実に自分のものにしてください!

スキルアップ系の他記事もどうぞ
営業ビズには営業スキルアップのコツに関する記事が沢山あります!

ひとつずつでも構いません。

常にスキルアップを図り続ければ、1年後にはライバルに大きな差をつけられますので、他の記事も参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事