読まれるDMはつかみがポイント

読まれるDMにしたければ、全力でつかみを考える必要があります。

では、つかむたけにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、そのヒントを差し上げます!

スポンサーリンク

つかむためにはコピーライター脳が必要

封筒の「外見」を工夫することで、決定権者である社長の手元にDMが届きました。

そして、中に入っている「手紙」によって、即ゴミ箱行きも回避できたとします。

そうすると、いよいよリーフレットやチラシとなるのですが、ここでも注意が必要です。
何の注意が必要かといえば「読んでもらうための注意」です。

「まだ気を付けなければならないのですか?」と思った方もいるかもしれませんが、結論から言えば「そうです」と言わざるを得ません。

前にも言いましたが「DMに目を通した上で必要ないと思われる」のと、「DMにろくに目を通すことなくゴミ箱に捨てられる」のは大違い。

前者であれば諦めもつきますが、後者は単なる経費の無駄使いのためにDMを発送しているようなものです。

ですから、せっかくここまで拘ったのであれば最後まで拘りましょう!

 

さて、世の中には「コピーライター」という仕事があるのはご存知ですよね。
それほど、キャッチフレーズが重要だという証拠です。

そして、コピーライティングの世界には以下のような言葉があるそうです。

以下引用

「1行目の文章は、2行目を読ませるために存在する」
「2行目の文章は、3行目を読ませるために存在する」

【出典:バカ売れタイトルが面白いほど書ける本】

なるほど!
そう思いませんか!?

これはDM(ダイレクトメール)にも当てはまるんですよね。

パッと見た瞬間に、「!」とか、「!?」と思わせることが出来れば、かなりの確率でその先を読み進めてくれるからです。

 

例えば、太陽光発電の会社のDMのキャッチフレーズで、以下のようなものはどうでしょうか。

「電気代削減ではありません。電気で稼ぐ方法を在中しました!」

こんなキャッチフレーズが書かれていればその先を読みすすめてみたいと思いませんか?

 

もうひとつ例をあげます。

例えばSEOの業者が発送するDMであれば、

「SEOは死にました」

みたいなキャッチフレーズもいいかもしれませんね!

ちょっと比べて欲しいのですが、「ペンギンアップデートやパンダアップデート、ハミングバードの影響を受けて、検索エンジンの順位が下がったり、圏外に飛ばされているサイトが激増中です」のように書いてあったとします

本当のことですし、「SEOは死にました」よりもずっと丁寧な説明ですがインパクトがありません。

これでは、「!」とか「!?」と思わせる事は出来ないのです。

まとめ

私が過去にDMのリーフレットやチラシを作成する時に一番頭を悩ませていたのが「キャッチフレーズ」でした。

キャッチフレーズが当たると、反響率が2倍3倍になることも珍しいことではありません。

そして、現場のお客様と日々対峙している営業マンこそが「いいキャッチフレーズ」を生み出すことが出来るのです。

営業は言葉を扱う仕事です。

反響が増えれば、営業マン自身の助けにもなりますので、是非、DM作成の時には積極的にアイデアを出し合うようにしてください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事