テレアポで社長を電話口に引っ張り出す方法

言葉は悪いですが、テレアポで社長を引っ張り出すのは中高生でも教えれば出来るレベルの超簡単なことです。

そこで、社長に電話を取り次いでもらえない原因と、どうしたら取り次いでもらえるかについて分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

社長に電話を取り次いでもらえない原因

社長に電話を取り次いでもらえない原因の多くは、以下のどれかに当てはまります。

社長に取り次いでもらえない原因
    1. 企業規模が大きすぎる
    2. すすめている商品やサービスが社長案件ではない
    3. 正攻法のテレアポを永遠としているから

1から3について、それぞれ解説しますね!

1 企業規模が大きすぎる

一部上場企業など規模が大きい組織の場合、どんなに凄腕のアポインターや営業マンであっても絶対に社長を電話口に引っ張り出すことは出来ません。

ソフトバンクの孫社長やファーストリテイリングの柳井社長が電話に出ると思いますか?

また、大企業の場合、運良く受付を突破しても秘書という更に強いラスボスがいますからね。

受付は交せても秘書は交わせません。

これが企業規模が大きすぎると社長に取り次いでもらえない原因です。

2 すすめている商品やサービスが社長案件ではない

何でもかんでも社長にテレアポすればいい訳ではありません。

確かに最終決済は社長が全てするという会社が無いとは言いませんが、そういう組織は個人店のオーナーや零細企業のような規模が小さいところが多いです。

そういう場合、経費削減系は○○取締役、広告は○○課長のように案件ごとに社長とは別の決裁担当者がいるので、「社長をお願いします!」と言うこと自体がナンセンスです。

扱っている商品やサービスが社長案件なければ、社長が電話にでるはずがありません。

3 正攻法のテレアポを永遠としているから

最後はテクニック的な話になりますが、以下のような正攻法でテレアポをしているようでは、社長に電話を取り次いでもらえるのは稀でしょう。

正攻法のテレアポトーク例
初めてお電話します、株式会社○○の○○と申します。お忙しいところすみません。本日、○○という経費削減サービスの件でお電話させて頂いているのですが、社長さまはお手すきでしょうか?

このトークを見て「どこが悪いの?」と思うのであれば、この先どんなにテレアポを頑張っても社長に取り次いでもらえる確率は低いままでしょうね。

何の工夫もない「私は営業マンですよ!」と言わんばかりのアプローチをしていれば、テレアポで社長を電話に引っ張り出すことはできません。

社長に電話を代わってもらう方法

受付など最初に電話に出た人に社長に取り次いでもらいたいのであれば、以下の点に気をつけるべきです。

社長に電話を代わってもらうためのPOINT
    1. 企業規模を小さくする
    2. 事前にDMなどを発送して既成事実を作る
    3. 受付と戦わないで交わす

1については先ほど触れましたので、ここでは2と3について解説します!

2 事前にDMなどを発送して既成事実を作る

受付など電話に出た人が社長に取り次いでくれないのは「営業電話だから」です。そして、営業電話だとバレてしまう原因は「初めて来た電話っぽい」からなんですね。(何度も何度もテレアポして会社名などを覚えられてしまっているというケースもあります)

では、どうすれば「はじめての電話っぽさ」を無くせるかですが、「以前にご連絡したことがあります・・・」のように言ったところで効果はありません。

「性懲りもなく、またセールスの電話してくたのか!」と思われてしまいます。
それに、以前に電話したことがないのであれば嘘ですからね。

正攻法では社長を引っ張り出せないとしても、やはり嘘はいけません。

じゃあ、どうすればいいかですが、ダイレクトメールを事前に社長宛に送っておくという方法が効果的です。

何故なら、「○○社長にお送りした資料の件なのですが・・・」というアプローチができるからです。

それに本当に送っている(既成事実)ので、嘘でも何でもありませんので堂々と言えます!

封書のDMだとコストがかかりすぎるのであれば、メールDMであればコストも抑えられます。

3 受付と戦わないで交わす

「営業はお断りしていますので!」

テレアポでは受付からビシバシ断りをもらうので、ついつい熱くなって受け付けと敵対してしまう営業マンが多いのですが、これは百害あって一利なしです。

「わかりました~」と言ってサッサと電話を切れば受付も覚えていないかもしれないのに、「営業電話の何が悪いのですか?」みたいな感じで食い下がれば、「○○株式会社は要注意の営業会社だ!」って相手に強く認識させてしまうだけです。

熱くなってテレアポが取れるのであれば、そんなに簡単なことはありません。

ですから、受付を敵対視するのはやめて、どうすれば社長に取り次いでもらう協力者になってもらえるかのように考えるようにしてください!

ちなみに、法人営業で年収3000万円を自アポで稼いたことがある私の場合ですが、「いつも社長が不在ですみません。明日の午前中であればいると思うのですが・・・」と教えてくれるくらい味方につけることができるんですよ。

このようになれば、あとは社長がいるときに電話をすれば、100%取り次いでもらえます。

ガンガン社長からアポを取りたいですか?

テレアポのコツとして、「テレアポで社長を引っ張り出すなんて超簡単だよね」という内容をお送りしました。

最後に。

社長を電話口に引っ張り出しでも、「あ~、営業電話ね・・・」と切られてしまったら意味がありません。

そこで、アプローチから日時設定まで、法人相手から最も効率よくアポを取るためのマニュアルを作りました!

ブログには書けないテクニックも盛り込んでいますし、そのまま使えば(契約になる)質のいいアポが量産できます。

興味のある方は、そちらも見てみてください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事