キャリーバッグを営業の演出に使おう!

 

出張のためにキャリーバッグを使うだでは普通の営業マン。

売れる営業マンになりたければ、キャリーバッグを営業の演出に使うくらいでなければなりません。

どういうことか説明しますね!

スポンサーリンク

キャリーバッグを見た社長の一言

いつ頃からでしょうか?
ビジネスマンがキャリーバックをコロコロと持つようになったのは。

新幹線のホームなどは、キャリーバックを持ったビジネスマンだらけですよね。
私も使っていますが、一度使うと便利で手放せなくなります。

実は、私自身も最初からキャリーバッグを営業の演出に使っているわけではありませんでした。

商談で訪問した会社の社長の一言で閃いたんです。

 

私は、出張先のコインロッカーにキャリーバッグを預けて営業活動をしていました。

ところが、四国→岡山→大阪→名古屋と毎日移動する出張のときに、スケジュール的にコインロッカーにキャリーバッグを預けられない時がありました。

「ちょっとみっともないけど、持ち歩くしかないか…」

どうしようもありませんからね。
私は訪問先の会社の中までキャリーバックを持って行くことに決めました。

「お世話になります」
先方の社長に挨拶すると、開口一番に社長がこのようにおっしゃったんです。

「あれ!?出張!?」

私は、「はい!今週は四国から名古屋まで1週間の出張です。一度も出社する予定がないんですよ〜(笑」

すると社長は、「そうなんだ!忙しそうだし儲かっているんじゃないの?」

そんな感じではじまった商談はトントン拍子で即決になりました。

キャリーバッグの演出効果とは

その日の夜。

私はビジネスホテルで、今日のことがが気になってずっと考えていました。

「キャリーバックを社長室まで持って入るのは失礼かと思ったけど、全然そんなことなかったな・・・  それどころか話のネタになったし・・・」

そして、私は気がついたんです。

「そっか!下手な言葉よりキャリーバックを持っている方がリアリティーが出るんだ!」と。

 

どういうことか簡単に説明しますね。

営業マンであれば、「このサービスってどのくらいの企業が導入しているの?」のように聞かれたことありますよね。

この質問の意図は何かを考えてみましょう。

多数の会社が導入していれば「大丈夫そうだ」とい判断材料になりますし、「忙しそうな営業マン」→「会社が儲かっていそう」→「取引先として大丈夫そうだ」という安心材料になります。

そうです!

営業マンの「忙しいんですよ」という言葉より、キャリーバックを持ち歩いている営業マンの姿の方がよっぽど「忙しい」に対する説得力があるのです。

これに気がついた私は、次の商談から以下のようなアプローチトークをするようにしたんです!

「すみませ~ん!今週は一週間出張なので大きい荷物を持ってきてしまいました!」

すると、どうでしょう。
その週の出張の成約率は9割を超えたのです!

「邪魔だと思っていたキャリーバックが成約率アップに役立つなんて!」

本当に自分の常識を世間の常識と決めつけずに、疑ってみることは大切ですね。

 

※ 別記事でどんなキャリーバッグを選ぶべきかについて書いてある記事がありますので、よろしければそちらも参考にしてみてください

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事