DMに入れるチラシ・リーフレット作成のコツ

数回に渡りDMについてお送りしていますが、今回は封入するチラシやリーフレット作成のコツについてお話します!


正直言えば、DM)はゴミ箱行きを逃れただけで70%は成功と言ってもいいのですが、せっかく手元に届いたのであれば反響などに繋がるようにしたいですよね。

そこで、DMの中に入れるリーフレットやチラシを作成する時のコツをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

DMに入れるリーフレットやチラシ作成のコツやポイント

絶対に100%丸投げにしない

前回の記事でも触れましたが、チラシ作成業者や社内のデザイン部門などに任せっきりにしてはいけません。

チラシ作成業者やデザイン部門の人は、その道のプロではありますが「売るプロ」ではありません。

「効果のあるDMの文面作成します」というような業者もいますが、営業マン以上に商品やサービス、現場でのお客様の反応をニュアンスも含めて知っている人はいません。

手を借りるのは構いませんが、基本的に営業マンが主導で行ってください。

ゴールを明確に設定する

「DMでお客様を落とす」こんな感じでDM作成をしていませんか?

商材やサービスのよっては良いかもしれませんが、そもそもDMで完結するものであれば営業マンが必要ありません(笑

わざわざ営業マン使って売り込むような商材やサービスの場合、DMでお客様を落とすというのは難しいと思います。

DMの目的ってそもそもなんでしょうか?

これはお分かりですよね。
お客様に「アクション」を起こしてもらうのが目的です。

もう一度言いますが、お客様にアクションを起こしてもらうのが目的であって「契約」してもらうのが目的ではないということに気をつけてください。

ゴールの種類も明確に設定しよう

お客様にアクションを起こしてもらうと言っても、いろいろなパターンがあります。

単純に「電話での反響」なのか「メールの問い合わせ」か。それとも「WEBサイトへの誘導」や「資料や小冊子の請求」もしくは「メールマガジンへの登録」なのか。

当然、最終的なゴールによってリーフレットやチラシの内容が変わってきます。

常識に囚われないで、トライアンドエラーで検証する

「リーフレットやチラシは綺麗なものがいい」と思っていませんか?

それは、汚いよりは綺麗な方がいいかと思いますが、こんな事例もあります。

私の知り合いの営業マンは、DMを送る際にカラー印刷のものは入れないそうです。

「一般家庭にカラープリンターがある時代にモノクロのDMってどうなんだろう…」と思ったのですが、これがカラーの時より反響がいいと言うんですよ。

「カラフルなものはチラシっぽいでしょ?だから、モノクロにしたんだよ。そうすればパッと見は資料に見えるかと思ってね」

「なるほどなぁ〜」って、感心しました。

 

また、「読まなくても一目見て内容がわかった方がいい」というのもよく聞きますよね。

しかし、文字数が多いリーフレットやチラシの方が反響が多かった事例も沢山あります。

 

また、「価格を載せるべきかどうか」というのもあります。

価格を載せなければ、「いくらなの?」という反響が来ますが、価格が折り合わなければあっという間に終了。

価格を乗せると反響数は減る可能性がありますが、前者よりはニーズのあるお客様からの問い合わせが増えるでしょう。

あなたは、DMのプロではありませんよね。

ですから、トライアンドエラーを繰り返し、その中から一番いい方法を確立してください。

つかみを大切にする

誰でもそうですが、全く興味のわかない本を読むのは苦痛でしかないと思います。

では、本屋で本を購入する時に、最初から最後まで読んで購入する人っているでしょうか?

いませんよね。

一説によると、本が売れるか売れないかは「タイトル」にかかっているそうです。

タイトルを見て、「これは自分に関係がない本だ」と思ったら手に取られることはないわけです。

ですから、パッと見た瞬間に読んでみようと思わせる事をまず考えましょう。

まとめ

私もDMを初めて作ることになった時は何が正解なのか解らず手探り状態でした。

しかし、知恵熱が出るほど考え抜き、実践しては失敗を繰り返し、検証して改善して…

こんな感じでやっているうちに反響率が上がったものです。

 

営業マンというのは相手の心を掴むプロです。
ですから、反響率のいいDMをあなたでも絶対に作れます!
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事