拝金主義

稼いでいる営業マンのことを「あの人はお金大好きなんだろうね・・・」のように拝金主義者呼ばわりする人がいますが、そういう人ほど「金が全て」という価値観の持ち主なんですよね。

私も経験あるんですよね。
金の亡者って言われましたよ・・・

ということで、うるせー馬鹿野郎という気持ちを込めて記事をかかせてもらいますね(笑

スポンサーリンク

トップ営業マンは純粋に仕事が好き

フルコミなどの稼げる可能性がある外交員などの仕事を選ぶ人は、例外なく「稼ぎたい」という目的があるでしょう。

別に「稼ぎたい」という気持ちを否定するつもりはありませんし、「お金大好きなんですよ!」という露骨な人も嫌いではありません(笑

ただ、保険会社でもどこでもそうですが、年収2000万円とか3000万円超の所謂トップ営業マン達が頑張り続けられるのは、お金だけが理由ではありません。

仕事を通してお客さまや社会に貢献していることに喜びや誇りを感じていたり、仕事を通していろいろな方にお会いでいる営業が純粋に好きだったりするんですよ。

前にも書いたことがありますが、月収100万円くらいになると「お金以外のモチベーション」がなければ営業の仕事は続けられません。(トップレベルに稼ぐということは何かを犠牲にしなければならないくらい多忙になりますからね)

ですから、トップ営業マンは金だけじゃないんですよ。

拝金主義者と言う人こそ拝金主義者

私自身も経験があるのですが、飛び抜けた実績を出して稼ぐような営業マンに対して、稼げない営業マンや稼ぎが中途半端な人間が「あいつは拝金主義者だ」のように言い出すんですよね。

ただ、個人的には「他人に対して拝金主義者だという人こそ拝金主義者だろ」って思います。

そんなこと考える暇があったら、自分の収入をあげるために自分の仕事に集中すればいいだけですから。

ごちゃごちゃ言ってる人に限って、働きぶりが良くなかったりするんですよ。

「こっちはお前が寝ている間、休日に遊んでいる間も必死こいて働いてんだボケ!」って何度言ってやりたいと思ったことか(笑

金のことばっかり考えてるから、他人の懐具合まで気になるんでしょう。

あ~、本当にくだらない。

実は悩んでいるトップ営業マンから相談を受けたんです

実は、この記事を書こうと思ったのは、私が以前から個人的にコンサルしている営業マンがいるのですが、グングン売れるようになってトップ営業マンになったんですよ。

いろいろ聞きたいこともあって食事に行ったんですけど、すっごく元気がなかったんです。

その原因が社内の人間からの嫉妬だったんです。

「売れるようになったら苦しみや悩みから開放されると思って頑張ってきたのですが、実際に売れるようになると、違うことで悩むようになるなんて・・・」と落ち込んでいました。

「気にすることないよ」とは言ったのですが、全く気にしないなんてなかなか難しいですもんね。

せっかくトップ営業マンまで上り詰めたのに気の毒だなって本気で思いました。

だから、最後に売れる営業マンに嫉妬ばかりしている営業マンにもう一度言ってやります!

「あいつは拝金主義者だと言っているお前こそ金が全ての馬鹿野郎なんだよ」

そんな暇あったら仕事しろ!!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事