テレアポに強い人から盗め!

テレアポに強い人にはいろいろなタイプがいます。

それぞれの特徴をあげますので、自分に出来そう・合っていそうなものを取り入れる「良いところ取り」をして、あなたもテレアポに強い人になってください!

スポンサーリンク

割り切って数をこなすタイプ

テレアポに強い人の中には、「テレアポなんて確率の問題でしょ!ガンガンコールしまくればいいだけだよ!」と言わんばかりに電話をしまくるタイプがいます。

こういうタイプから学ぶことや盗むことは無いと思うかもしれませんが、テレアポで電話をかけ続けることや断られてもポジティブマインドのままでいることは、誰もが簡単に出来ることではないことを考えると見習うべきです。

同じ実力であれば、アポ取得数はコール数が多いほど取れますからね。

盗むべきポイントとしては、「どうやってポジティブマインドを保ち続けているか?」「ガンガンコールしている中で、どういった相手の場合にアポになっているか(アポになりそうだと感じるか)などになります。

押しが強いおしゃべりタイプ

グイグイ押すことや主導権を譲らず基本的に自分が話すことで、アポを取るアポインターや営業マンがいます。

テレアポを受ける側は基本的に猜疑心や警戒心を持っていることを考えれば、こういう押しが強いおしゃべりタイプから盗めることは本当に多いです。

「ガチャ切り回避のテクニック」「話を聞いてもらう態勢にするつかみ」「日時設定の仕方」などの基本的なことが出来ていなければ、押しが強いだけではアポは取れません。

ですから、自分が弱いところ(例えば日時設定が決まらない etc)などは、こういう押しが強いタイプ・おしゃべりタイプから盗むといいでしょう。

聞き上手タイプ

アポインターや営業マンの中には、相手に話させることでいつのまにかアポにしてしまうタイプがいます。

「聞き上手」と言われるのがこのタイプですね。

※ このタイプのようなテレアポをすれば「固いアポ(すっぽかしや冷やかしがない・契約になるアポ)」が取れるのですが、簡単に真似できませんので注意してください。

盗む点としては、「相手に話させるきっかけはどうしているか」「一度相手に預けた主導権をどうやって取り戻しているか」「相手が思わず話してしまう質問や相槌の相槌の打ち方」などになります。

こういう聞き上手タイプはテレアポしているときに限らず、普段のコミュニケーションでも人間心理を読み取ることに長けている人が多いので、業務外のコミュニケーションの取り方などからも盗むようにしてください!

ノリがよく仲良くなるのが上手なタイプ

「いきなり電話した相手と、何でそんなに楽しく話せるの?」
こんなアポインターや営業マンっていますよね。

タメ口で笑いながら話しているうちに、ちゃっかりアポにしてしまうのがこのタイプです。

このタイプから盗むべきところは、電話の相手との距離の縮め方です。

このタイプの人は、本来であれば言いづらい本音をズバッと言っても相手から嫌われないということを考えると、コミュニケーションの能力は聞き上手タイプよりも更に上ということになります。

ですから、「ユーモアセンス」や「憎めない愛嬌」などを盗むといいのですが、センスを盗むのは難しいので、「どういうユーモアを使っているのか」「どんな愛嬌を振りまいているのか」など、具体的なやり方を真似ることからはじめることをおすすめします!

ロジックタイプ

不確定要素多いテレアポ業務を論理的に捉え、まるでyes・noチャートを進めるがごとく電話の相手からアポを取るタイプがいます。

こういうタイプから盗むべきポイントは、ズバリ判断基準です。

何故なら、精度の高い判断基準がなければ、不確定要素が多いテレアポ業務をロジカルにすすめることは不可能だからです。

ですので、「何故、(電話の相手に)ニーズがないと判断したのか?」「日時設定出来ないと思った理由は?」などの判断基準を学ぶといいでしょう!

天才型タイプ

ガンガン押してアポを取ったかと思えば、永遠と話を聞き続けてアポにしてしまう。

こんなオールマイティーの天才型アポインターや営業マンっていますよね。

そんな「別次元」のように感じる天才型タイプに憧れるのは構いませんし、自分もそうなるべくチャレンジすることに反対はしません。

ただ、個人的には「決めゼリフ」など、天才型タイプが使っているフレーズを盗む程度がいいと思います。

やっぱり、才能ってありますからね。
才能がない人が天才型の真似するのは難しいですよ。

ただ、全部が真似できなくても、「日時設定の決めゼリフ」などのワンフレーズを盗むだけで、劇的にアポ率が高くなるようなことは珍しいことではありません。

ですから、ガチャ切り回避のフレーズ、つかみのフレーズなど、自分がうまくいかない部分は天才型タイプのフレーズを拝借してさっさとクリアーしてしまいましょう!

まとめ

テレアポに強い人の特徴と盗むべきポイントについてお送りしました。

自分で考えるのが無駄とは言いませんが、出来る人の知恵を借りたほうが10倍早く上達できます。

是非、周りにいるテレアポに強い人から盗みまくって、アポが取れるようになってください!

他のテレアポのコツに関する記事もどうぞ
当ブログには、この記事以外にもテレアポのコツについて書かれた記事が沢山あります。実際にテレアポした経験に基づいて書かれた記事ですので、どのテレアポのコツも今すぐ使えるものばかり!
この際ですので、テレアポのコツをガンガン学んでみてください。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ




良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事