営業にユーモアが必要な理由

営業マンにユーモアは必須です!

それが奥さん相手の訪販ではなく法人営業であっても例外ではありません。

そこで、営業におけるユーモアの重要性についてお話しさせて頂きます!

スポンサーリンク

ユーモアには会話のセンスが現れる

お笑いの世界には「一発芸人」という言葉があります。
大ブレークしたかと思ったらいつのまにか消えていた… みたいなあれです。

ギャグがまぐれ当たりしてブレークするということはありますが、決まりきったギャグしかない芸人の寿命って長くないですよね。

結局は、普通の会話の中でセンスを感じる面白いことが言える芸人が生き残るわけです。

 

実は、営業マンのユーモアも全く同じなんですよ!

 

威厳のある社長や仕事が出来そうな役員などを前にすると、緊張してユーモアどころじゃないという営業マンも多いかもしれませんが敢えて言います!

「大物相手のときこそユーモアが必要!」と。

誠実さや一所懸命さが必要なのは否定しません。

しかし、残念ながらそういう営業マンは掃いて捨てるほどいますので、沢山の営業マンの中の一人として埋れてしまうんですよ・・・

一方、ユーモアセンスがある営業マンは「こいつやるな〜」と思ってもらえるんです。

ユーモアって頭の良さや臨機応変さ、余裕がなければ出来ませんからね。

ユーモアを使えば踏み込むことも出来る!

会社の飲み会の席で「今日は無礼講だ!」なんて言葉を鵜呑みにして100%全開ではしゃぎまくる社員ってどれ位いるのでしょうか?

そうとう空気の読めない人でない限り「節度ある言動」をこころがけるでしょうし、上席にお酌して回るくらいのことはするのではないでしょうか?

会社員にとって、社長や役員・上司に睨まれていいことはありませんからね。

 

何故、このような例をあげたかと言うと、忘年会などの酒の席に限らず、社長や役員などの役職が上の人間になればなるほど、普段から踏み込まれることが少なるということを再認識してもらいたかったからです。

 

さて、ここからが本題ですが、社長や役員の方々は踏み込まれることが嫌いなわけでありません。

もちろん、ネガティブなこと、批判的なこと、取るに足らないことは「勘弁してほしい」というのが本音だと思いますが、「会社のためになる建設的な意見」であれば大歓迎なんです。

ですから、営業マンは商談の際にグイグイと踏み込んで行くべきなのですが、さすがに土足で踏み込むわけにはいきません。

そこで、使えるのがユーモアなんです。

こればかりはいくら説明しても伝わらないニュアンスの部分もありますので、現場で試してみる以外に上達する方法はありません。

しかし、仏頂面の営業マンにグイグイ踏み込まれるより、センスのあるユーモアを織り交ぜて踏み込んでくる営業マンの方が印象がいいのは、なんとなく分かると思います。

ちなみに、私はニッコニコの爽やかな笑顔とユーモアを使いながら、他の営業マンでは不可能な領域までググッと踏み込むことで、数多くの商談をまとめてきました。

まとめ

ユーモアセンスは一朝一夕で身につくものではありませんので、家族や友人・知人、ご近所さんと会話する際に常に心がけて磨くしかありません。

ただ、身につけると大きな武器になりますので、頑張ってみてください!

スキルアップ系の他記事もどうぞ
営業ビズには営業スキルアップのコツに関する記事が沢山あります!

ひとつずつでも構いません。

常にスキルアップを図り続ければ、1年後にはライバルに大きな差をつけられますので、他の記事も参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事