心

営業で良心を失ったら終わりです。

とても大切なことですので、私の過去の経験を事例にあげて解説します!

スポンサーリンク

反響をこちらから断った理由

RRRRRRR!

「あの〜、インターネットを見て電話したのですが…」

ある日、会社に反響の電話がかかってきました。

私の会社は複数の商材やサービスを扱っており、各商材やサービズごとにWEBサイトを作っているので反響が来ます。

「お見積りとかって出して頂けるのでしょうか?」
話ぶりから相当なニーズを感じます。

しかし、電話の相手は問い合わせはしてきたものの、私の説明の半分くらいしかわかりません。

「WEBサイトにお問い合わせフォームがございますので、そちらから詳細をメールして頂けませんでしょうか?」

このように言ったのですが、WEBサイトのお問い合わせフォームからメールを送るのも大変なようです。

「今、この場で説明して頂けませんか?」

とても困っている様子だったので電話で詳しく話すことにしました。

すると、こんなことがわかったんです。

うちのサービスを使うことは悪くはありませんが、使わずにその方自身で対応することがベストだと。

営業畑をずっと歩いてきた私ですので、強烈にニーズを入れてオーダーに持って行くことは出来たかもしれません。

しかし、「この方にとって一番いいのはうちのサービスを使うことではないのでは…」と思ってしまったのです。

小一時間でしょうか。

まずは自分で対応すべき理由を解りやすく丁寧に説明したら、最初に電話をかけて来た時とは全く違う明るい声で「ありがとうございました」と安心した様子になり電話は終了しました。

良心がない営業マンにはなりたくない

さて、営業マンのあなたはこの話を聞いてどう思いましたか?

「何やってんだよ!営業マンなんだから契約とれよ!」
「偽善者ぶりやがって!」

そう思った方もいるかもしれません。

でも、これが私のポリシーなのです。

相手の為になるならどんな抵抗や反発とも戦いますが、相手の為にならないのであれば売りつけたくないんです。

昔からそんな考え方ですが、どの営業会社でもトップクラスの数字を叩いてきました。

そういうポリシーを持ち続けていたから、長い間営業の仕事を続けてこれたと思っています。

 

もうひとつ、思い出したので過去の実話をご紹介します。

昔、BtoCの個人営業をやっている時のことです。

商談も終盤。
クロージングというタイミングで奥さんが涙をポロポロと流しはじめました。

「別に脅かしたり高圧的に話したりしてないんだけどな・・・」

心の中でこのように思っていると、奥さんは次のように言いました。

「私、セールスに弱いんです。こうやって勧められるとなんでも購入しちゃうんです」

聞くところによると、訪販の営業マンからものを買ったのが原因で、ご主人と夫婦喧嘩になったことは一度や二度ではないようなんです。

家の中を見回すと、訪販会社が扱っている商品や、ネットワークビジネスでしか購入できないアイテムが沢山あったので嘘ではなさそうです。

しかし、この月は私にとって昇格査定の最終月で喉から手が出るほど契約が欲しという状況でした。

ただ、泣いている奥さんの姿を見たら、それ以上商談を続ける気持ちになれなくなってしまったんです。

結果ですか?
もちろん否決ですし、ちょうどその1本分の数字が足りなくて昇格を逃しました。

「お前の昇格がかかってるから、極上アポ回したのに外しやがって!」

上司の営業所長に報告の電話を入れたときに恐ろしい勢いで怒鳴られましたけどね(汗

けど、私は自分のポリシーを守ったことに対して、公開は少しもありませんでしたよ。

そして、翌日出社したときに、その奥さんの家に二度と電話がいかないように、名簿から消したことも覚えています。

他の営業の心得の記事もどうぞ

営業ビズには、営業の心得に関する記事が沢山あります。

売れる営業マンになるために営業テクニックは必要ですが、営業マンとしての心構えも大切ですので他の記事も参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事