茶封筒でDMを送ってみた

常識を疑うことで想像もしていないような結果が出ることがあり、これはDMも例外ではありません。

実は、茶封筒でDMを送付したことがあるのですが・・・

茶封筒DMの成果についてお話します!

スポンサーリンク

開封率を下げるために茶封筒でDMを送った理由

過去に私はDM(ダイレクトメール)の封筒を茶封筒にして送ったことがあります。
狙いは開封率を下げること!

こんなことを言うと「おいおい、DMのセオリーを知らないのかよ!?」なんて声が聞こえてきそうですが、あなたはどう思いますか?

ビジネスで大切なことは常識を疑うことです。

もちろん、結果の出ている方法やトップセールスマンの手法は取り入れる必要がありますが、「もっと良いやり方はないのだろうか…?」と常に考える必要もありますからね。

前回もお話ししましたが、今回お伝えしているDM戦略は「会社の代表者(社長)」にDMを見てもらうことが目的としています。

ですから、社長に見てもらう確率を上げるための方法を考える必要があります。

要は、社長以外の人が封書を開封して「DMか!」とゴミ箱に捨ててしまうことを避けたいわけです。

茶封筒でDMらしさを消す

DMについてどこまで戦略的に考えていますか?

例えば、クーポンサイトへの掲載や求人広告のように、「月に○○円までならOK」と現場の決済で導入できるサービスや商品の場合、わざわざ本社や社長宛にDMを送る必要はないですよね。

このように送り先ひとつとっても、会社に送るのかそれとも店舗に送るのかなどを考えなくてはいけません。

さて、話を本題に戻しますが、DMは判を押したように「A4の会社名の入った封書」ですよね。

これでは中身を見なくても「どうせDMだろ・・・」とバレバレですよね。

更には、宛名を住所が印刷されたシールにしたり料金別納郵便で送ったりしますよね。

これでは「これはDMですよ!」と封筒に書いてあるようなものです。

私はこの常識を疑いました。
「DMって認識されるからゴミ箱行きになるんじゃないか?」と。

そこで、思い切った戦略に出ます。
DMの封筒を茶封筒にしたのです!

茶封筒のDMは非常識か?

「非常識だ!」「会社の信用に関わる」なんて思った方もいると思いますので、これについて少しお話しさせてください。

まず、会社宛に茶封筒で郵送物が来ることは本当にないでしょうか?

例えば、年配の先生がやっている税理士事務所などは茶封筒で書類を送ったりしていますよね。

実際に営業で訪問した先の社長のデスクの上に茶封筒が置かれているのをなんどもみたことがあります。

また、こんなこともありました。

「公共料金の請求書かな…?」と思いながら封書を開封したらGoogleからのDMだったのです!

その封筒は、皆さんもよく目にする水道料金や電気料金の請求書が入っているような封筒だったので、私は中を確認せずにはいられませんでした。

でも、私には「失礼だな」という感情は全くなく、「さすがGoogle!やることが違うな!」と感心した記憶しかありません。

ですから、私はDMの反響を増やす戦略のひとつとして、茶封筒で送ってみることを提案しました。

会社中で大反対の嵐でしたよ。
私自信もドキドキしていた記憶があります。

しかし、どうしてもやってみたかったので、責任者である私は反対意見はありましたが実行してみました。
すると、お叱りどころかちゃんと反響が来たのです!

しかも、こんな意外なことがありました。

茶封筒でDMを送った会社から「話が聞きたいから来てくれ」という問い合わせがあり営業に行ったときのこと。

先方の社長が、DMと一緒に茶封筒をもって商談に現れました!
その社長の表情は険しく笑顔が全くありません。

「ヤバいな。怒られるパターンかな…」
そんな風に内心ドキドキの私に社長は言いました。

「この茶封筒。あなたが送ったの?」

更に社長はこう続けたのです!

「面白いアイディアだ。いや、本当になかなかやるよね」

あとあとわかったのですが、その社長は見た目とは全然違ってとてもユニークな発想をお持ちだったのです。

即決でご契約頂いただけでなく、その後も沢山のご紹介を頂きました。

まとめ

常識を疑ってみる価値があると思いましたか?

少し長くなってしまったので、今回はここまでにします。

次回以降は具体的に「開封率を下げるには何に気をつけるべきか」をお送りしますね!
他の営業戦略の記事もどうぞ

営業戦略のあり・なしで実績には雲泥の差が出てしまいます。

非効率で無駄な営業活動をしないためにも、他の営業戦略の記事を参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事