テレマーケティングで営業しちゃってるアポインターや営業マンが多すぎ!
それじゃあ、アポは取れませんよ。

ということで、テレマーケティングは営業電話とは何が違うのかという原点回帰してお話します。

スポンサーリンク

テレマーケティングと営業電話の違い

テレマでは営業しないのがコツ

いきなりですが質問があります!
テレマーケティングと営業電話の違いはなんですか?

この質問に対して正解を答えられた方は今日の記事は読む必要はありません。

さて、テレマーケティングと営業電話の違いですが、前者は「アポを取ることを目的にしているもの」なのに対し、後者は「電話でモノやサービスを売ること目的にしている」という大きな違いがあります。

同じような言葉として認識されがちですが、実は上記のように大きく違う意味があるんですね!

もし、間違えて認識していたのであれば、今日から認識を変えましょう。

アポが取れないのはテレマで営業電話をしているから

私は新規開拓をテレマーケティングで行っている営業会社に複数所属していた経験があります。

そうすると一所懸命なのはいいのですが、テレマの段階で商品やサービスについて熱く語っているアポインターや営業マンが本当に沢山いるんですよ。

これじゃあアポは取れません。

だって、オレオレ詐欺とかでいきなりかかってくる電話に対する猜疑心や警戒心が膨れ上がっているのに、めちゃくちゃ熱く語っちゃったらね・・・

散々テレマ経験があり私だって、「うおお!」ってたじろぎますよ(爆笑

見ず知らずの相手から、見たこともない商品やサービスを勧められて「はい、買います!」ってなりますか?

だめだめ。
テレマーケティングの段階で営業しちゃダメですよ。

テレマは会う約束を取り付けるだけでOK

では、テレマーケティングの目的は何かといえば、「会う約束を取り付ける」になります。

営業電話をして「じゃあ、営業マンが来たら買います!」っていう状態にもっていくのと、テレマで「良さそうな話だから聞いてみようかな・・・」と思わせるのでは、難易度が全然違うのは分かりますよね。

ただ、100%買う可能性がないと分かっている場合はアポにしてはいけません。

「興味が無いのに営業マンと会う人いる?」と思う方もいるかもしれませんが、「話だけでも聞いてください!」というと「可愛そうだしアポになってあげるか」という優しい方が世の中には存在するんですよ・・・

ですから、1%以上買う可能性のある相手から会う約束を取り付けることだけを考えましょう!

あとは、現場の営業マンの仕事です。

他にもあるテレマで営業してはいけない理由

最後にもうひとつだけテレマーケティングで営業しては行けない理由についてお話しておきます。

それは、商談すれば決まるものも、テレマで営業したら決まらなくなるからです。

だって、電話って声しか聞こえないじゃないですか。

ラジオショッピングとテレビショッピングを比べたら分かると思いますが、情報量が圧倒的に違いますよね!

ですから、営業マンが直接説明したほうが売れるようになる確率が跳ね上がります。

また、説明しすぎると「で、いくらなの?」のような価格の話になってしまい、価値が伝わりきっていない状態で勝負しなければならなくなるんですね。

自分から圧倒的に不利な戦いに挑む必要はありませんよね(笑

他のテレアポのコツに関する記事もどうぞ
当ブログには、この記事以外にもテレアポのコツについて書かれた記事が沢山あります。実際にテレアポした経験に基づいて書かれた記事ですので、どのテレアポのコツも今すぐ使えるものばかり!
この際ですので、テレアポのコツをガンガン学んでみてください。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ




良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事